タナキクマル解体の時

未完の大器・野間峻祥がついに覚醒しましたね。
いや覚醒とまではいかないかもですが、覚醒しつつあることは間違いない。

んで昨日の私の6番打者クラッチ―ヒッター説によりますと、6番打者が強いとそのチームは強いという法則が当てはまります。
1990年代の中日には仁村徹がいて、巨人には岡崎郁がいました。
この二人はカープにとってものすごくイヤな6番打者でした。←褒めてます

2018年のカープ。
ここまでタナキクマルを中心に独走態勢。
しかし野間峻祥が突然のブレイク。

言うまでもありませんが、野間は塁に出るタイプの人で、ランナーを返すのは苦手。
昨日の試合でも無死満塁では空振り三振。
しかし次の打席ではランナーなしの場面でレフト前2塁打。
次もランナーなしで打席に入り左投手のスライダーをライトへホームランです。

これが何を意味するか・・・
もうお分かりですね。

野間はランナーなしで輝く打者です。
つまり「塁に出る人」であります。
ランナーなしで野間が打席に立つと相手投手はこの12球団最速男をフォアボールで塁に出したくありません。
必然的にストライク勝負となります。
今の野間はストライクならいい当たりでとらえられますし、くさいコースはファールしたり転がして内野安打にできたりしています。
イチローに似てると言えば怒られそうですが、野村謙二郎の2年目に酷似していると思います。

ではこの野間が6番に入った時、相手投手はどう考えるでしょうか?
1塁が詰まっていると、野間にフォアボールを出したって盗塁はありません。
もし1死2塁の得点圏でも野間を歩かせて7番8番で勝負でオッケーの場面です。
ここで野間の能力は活きないのです。
野間は積極的にストライクを「好球必打」していくタイプ。
若かりしノムケン、全盛期のイチロータイプなのです。そしてそのスタイルが野間に合っていると私も思います。

ちなみに田中広輔はちょっと違います。
広輔は昨年12球団で一番「相手投手に球数を投げさせた打者」です。
見逃して四球で出塁したり、最高出塁率のタイトルも獲った「理想の一番打者」です。
広輔は好球必打もできますが、そこをグッと我慢してチームメイトのために球数を投げさせることをやっているのです。

私は昨日のレフト前2塁打を見て、「1番野間」が今のカープにベストな打順だと思うようになりました。
いろいろな方がいろいろな野球理論をお持ちだと思うんですが、そんな常識を全部吹っ飛ばす野間の非常識な身体能力。
球場に来てくれた野球ファンに「野に放たれた猛獣」を見せつけましょう!! カープ球団!!

野間が6番で、前の塁に松山やバティスタがいてはつまんないです。
6番イチローが機能しますか?って話です。するかもしれませんが、走れないイチロー、ランナーを返すイチロー、100%の魅力は出ないと私は思います。

ですので今日から私は1番野間、2番田中を推すことにします。
ん?
あの人のことが気になりますか?

あの人は6番です。5番でもいい。
あの人は「塁に出る人」もできますし、「返す人」もできますよね。

今2番で「犠打のち進塁打、時々ホームラン」みたいな最高の繋ぎの打者をやってくれていますけど、この人から「2番打者の制約」を取っ払っちゃったら3割20発くらい打てそうな気がしませんか?

黄金時代の西武ライオンズにはキャプテンの石毛宏典という名選手がいました。
若かりし日は1番ショートの選手でした。
そして30歳になったころから彼は6番サードで大活躍をしました。

黄金時代のカープのキャプテン菊池涼介もこの路線でポイントゲッターに転身させてみてはいかがか?
制約のないポイントゲッター菊池涼介。
仁村徹や岡崎郁、石毛宏典のような超クラッチヒッターになるような予感がします。

ノマタナマルが1~3番。4番は不動。
5番6番がバティと菊池。
7場8番がアツと三塁手。
けっこうこの打線は繋がると思います。

野間の前にランナーを置くな。野間が走れない!
レフト前2塁打ですよ。
魅力あり過ぎです。
ファミスタで「ぴの」の前にランナーがいたらわざとアウトにしませんでしたか?

広輔はセリーグ最高出塁率で理想のトップバッターです。常識なら。
しかし広輔なら2番もできる。進塁打とか犠打とか要りません。ランナーが野間なんで放っておいても勝手に次の塁に行きます。
広輔はこれまで通り「2番目の1番打者」としてとにかく塁に出ること、相手に球数を投げさせることに専念してほしい。今と同じ仕事でいいんです。
カープには1番打者が二人いるんです。

そしてランナーがいる場面での菊池涼介。
もう何の説明も要りませんよね。
ランナーがいる時の菊池涼介・・・なんでもできます。ホームランのサイン出しても打ちそうです。

この1番打者を二人並べるプランの心残りは「タナキクコンビの解体」です。
「ランナー広輔バッターキク」は様式美あふれる美しさでした。
これがなくなるのだけが寂しいです。なんなら3番キクで5番マルでもOKということにしましょうか!笑

まあとにかく1番は野間。
左が3人並ぶ? んなちっちゃいこと気にしていてどうすんのよ?
皆さん忘れていませんか、非常に重要なこと???

野間の武器はバットじゃねえ!
足ですよ!!

野間がスタメンならそれは1番打者でしか活きませんって。
鎖につないじゃいけません! 野生の野間を野に放て!

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-構想

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5