ふたつ!!

2019年5月15日

2019.5.15(水)

広島9x-7ヤクルト マツダ

 

先発は大瀬良vsスアレス。

正直「楽勝」と思ってました。

それがスアレスは1回で降板。以後小刻みな継投に苦しむカープ打線。

大瀬良もレグナルトも小刻みに失点。

気が付けば7回を終わって2-7。5点ビハインド。

 

しかし8回を中村恭平、9回を山口翔が無失点で切り抜ける。

グッジョブ。イケメンロケットボーイズ。まだ行ける。

 

8回裏に誠也の1発で3-7。

9回裏は1番野間から。しかしいい当たりのライトライナー。ワンナウト。

「こりゃ負けたかも」

でもヤクルトのピッチャーは20歳の梅野。

「球数を投げさせたら面白くなるんだけど」

 

2番の菊池、3番バティスタが連続出塁。1死12塁。

バッター誠也。誠也も粘って8球目をセンター前タイムリー。4-7。

これで一発出れば同点。バッターは5番西川龍馬。ヒットで繋ぎ1死満塁。

ここまで梅野25球。

6番は途中出場の磯村。打てる捕手。

相手バッテリーの心理を読んだのか、ここは初球攻撃で繋ぐ。レフト前2点タイムリー。6-7。

なおも1死12塁。7番安部。

安部は10球粘る。コレが地味に勝因かも。サードライナーに倒れるが10球粘った安部。

 

2死12塁で8番広輔。

梅野全球フォーク。よれよれ。広輔は一度もバットを振らず四球。再び2死満塁。

続く9番は代打小窪。

今度はストレート勝負を見切って押し出し同点。

1番に帰って野間。梅野は1イニングで既に48球。

普通はここで決まるんですが、野間の甘さでレフトフライ。一人で1イニング2アウト。

 

10回表は中﨑が締める。

10回裏のヤクルトはもうピッチャーがいない。8番手中尾。

先頭の菊池はいい当たりのピッチャーゴロ。ワンナウト。

3番バティスタ。バティが出ないと誠也が敬遠されると思いました。

しかしバティスタ四球で繋ぐ。1死1塁。

これで中尾は誠也にストライクを投げなきゃならない。

誠也ドッカン。

サヨナラ2ラン。9-7。試合終了。

 

ふう・・・

1年に1回しか誠也を褒めない私ですが、さすがに今日は褒めちゃおう!

やったぜ誠也!愛してる!

 

1戦目に中継ぎ陣の奮闘と堅守で守り勝ったカープ。

「今年のカープは守りのカープだ!」と豪語した途端、タナキクエラー。レグナル失点。

勝つには勝ったけどガチャガチャと賑やかな試合でした。

 

しかし誠也は静かだった。

まるで鈴木静也

私が誠也を滅多に褒めないのはセリーグに誠也の敵はいないから。

打って当然と思っているから。

現に誠也はヒーローインタビューで多少リップサービスしたものの、

静かだな、落ち着いてるな

と思いました。私は。

 

ボロ勝ちだった1戦目の最終打席にデッドボールを喰らい、ちょっとお上品な言葉を投手に吐いた誠也。

そして今日の2戦目、初回の先制チャンスに凡退。

去年までの誠也なら怒り狂って5打数5安打7打点とか暴れ狂うところです。

しかし今年は静かに4安打5打点2本塁打。

落ち着いてます。鈴木静也。

 

大丈夫でしょう、今年のカープ。

今週はVロードの始まり。

チームは4連勝ですが、私は今週の5連勝に賭けています。

今日で2つ目。

あと3つはジョンソン、床田、アドゥワです。

守り勝つのだ、広島カープ。

明日は移動日。甲子園。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

Copyright© カープファンの構想と妄想 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.