菊池の守備と横浜高校OBたち

広島4点差をひっくり返し、延長12回サヨナラ勝利!
ヤクルト3タテ、チームは5連勝!!

・・・なんですけども、私はそんなに

「劇的勝利だ!わーい、わーい!」

という気分にはなれないです。

12回で与四球9個。
岡田も4回4失点。
球威はあったんです。あり過ぎたくらい。

大瀬良もそうなんですが、岡田もまっすぐまっすぐで2ストライクを取ってからが長い。
わざわざ一球ボール球を投げてから、岡田はスライダー、大瀬良はカットボールをよく投げる。
これがコースに決まれば空振りが取れるんですが、よく甘く入って打たれます。

解説の野村謙二郎も言ってましたが、まっすぐでドンドン行けばいいんですよ。
1回表1死1塁、3番バレンティンをインハイの148㎞で空振り三振。もの凄くいいボール。

なのに4番青木宣親。
ストレートスライダーで2ストライク。2球で追い込みました。
ここからがもったいない。
1-2となりフォークを投げます。これがボールで2-2。

誰もが「次はストレートだな・・・」と予測する展開。
そこでインコースを狙ったストレートがシュート回転して真ん中低め。
青木は振り遅れますが、それでも緩いゴロが三遊間を抜けてヒット。勿体なかった。
どこが勿体ないかというと4球目のフォークなんですよね。これが要らないです、岡田には。
勝負どころならまだわかる。でも1回表2死1塁で長打のない青木。
追い込んでからの変化球(見せ球)は要りませんって、岡田には。
これで青木は次の球を当然ストレートのタイミングで合わせに来ますよ。
んで仮にフォークかスライダーを投げててもバットの先で拾われてライト前に運ばれます。
2ストライクからボールの変化球を見せたら、次のストレートの効き目が弱くなると思うんですが、いかがでしょうかね?

結局、続く5番高井雄平にも抜けた130kmのスライダーを痛打され二者生還。
ああ勿体ない・・・10勝10敗の投手のパターンです。
もっとグイグイ行きなよストレートで。
長打のない打者になんで変化球投げるの?

前日の中村祐太のピッチング見てないのかなぁ・・・
祐太は140kmそこそこですが、インコースアウトコースにズバズバとストレートを投げ込みます。
だから祐太が好きなんですよ。
岡田も大瀬良もできるんですよ。
ランナーなしとかランナー一塁の時はちまちまコース狙わなくていいと思います。

アドゥワもそうですよね。
ど真ん中狙って、あとは勝手に散ってくれみたいな感じでとにかく腕を振ります。
だからここまではいい結果が残っています。
打たれてもいいんですよ。タナとキクが守ってあげますから。
岡田の病気は「考えすぎ」から始まると思うのです。
アンラッキーもありましたが、中6日で4回降板は反省しないといけないです。

中継ぎ陣について
4-0からのチームを救ったのは中継ぎ陣の無失点リレー・・・
と言いたいところなんですが、中崎以外はみんな先頭打者フォアボールからのスタート。
なんかいつも見る光景なんですけど、昨日はついにアドゥワにまで伝染して、まあ試合が長い長い。

ヤクルトのヒットは岡田が降板した5回以降、内野安打2本だけです。
それなのに毎回のようにピンチを迎えたカープ投手陣。いったい誰と試合してるのやら・・・
勝ったんだけどモヤモヤする試合でした。

堂林翔太。
11回裏4-4、2死満塁。
「堂林の野球人生が変わる打席だ!」と思って見ていましたが、ボテボテのピーゴロ。
この人、やっぱこのままで終わるのかも・・・持ってないのかな? 堂林・・・

菊池涼介
調子が上がってきましたね。久しぶりに菊池の「守備」で勝てた試合です。
同点タイムリーも良かったし、堂林の直前のレフトライナーも菊池らしい打球でした。上向きですね。
そして圧巻がやはり9回表のアドゥワを救った超ファインプレー。
この人の守備と肩はやはりカープの武器ですね。

今年は菊池の守備範囲でなく「強肩」に感動することが多いです。
いつだったか、糸井のサードゴロで5-4-3のゲッツーを取った場面があるんですが、その時のセカンドからの送球が素晴らしかった。
俊足糸井も36歳ですけど、彼、5-4-3のゲッツーを食らったことあるかなあ・・・
もしかしてプロ初じゃないのかなあ・・・
左打者を5-4-3に取るってなかなかないですよ。まして俊足打者で。それを安部→菊池で仕留めた時は感動しました。

下水流昂
昨日松坂が7回120球2失点の粘りの投球で報道ステーションが「熱く盛り上がりました」
んで涌井も7回3失点。二人とも敗戦投手でしたが先発の役割を果たしましたよ。
そんな二人の後輩が下水流昂。横浜高校の四番打者です。中日の福田とも幼馴染。
12回裏2死2塁。次が野間なんで敬遠されるかと思ったんですが、初球のスライダーをセンター返しでサヨナラヒット。
石井琢朗がいるヤクルトが野間勝負でなく下水流勝負をしてくれたことは、野間の打撃が琢朗に評価されているってことかな。なら嬉しいですけど笑
下水流は嬉しさのあまり、ヒーローインタビューではまたヘンなこと言ってスベってました。笑
おっと福岡でも横浜高校OBの藤平が今季初勝利。ちっ、昂也君の先を越されたぜ。でもおめでとう。

まあ勝ったからいっか!
今日は苦手の「金曜日の移動日ゲーム」
疲れているだろうけどナゴヤドームで中日戦。
そういえばビシエドがおかしな理由で帰国したそうですね。
助かります。笑

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5