梵英心と村田修一がお安くなっております

ペナントレース開幕して1ヶ月半が経過しました。
いろいろ各チームの戦力事情が整いだして、計算が狂った箇所も見えてきました。
西武はヒースを獲得。さっそく昨日から一軍ベンチ入り。どこで出てくるのか楽しみですね。

そして我らが梵英心と、ついでに気になる村田修一の就職事情も考察してみましょうか。
ここまで三塁手がいまいち固定できていないのがカープと阪神、オリックスあたり。

<1>広島東洋カープ
カープは安部友裕が絶不調。今日あたり庄司隼人の「プロ初スタメン」が見られそうです。
安部のスイングは悪くないと思います。ヒットも全部いい当たり。ただ、なぜかそれが続きません。
不調というより相手が研究してきたのかなーという気がします。昨季終盤のデッドボール&骨折の影響はないと思いたい。
それでも安部はここまでタナキクに次いでチーム3位の打席数を与えられています。他がいないから・・・
オープン戦も出場機会は少なかった安部友裕です。使っていれば打ち出すと思います。
西川龍馬も二軍で試合に出てれば調子を取り戻してくれるでしょう。
龍馬と美間が出てきたので昨オフに梵に引退勧告をしたのですが、この3人が揃って不調になるとは想定外でしたね。
とは言え球団のメンツもあるでしょうし「梵復活」の可能性は極めて低い・・・かな。
現在の支配下登録選手数 67人

<2>阪神タイガース
阪神は期待の大山が絶不調。上本兄も靱帯断裂。
糸原と植田海が二遊間で頑張っているがサードがいない。
1ヶ月で20盗塁している熊谷君(二軍)と、赤星より速い植田君は非常に楽しみですが、打撃はまだ未知数。
植田が一軍で打てなくなったとき、ショート糸原、サード大山、セカンド板山とかになるのかな。
控えには西岡剛と鳥谷か。ま、補強せずともなんとかはなりそう。
西岡(33歳)と鳥谷(36歳)を擁する阪神が、今さら37歳の村田や梵を獲得する意味も少なそうですね・・・
現在の支配下登録選手数 67人

<3>オリックスバファローズ
小谷野(37歳)、中島(35歳)が揃って不調。ある程度予想はされていましたが。
若手では西野、大城という若手が最近サードでスタメン出場しています。
すみません、パリーグの選手は全く知りません。
他の5球団に比べサードが安定しないと感じたので入れさせていただきました。
現在の支配下登録選手数 66人

実は阪神がロサリオの不振で新外国人を探し始めたというニュースがありました。
阪神、助っ人野手獲得検討 貧打解消へ2人体制も(2018.5/15デイリースポーツ)

ここで名前の挙がったのがクリス=ジョンソン三塁手(33歳)。
どこかのエースと同じ名前ですが、現在フリーエージェントの元メジャーリーガーです。
ただし値段は高いでしょう。阪神なら獲得できるのかな?
梵英心と村田修一ならお安くなっておりますが、どこかの球団の方いかがでしょうか?

しかしカープの三塁手がここまで困ったことになるとは・・・
堂林ならすぐ守れそうですけど・・・
ダメですか?

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-がけっぷち

© 2021 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5