大瀬良大地がどんなに「いい子」かを記録する

タイトル通りの記事です。
大瀬良がいかに「いい男」で優しいかをエピソードを交えて証明&記録します。

■大瀬良の記憶力その1
2018年5月5日のヒーローインタビュー

アナ
大瀬良さん、最後まで投げ切っての完投勝利。
ご自身の完投勝利はいつ以来か覚えてらっしゃいますか!?

大瀬良
いいえ、覚えてないです。苦笑

アナ
やはりゴールデンウイークでした。
2015年5月4日対巨人戦マツダスタジアム。
それ以来3年ぶりの完投です。

大瀬良
また次も頑張りたいなと思います。

アナ
ただ大瀬良さん、対ヤクルト、デビューから負けを知らないってご存知でしたか?

大瀬良
知らないです。苦笑

アナ
8連勝です。

・・・
いつ以来の完投だとかヤクルトには無敗だとか、普通の選手は憶えてると思うんですが・・・苦笑
そう大瀬良大地は「細かいことを気にしない男」なのである。
個人記録など無関心。目の前の一戦に勝利を目指すだけなんです。

■記憶力その2
2018年5月12日のヒーローインタビュー
先制タイムリーと7回1失点の好投。

アナ
今日のヒーローは投打のヒーロー、大瀬良大地選手です!
まずは打撃からお伺いしましょう!
2回裏ワンナウト満塁でフルカウント。どんなお気持ちでした!?

大瀬良
次がコースケさんなんで三振でもいいという気持ちで「イチニノサン!」で振りました。

アナ
その打球がフェンス直撃でした。
いつ以来のタイムリーヒットか覚えていますか?

大瀬良
・・・覚えてません!(ドヤ顔)

アナ
ルーキーイヤーの2014年4月以来・・・4年ぶりです!

大瀬良
(含み笑い)そうですか・・・
もっと打てたらいいですけどね。

・・・
うーむ、それすら覚えていないのか・・・
大ちゃんてもしかして・・・アホなの?
私には「打撃には興味ねーんだよ!」とも聞こえました。
しかし肝心のピッチングについて聞かれた時はしっかりと力強くコメントしましたよ。

アナ
リーグトップの5勝目です。

大瀬良
また次以降もチームを勝ちに導いていけるように頑張ります。

・・・
ちょっと奥さん、聞きました!?
あの大地くんがカープを導いてくれるんですって!!!
これは感慨深いものがあるわねぇ・・・
あの時の、あのドラフトの、あの大地くんがいよいよチームを導いてくれんるんですってよ!
ちょっと時間かかったけど・・・って、んなことありませんわ。
カープ女子はいつでも大地さん(と堂林さん)に導かれたいのよ!

■大瀬良の包容力その1
大瀬良を語るうえで欠かせないのが「天谷落球事件」。
私はこれで大瀬良を好きになりました。←恋愛感情
2015年4月7日マツダスタジアム対巨人戦
1対0でカープがリード。9回表大瀬良大地は135球。
先頭打者の平凡なレフトフライを天谷が目測を誤り落球。記録は二塁打。
送りバントで1死3塁となり、大瀬良は井端にタイムリーを浴び1対1同点。大瀬良降板。
実はカープはこの日まで6連敗中でした。
クローザーのヒースや昨年大活躍のセットアッパー一岡が終盤に逆転されることが多かった。
この日は大瀬良をリリーフした中崎翔太が後続を断つも、ファンとベンチにはいやな雰囲気が漂い始めていた。
9回表の巨人の攻撃が終わり野手陣がベンチに戻ってくる。
その時ベンチ前を飛び出し、真っ先に
「さあサヨナラだ!頑張ろう!」
って野手たちを大きなゼスチャーで優しく温かく出迎えたのが大瀬良大地なのでした。
マツダなんで1塁手や2塁手、ベンチに近い順番に野手が帰ってきます。
最後に帰ってきたのがレフトの天谷。
大瀬良、満面の笑みで天谷をアツく抱きしめます。
これは惚れます! カッコよすぎで好感度上がりまくり。
男でも大瀬良に惚れました。

ドラフト会議で田村恵スカウトがクジを引き当てた時の笑顔、
ドラフト特番でのご家族の絆が放送された時、
「こいつはどこまでええやっちゃねん!」
と相当感動しましたが、プロ入り2年目のこの試合で見せた「天谷を迎える大瀬良大地」が私は一番好きです。
読唇術ができなくても、この時の大瀬良が天谷に「天谷さんドンマイ!」って言い寄っているのはハッキリわかります。
そして9回裏の攻撃をベンチの最前列で天谷と隣同士で一緒に声を出して応援しているんですよね。
プロ初完封を逃し、勝利投手の権利まで失いましたが、まだ試合は終わっていないんです!
大瀬良は個人記録よりチームの1勝のため、マウンドを降りても戦い続けるんです!
結局この試合は延長戦で競り負けカープは7連敗します。しかし次のエースは間違いなく大瀬良だと確信しましたね。嬉しかったです。
ただ話はそう簡単に行かず、ストレートとカットボールしかない大瀬良は2年目のジンクスに苦しみ勝ち星が伸びません。
カープのリリーフ陣も低調だったことから、ヒース抹消のシアーホルツ獲得。
大瀬良大地はリリーフ転向。
大瀬良は畝コーチにイニング跨ぎを強いられ、2015年と2016年は故障に泣きます。
2017年は先発ローテに戻りなんとかギリギリ滑り込みで10勝を挙げ、今年2018シーズンこそが勝負の年なのです。
ここまで7試合に先発して防御率2.12、5勝2敗。
大瀬良大地のサクセスロードはまだ始まったばかりなのであります。

■包容力その2
グラブを投げない大瀬良。
昨年2連覇を決めた試合が2017年9月18日の阪神戦。甲子園球場。
んで台風とかいろいろあって、優勝を決めた次の試合も阪神戦。今度はマツダスタジアム。
先発大瀬良。カープは1回裏に5点を先制。
ここまで大瀬良9勝2敗。3年ぶりの10勝目をかけ先発。
しかし5回1/3、被安打8、自責点4。ノックアウトと言っていい内容。
降板後、大瀬良はベンチでグラブを叩き付け・・・ないのです。
何度も悔しそうにグラブを振り上げるんですが、やっぱり投げない。

実は2017年4月には当時セットアッパーだった薮田和樹がDeNA戦で2試合連続ホームランを浴びているんです。んで薮田は横浜スタジアムのベンチ内でグラブを叩き付け大暴れ。

菊池
ちょっとお前、裏こいや

薮田
なんでですか!?

菊池
ここはチームが戦う場所や。

薮田はキクにシメられ(!)飛躍しました。15勝&タイトル獲得。
一昨日の岡田も完封目前9回2死無走者から1対1の同点に追いつかれベンチでは帽子を投げつけました。
私は「あの温厚なオカちゃんが・・・」とたいへんビックリしたのと同時に、
「そういや大瀬良は投げなかったなあ・・・」と思いだしました。

あまり褒められたことじゃないかもしれませんが、たまにはいいと思いますよ、感情を表に出すのも。
みんな20代の青年たち。キレたり怒ったりがあって当然だと思います。
(キレるベテランはちょっと面倒臭いですが)
昨年、大瀬良はは京セラドームで藤浪晋太郎にデッドボールを喰らって「大丈夫(ニコッ)」ってやったことがありました。
マスコミは美談のように大瀬良を称えましたが、後に本人は
「戦っているチームメイトの前でする態度ではなかった」
と反省。黒田からも怒られました。

しかし今更、大瀬良の「いい人オーラ」を隠すのは無理です。
もういいんじゃないですかね。生きるか死ぬかのプロの世界で「怒らない大瀬良」で。
どんな育て方をすればあんないい子になるんでしょうか?苦笑

■まだまだあります
大瀬良のいい人エピソード、まだまだあります。
2015年若きクローザー中﨑が1死満塁のピンチを招き降板。ここで大瀬良がリリーフ。

中﨑
すみません

大瀬良
大丈夫、任せろ!

大瀬良は見事満塁のピンチを切り抜けプロ初セーブ(2015年8月26日)
しかしシーズン最終戦ではリリーフに失敗し号泣。マエケンに激励される。
14-1

他にも大瀬良は交代させられた時、すぐにマウンドを降りません。
必ずマウンドで次のピッチャーに声をかけるのです。

ファンにも親切で津田の墓参りも欠かさない。

昨日で3週連続のお立ち台。
来週も再来週もカープはマツダスタジアムで戦います。
どこまで連勝&お立ち台を伸ばせるかも注目です。

大瀬良大地の好きな言葉は「木鶏」です。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-赤辞苑

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5