ジェイ=ジャクソンの残留祈願!・・・あとちょっとサファテ

全国3000万人のジャクソンファンの皆様、こんにちは。
誰も言わないので、今日も私が代わりに言いますね。
ごほん。では失礼しまして・・・
「こらカープ! はよジャクソンと契約更新せんか!!」


 

2017年11月3日、成田空港・・・
「広島に戻ってきたい」と言い残し、ジェイ=ジャクソンは機上の人となりました。
カープ球団はジャクソンの残留について「しばらく検討する」とのこと。
・・・
いやいやいや、何を検討するっての!?
仮に大物セットアッパーや、100マイルのクローザーが見つかったって、カープにはジャクソンが必要ですよ。

 

思えば2016年の日本シリーズ。
日本ハムに4連敗したうちの3試合でジャクソンはハム打線に打ちこまれました。
・・・でもいいんです。
ジャクソンで負けたらしょうがない。
と、私は思っています。
2017年はペナントレースでもちょこちょこ打たれてました。
CSファイナルでも梶谷に2ランを打たれ、トドメを刺されました。
でもね、
いいんですよ。

 

ジャクソンは来季もカープに必要です。
成績だけを見ると、
2016年 67試合 防御率1.71
2017年 60試合 防御率2.03
印象度も語ると、
絶好調だった2016年
ちょっと苦労した2017年
という感じになりますかね。
実は2年間の比較で「被打率」にはあまり変化がありません。
大きく変わったのは奪三振数。
2016年 68回 89奪三振
2017年 62回 55奪三振
確かに今年は空振りが減り、相手に強くスイングされていた印象があります。
しかし、それにしてもカープのブルペン陣と比較して、成績が大きく劣る訳でもありません。
■カープブルペン・被打率ランキング
1位 中﨑 .173 57回
2位 JJ .198 62回
3位 一岡 .204 58回
4位 中田 .215 46回
5位 今村 .224 64回
もしかするとカープはもっと絶対的なセットアッパーが欲しいのかもしれませんが、それは贅沢でもあり「賭け」でもあると思うのです。
もしジャクソンに替わるセットアッパーが欲しいのなら、その投手を獲得することは悪いことではありません。
しかし、その場合でも「保険」としてジェイ=ジャクソンは絶対チームに必要でしょう!というのが私の考え。

 

ジャクソンの今季年俸は9250万円(推定)。
カープが再契約を保留している理由として考えられることは
【1】現在、新外国人投手と交渉中である説
年俸1億円クラスの大物セットアッパー候補と現在交渉中。
1億円の投手を獲得すればジャクソンに払うお金がない。
またジャクソンを二軍で飼殺すこともできない。勿体ない。

 

【2】ジャクソンがメジャー復帰する可能性?
これは本人が「カープで長い間プレーしたい」と発言し帰国したことから可能性薄。

 

【3】来季、外国人投手はジョンソン一人で戦う説
来季の外国人編成を「野手3人投手1人」で戦う説。
カープ一軍は野手のレギュラー候補がだぶついていて、ブルペン陣の数が足りない状況。
昨年今年と「野手1人投手3人」の時でも投手陣は苦しかったので、この説も可能性は薄。

 

【4】ジャクソンが故障している説
これは可能性あります。2012年のサファテと同じケース。
当時31歳のサファテは腰痛(ヘルニア)で1ヶ月チームを離脱。
ストレートの威力が戻らず、カープは泣く泣く解雇。当時のサファテの年俸も9000万円。
ジャクソンが打たれた理由が「疲労」でなく「故障」であるなら、カープが再契約に二の足を踏むことは理解できます。
以上4点。
実はもう1個、恐ろしい可能性も妄想してるんですが、それは後ほど展開します。

 

んで、ジャクソンです。
人格者なんです。
いい男なんですよ。

 

スマイルが有名ですが、練習態度もすこぶる評判が良い。
昨年12月の優勝旅行(inハワイ)にも参加。
KJやエルドレッドとならんで、ジャクソンももう「カープファミリー扱い」してほしいです。
「複数年契約」にふさわしい選手だと思うんですよ。

 

なのに球団は来季の契約について「検討します」とのこと。
これは切ないし、モヤモヤします。

 

ジャクソンがこのスキをついて「他球団と電撃契約!」は100%ありません。
だってジャクソンもカープ愛にあふれた男ですから。

 

「カープが解雇→他チームと契約」
この流れはあります。
そう、2012年のサファテのように・・・
■デニス=サファテ。
今季日本一に輝いたソフトバンクホークスの絶対的守護神。
今季54セーブ、ダントツぶっちぎり日本新記録も樹立。リーグMVPも間違いなしの男。
そして数字より「チーム愛にあふれた熱い男」として定評があるとこが私的に素敵。
日本シリーズで明日も試合があるのに、謎の3イニング連投。そして劇的サヨナラ日本一!!
大谷翔平もマンガチックですが、このサファテの無茶苦茶なイニング跨ぎもまさにマンガチックでドラマチック。

 

彼、昔カープにいたんですよ。
って別に懐かしがってるんじゃないですよ。
また帰ってきてほしいとも思いませんし、カープにはジャクソンがいます。

 

ただサファテを解雇せざるを得なかった時のことはよく覚えています。

 

■カープとサファテの関係
2010年シーズンオフ、カープはフィオ、ヒューバー、ジオ=アルバラードを解雇。
2011シーズンに向け、2年目の野村カープはブライアン=バリントン、チャッド=トレーシー、デニス=サファテの3人の新外国人を獲得しました。
1年目のサファテは158㎞の直球を武器にクローザーとして大活躍をします。
2年目の2012年はヘルニアをやり、一軍と二軍を行ったり来たり。
その間隙をついて登場してきたのがこの年に入団したキャム=ミコライオ。
ミコもまた157㎞の速球を武器に、セットアッパーから故障のサファテに替わるクローザーとして活躍しました。
で、その年のオフ、カープは究極の選択を迫られます。
2012年、故障もあり47試合で防御率2.90に終わった31歳のデニス=サファテの処遇について。
この時のサファテも故障の影響から、今年のジャクソン同様に前年から少し成績を落としていました。

 

この時もカープは迷いました。検討しました。
そして出した結論は「サファテ自由契約」
サファテ自身は「チームも街も大好きだ。残留したい」と発言しておりましたが、カープは涙の決断。

 

球団に誠意も感じられました。
「ミコライオ事件」など、この自由契約とは全く無関係だったと私は考えています。
純粋にカープは「サファテが来季もベストパフォーマンスを見せられるかどうかわからない」というコンディションの中で、偉大な功労者と再契約を結ぶかどうか悩みに悩み、プロチームとして下さざるを得ない「苦渋の決断」だったと理解しております。

 

そこには確執も対立もありません。
ただあるのは「外国人選手枠」というプロ球界の中でも最も生き残りの厳しいドライな競争のみ。
当時のカープのチーム編成の中でやむを得ない判断だったと思います。
当時の私も、感情的には非っ常に寂しかったですが、2012年のサファテの投げるボールを見ていて、来季の契約を断念せざるを得なかった球団の判断にも理解をしました。
今年、セーブ数の日本記録をぶっちぎりで更新した「今のサファテ」を見ても、あの時の球団の判断は「間違いではなかった」と確信しております。

 

しかしジャクソンに対する「検討」・・・
これには激しく反対します。
今すぐに再契約をしてほしい。

 

おそらく鈴木本部長もジャクソンには再契約する場合の日程や方針などはじゅうぶんジャクソンサイドに説明はしていると思いますよ。
上記【1】のケースだと、いついつまでにジャクソンサイドに連絡を入れるからと。
カープ球団は誠意ある球団ですからね。

 

ジャクソンは打たれた印象もありますし、実際今年は高めにボールが抜けるシーンも目立ちました。
故障の話はついぞ聞かれませんでしたが、その可能性はゼロじゃないかもしれない。

 

それでも私は必要だと思うんですよ。
根拠は今年、彼の投げてたボールを見てきたからです。
あの時のサファテよりジャクソンのコンディションはずっといい。故障もないと見ます。

 

ですから私の中では【4】の線も消えました。
【1】の「新外国人との兼ね合い」の線だとしても、保険としてジャクソンを置いておくことは悪くないプランだと思います。高額年俸は払えないとしても。
そして最後に最悪のケースを想像します。
それは「もうジャクソンはNPBで通用しない」とカープが考えているケース。

 

これは正直、私にはわかりません。
ストレートは今季もmax155㎞。平均球速はちょっと落ちてるかもしれませんが、あの時のサファテのように「ガタ落ち」はしていません。
コントロールも良くなかったですが、昨年の67試合登板で疲れもあったんですよ。
来年、元気な姿に戻る可能性は高いと思います。
「NPBで通用しない」とは思えないですし、思いたくもない。

 

■2017年のジャクソンの被打率
ストレートの被打率 .222
スライダーの被打率 .173
対右打者 .176
対左打者 .229
そんな酷い数字ではありませんね。
2016年ほどではないかもしれませんが十分及第点だと思います。

 

ヘーゲンズも今季退団が確実と言われています。←正式発表はまだ
彼のカットボール一辺倒の投球は他球団に見破られた可能性があります。他に伸びしろがないのなら解雇も致し方ないのかもしれません。
しかしジャクソンはそうではないと思います。

 

ジャクソンよりいい投手はいくらシュール便でもそう簡単に見つからないでしょう。
年俸がバカ高いわけでもないので「保険」でもいいじゃないですか。カープに必要な選手だと思います。
むしろジャクソンなら給料が少し下がってでもカープに残留してくれると思います。

 

なんで「検討」する必要があるんでしょうか。
すぐに電話して再契約しましょう。
来季のモチベーションに響きますよ。
おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-構想

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5