オカルトですよ。カープの野球は。

広島8-6巨人
首位攻防戦はカープ3連勝!
ゲーム差は8.0に拡大。2位巨人の自力優勝消滅。ついでに2位以下の貯金も全滅。

昨日のできごと・・・
美間優槻はソフトバンクへ。
野間峻祥は2軍へ。
アドゥワ誠はプロ初打席。空振り三振。
永川勝浩2年ぶり勝利投手。けっこう勝ってるな。
フランスア、プロ初の3連投。
中崎、今季4度目の3連投。←気を付けて!
丸、今季6度目丸チHR。←なんかおかしい

今季のカープはマツダスタジアムで27勝8敗、勝率.771
今季のカープは対2位チームとの対戦が13勝1敗、勝率.929
今季の対巨人12勝4敗。去年18勝7敗。
マツダスタジアムでは去年から巨人に12連勝。

いろいろおかしいですね。今年のカープ。
オカルトでしょ。
神ってると言うより、悪魔ってます。

この3連戦。6人の投手が先発。
みんな炎上。誰一人QSを達成できず。
広島10-9巨人
広島7-5巨人
広島8-6巨人

第1戦は7-0から巨人が逆転。
第2戦は菅野が6失点。
第3戦は6-0から広島が逆転。
オカルトでしょう・・・

カープが3連勝して嬉しいですよ。
もしかして3連敗していたかもしれないし。
2ゲームに迫られるところを8ゲームに広げたんですからね・・・
怖いっすよ・・・

3連勝も全て競り合いです。
ただ一つ気になったのは「坂本勇人の不在」ですかね。
巨人の内野陣はマギー、岡本、吉川、中井、田中俊太、ついでに捕手が大城、宇佐見。
ピンチで誰もマウンドに行けませんでしたね。投手はベテランの山口俊、菅野でしたし。
昨日の今村も3回までは完全投球。
バティのソロ、田中の2ラン、菊池の四球&盗塁。
ここでマウンドに行くべきでした。内野の誰かが。

最近のプロ野球、内野手がマウンドに集まるシーンが非常に少ないです。
時短を目指すプロ野球。
まあ、それもいいし、ピッチャーも集まられると「うぜー」って思う人もいるかもしんない。

私は野手なんでピッチャーの気持ちはよくわかりません。
しかし野手の立場からすると、ピッチャーが苦しんでいたら
「なんとかしてあげたい」
とは思います。なんとかできないですけども・・・

カープのこの3連戦。
厳しく突っ込めば褒められた内容ではありませんよ。
野手はエラーを連発、ピッチャーも暑さに苦しみました。

しかしですね、内野手はマウンドに集まったり、ベンチの控え選手が試合に出ている味方(あるいはライバル選手)を必死こいて応援していましたね。

・・・

この差じゃないかなぁ
この接戦を3連勝できた理由は。

巨人も一生懸命でしたよ。
広島もミスをいっぱいしましたよ。
フランスアの3連投にイラッときてますよ。

しかしカープは広輔が大瀬良に声をかけたり、
菊池がフラを助けるためセカンドに送球したり、←結果今季初失策
丸が野間の頭をビシビシ叩いたりしてチームを鼓舞しました。

セイバーとか科学とかの時代にそれこそオカルトっぽい話ですが、私は
「勝ちたいと思う方が勝つ」
とか
「チームの結束が不可能を可能にする」
とか
「ファンの後押しがチームを勝たせる」
とかの迷信を
本気で信じているんですよ。

んなこと関係ねえ。
金を使って大物を集めた方が強い・・・かもしれないですけど、私はなんか違うと思う。

メジャーリーグでも毎年大型補強を繰り返してるヤンキースはいつもあと一歩でワールドチャンピオンに届きません。
サッカーでもいまだに「ホームアドバンテージ」という言葉は生き続けており、たとえブラジル対日本であってもホームチームは優位な立場で試合を戦うことができます。
スポーツの世界には科学や数字や金額で説明できないようなオカルトっぽいことが絶対あると信じているんですよ。人間のやることですから。

ヤンキースの最後のワールドシリーズMVPは松井秀喜です。
満塁ホームランに3ランホームラン。2009年のこと。
松井がいまだにヤンキースの関係者であり続け、巨人に戻ってこないという事実。
高橋由伸が無気力に見える・・・のはカープファンの偏見です。
そもそも由伸はヤクルトに入りたかった・・・のに20年後の今、原と長嶋の尻ぬぐいをさせられている。

松井がニューヨークのファンに愛されているのはなんでか知ってますか?
私は知らないけど、たぶんこれだと思います。
55g
コレ!
ボストンのペドロ=マルティネスから同点2ベースを打ったあと、ポサダのポテンヒットで激走。
クールな松井の全力疾走。決勝ホームイン。2003年。
ホームラン打者の全力疾走。んでこの喜び大爆発の大ジャンプ。震えますね、心が。
ホームラン打者の全力疾走は、おそらく当時のヤンキースの中に一切なかった概念です。
20億円プレイヤーの集まりでホームラン王の集まり。日本からやって来た小さなホームラン打者・松井秀喜が全力疾走。
これが感動です。ファンがスポーツ選手を好きになる瞬間ですよ。

今の巨人。
今日の巨人。
もはや球界の盟主ではないでしょう。
巨人は一挑戦者。

泥臭く来いよ。
選手はけっこう泥臭いと思います。吉川尚輝、田中俊太。
由伸と村田と斎藤雅樹だよ。黄金巨人を知ってる人たち。お前らがもっと泥臭くいかないと・・・

マツダだからしゃーない
とか思っちゃいけないです。←思ってない
途中で諦めちゃいけない。←諦めてない

わかるぜ丸男、昔は俺もそうだった・・・
カープもつい最近まで何をやっても上手くいきませんでした。
昨日も負けて当たり前のゲーム。
6安打で8得点。6安打のうち5安打がホームラン。
褒められた野球じゃない。でも勝ってよかった・・・

んで、ここで美間優槻のトレードです。
びっくりした。
でもこれがカープの野球なのかな。
カープ球団と鈴木本部長の愛を感じます。
堂林翔太や福井優也のこともきっと面倒を見ているんだろうな。
首位攻防3連戦の最中に、選手一人一人の進退というか将来を見据えているカープ。
村田修一を切ってゲレーロを獲得。仕事した気になってる巨人球団・・・
松井秀喜は戻ってこないでしょう。このままでは。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5