菊池涼介、センターフライを捕る

広島7-5阪神
カープ4連勝!も、心配なのは丸。
同点の5回、センターフライをダイビングキャッチして負傷退場。

松井秀喜が骨折したり吉村禎章が靱帯を断裂した時に比べれば、なんてことはない感じのプレーでした。
しかし鉄人・丸が珍しく痛そうにベンチに退きました。
センターは野間に交代。打順もそのまま3番丸のとこ。

試合は進み6回裏カープの攻撃。5対5同点。
1死1塁で打席に菊池。ランナー広輔。
ピッチャー岩崎。カウント0-1。
いつもの菊池なら右に打つ場面ですが、次の打者は野間でした。

「たぶんキクは自分で決めに行くだろうな・・・」
と思っていたら、やっぱりインコース直球を引っ張りました。
打球は左中間を破るタイムリーツーベース。
広島6-5阪神! 1点勝ち越し!

続く野間が倒れるも、誠也がラッキーなタイムリーで7-5。
7~9回は猛、JJ、ザキで危なげなく(?)勝利。

・・・

なんですが、カープ2点リードの8回表にこんなプレーがありました。
投手ジャクソン、1死から代打鳥谷に2ベースを許し、1死2塁。
続く打者も代打の伊藤隼太。
4球目の高めストレートを打ち、詰まりながらもフラフラとセンター前に落ちそうな当たり。

センター野間は前進。
セカンド菊池も猛然とバック。

結果はセカンド菊池がいつものように真後ろにスライディングしてのナイスキャッチ!
2塁ランナーの鳥谷までが
「どうせこの打球も捕るんでしょ・・・」
みたいなやる気ないハーフウェー。

私はここにキクマルコンビの絆を見ました。

センター丸ならキクもあそこまで追わなかったんじゃないか。
3番打者が丸なら6回のキクも長打を狙わなかったんじゃないか。
そんな風に感じました。
野間が頼りないってんじゃなくて、

「2番3番のキクマル」

「セカンドセンターのキクマル」
はもう長い間のコンビですからすっかり通じ合っているんです。
6回裏のセンターフライも、そこだけを切り取れば野間がスライディングしても捕れてた打球です。
でもキクがあの場面で「俺が捕る!」って野間に声をかけた理由はもちろん1点を防ぐため。
あの時間帯はホームからセンター方向に陽が差すまぶしい時間。
一軍センターの経験が少ない野間だったらミスする可能性もゼロじゃない。

だが丸は違う。
センターが丸ならキクは任していたと思います。
センターフライを強引に「オレ、オレ」って叫んで捕りに行ったキク。
野間が悪いわけじゃなく、チームを救うために強引に捕りにいったんだと思います。

明日は丸が通常通り3番センターで出てくれると思いますが、もし丸が大事を取るならば
1番センター野間
2番ショート広輔
3番セカンド菊池
4番ライト 誠也
の並びが面白いと思います。

「1塁ランナー田中、バッターは菊池」が相手バッテリーの一番イヤがるシチュエーションです。この並びは変えたくありません。
丸がいなければ1番2番がタナキク、3番バティスタ4番誠也が最もオーソドックスな打順です。
しかし私はバティスタに右打ちとかケース打撃とかをまださせたくありません。
バティには5番以降でどんどん自分のフルスイングをしてもらいたい。

もし明日、丸がいなければ3番はキク。
チーム全体を見渡せるこの男が丸の代役で3番です。
いかがでしょうか?

ついでに誠也。
満塁ホームラン。
会心ではないですが一本出ました。
ヒーローインタビューもキクが譲ったのか、心配しているファンに元気な姿を見せるためなのか単独出演。
第一声は「衣笠さんのため」
誠也にしては頑張りましたw

まだまだ守備も打撃も全開じゃありませんが、今のカープは誠也のチーム。
たとえば君がいるだけで心が強くなれます。
明日も勝つ!!

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5