堂林一軍合流!

・・・って、堂林が一軍登録されるたびに毎回毎回

「今度こそ!」

って期待をするんですが、結局少ないチャンス(打席)で結果を出せずに、1ヶ月くらいしたらまた降格するんですよね・・・

昨日「堂林の開幕一軍は絶望」って書いたら、その夜に「新井が故障で堂林が昇格」ですって。
これは新井の心配をしている場合じゃないですよ。堂林には絶好のチャンスですよ。

去年は誠也が1ヶ月離脱。
バティスタをライトに回し、堂林は二軍に落ちました。CSにも出番なし。
昨年のCS敗退後に堂林の考察をやりましたが、誠也がいない、エルドレッドがいない、代打の小窪も不調、という中でさえ堂林はCSメンバーに呼ばれなかったんですよね。
この時は代打要員として骨折して走れない状態の安部友裕が昇格しました。

堂林ももう9年目です。
同期は筒香嘉智、菊池雄星。彼らはNPBの四番とエースになっています。
高校時代、一番輝いていたのが堂林翔太です。←個人的感想
その堂林が2位でカープに来た!
なんというミラクル!
今でいえば高橋昂也や中村奨成が2位に残っていたようなものです。超ラッキー!
1位は今村、2位は堂林。甲子園の春夏優勝投手の両獲り。うひひひひ、とほくそ笑んだもんですよ。

今、堂林を応援している人って、春夏の甲子園で魅せた河合・堂林コンビの猛打を見、
決勝戦で追い詰められた堂林と森本の青白い顔を見、
そして2012年、20歳の堂林がエラーバンバン三振バンバンながらも、14回見せてくれた美しい放物線を見てきた人たちだと思うんですよ。

私は1番最初の「打率5割の堂林」をずっと夢見てきました。
しかし昨年のCSに呼ばれなかった時点で、もう首位打者争いをしたり、シーズン200本安打を放つ堂林を見ることはできないのかなと思い始めました。
ならば堂林に「完璧」や「レギュラー」や「スター」を求めるのは止めて、「守備固め」か「三振かホームランかの一発屋」を目指してほしいと思い始めています。
4~5年前には「2016年ごろには誠也が3番、堂林が4番でカープ優勝」というのが私の夢でした。

護摩行に参加したり、サードを捨てたり、新井のフォームをまねたり、バスター打法に挑戦したり、石井琢朗に弟子入りしたり、いろいろなことに取り組みました。
チームメイトからも「一番練習している選手のは堂林さん」なんて声も聞かれます。

ご本人もいろいろ考えてやっていると思います。
私のような一ファンが「三振か一発を狙え!」と言うのは簡単ですが、それだけでは堂林が一軍で生き残ることはできないのでしょう。

新井も金本も28歳29歳でブレイクしたのでまだわかりませんけど、とにかく頑張れ堂林。←投げやり

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5