二塁打数と本塁打数の関係[プロ野球]

5/12に書いた「誠也が丸打法で三冠王」という記事の中で、気になるコメントをいただきました。

誠也は今季2塁打が異様に少ない

えっ?

そうだっけ?

どれどれ・・・

 

※ここまでの鈴木誠也

37試合 124打数43安打 .347

二塁打5、三塁打0、本塁打13

 

本当ですね。

過去3年間の誠也のイメージは「二塁打数=本塁打数」なイメージ。

ホームラン打者と中距離打者の間くらい。

今日は二塁打数と本塁打数から見た打者タイプのお話です。

 

ホームラン打者の人たち

「ホームランはヒットの延長」も確かに真実なんですが、ホームラン打者はホームランを狙って打つのが一般的。

OBなら王貞治、田淵幸一。

現役ならばおかわり中村、山川穂高、バレンティン。

「2ストライク後も一発を狙いますよ」って人たち。

この人達は「二塁打数<本塁打数」です。

王さんは20年連続「二塁打数<本塁打数」

通算の本塁打は868本ですが通算二塁打数は422本です。約半分。

ちなみに田淵は474本-167本。驚異の3分の1。男らしいです、田淵さん。笑

意外だったのは秋山幸二。437本-377本。

デビュー間もない頃の秋山幸二は純粋なホームラン打者でした。

後に3番を任され、徐々にヒット狙いのバッティングも増えていきました。

おかわり中村は385本-266本。予想より二塁打数が多かったです。

 

中距離打者の人たち

中距離打者はアベレージヒッター。「二塁打数>本塁打数」な人たち。

OBならば立浪和義、谷佳知。それこそ「ミスターツーベース」とか言われてた人たち。

現役ならば坂本勇人、秋山翔吾あたり。

「ホームランはヒットの延長。空振りがイヤだから」ってタイプの人たち。

今、中日の高橋周平が絶好調でセリーグの二塁打王。令和のミスターツーベースになれるか。

通算最多二塁打数は立浪和義。487本。本塁打は171本。

立浪に抜かれるまで最多だった福本豊は449本。本塁打は208本。

そして世界の福本さんは三塁打がスゴイ。通算最多の115本。

三塁打こそ二塁打の延長です。これを合わせると福本さんは208本-564本です。田淵さんと正反対。

 

中間の人

んで、ズルいようですが最近「この中間の人」たちが増えてきてます。

アベレージヒッターなのに本塁打も打てるっていうズルい人。←ズルくない

OBだと山本浩二、長嶋茂雄、金本知憲、ガッツ小笠原。

現役ならば浅村栄斗、丸佳浩。率も残せて本塁打も打てる人。

昔のアレックス=ラミレス、タフィ=ローズ、ブーマー=ウェルズもここ。

二塁打数=本塁打数」な人たち。どちらもシーズン30本。

「2ストライクまでは一発狙いだけど、2ストライクからはヒット狙い」って打ち方は野球の基本です。

しかしズルい人たちは「2ストライク後もホームランを打てる」のです。

誠也は今季2ストライクで3本ホームランを打ってます。去年は30本中2本でした。

ギータは去年2ストライクで8発。36本中8本。

やっぱズルいぜ、柳田悠岐。

ちなみに私の中では落合博満はここじゃありません。

落合は非常に確率の高いホームラン打者です。打者タイプは王さんと田渕さんのところ。

 

■今年長打が目立っている選手

比較表。二塁打-三塁打-本塁打

鈴木誠也 5-0-13

坂本勇人 4-0-13

高橋周平 14-2-2

大田泰示 12-1-8

レアード 7-0-13

ブラッシュ 5-0-12

山川穂高 9-0-18

今宮健太 7-0-8

野間峻祥 5-4-1

 

野間はオマケでした。目指せシーズン20三塁打!

楽天のブラッシュが好きなんですよ。メヒアもあれぐらいやれないかなあ・・・

おしまい。

デザートは以下の記事。塁打数のお話です。

※参考記事:塁打数で見るプロ野球(gooニュース2019.5.7)

今日のイラストはボブ吉さんの「水谷豊」です。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-赤辞苑

Copyright© カープファンの構想と妄想 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.