[読心術]大瀬良大地はなぜ吠えたか?

ヤクルト3-8広島
対戦成績15勝5敗。優勝マジック2個減り15。
対2位チームとの対戦成績、最近あまり言われなくなりましたがこれで20勝1敗くらいじゃないですか?やっぱり異常でオカルトです。
今週はビジターで5連勝。今日も勝ちたいし、じゅうぶん勝てます。

■野間
ファインプレーとライト前ヒット。
NHKの夜のニュースでついに「ノマキクマル」と報道されました。
7年前、NHKが「カープ女子」という言葉を初めて使ってからカープはAクラス街道に入りました。
縁起がいいです。V9とは言わんが黄金期突入か。
おっと野間の話です。調子がいいとは思わない。
今週は5試合で7安打。しかし三振4つ、四球は2つ。
ライバルの田中広輔は5試合で8安打、三振4つ、四球2つ。うーん広輔もまだまだか。
野間の調子のバロメーターは三振と四球の数。
ストライクを全部安打狙いで打ちに行くタイプの打者なので、打率.250でも1試合1本ヒットは出るタイプなんです。野間は。イチローやノムケンに近いタイプ。
ですからヒットが出て喜んでいちゃいけない。いや、喜んでていいんですけど、来季のカープの1番打者を狙うならばヒット180本打つだけではその座を獲得できません。田中広輔の期待値が安打150、四球80とかなので、野間はヒット180本と四球50を稼がないと1番の座は奪取できない。
野間の三振数はシーズントータルでは少ないほうですが、それでも5試合で4つというのは反省です。
広輔の5試合4三振はまあいつも通りか。シーズン120個ペース。苦笑。

■大瀬良大地
7回2安打1失点(自責0)。15勝目。防御率1位もキープ。
調子は良くありませんでした。雨も降ってましたし、ちと寒かったかな?
だけどカラシティーはもっと気の毒でしたね。
なんかカラシティーが投げると雨が強くなる。
大瀬良が投げると小降りになる・・・そんなようなイメージの夜でした。
実際2度の中断はいずれもカープの攻撃中。鈴木誠也がゆっくり鼻毛をむしる時間もありました。笑

その大瀬良大地。
プロ入り2度目かな?
5回裏3アウトを取った時、珍しくシャウトしました。
5回で3点リードしているこの場面、大瀬良はいったい何に吠えたのか?
私の妄想読心術では、
「コラッ、俺!また逆球だぞ!」
です。
大瀬良は下に向かって吠えたので、口の動きが見えません。
そこで心を読んでみました。

5回表にカープが3点先制。
その裏、先頭打者の5番高井が龍馬のエラーで出塁。
この時の大瀬良大地の心の声は
「龍馬のエラーを消してあげたいけど、3点差があるんだ。まずは龍馬よりもチームの勝利が先だ。ここは最少失点で切り抜けることが最優先。打順は下位だし、ランナーは無視して普通にアウト3つを獲ろう」
です。←自信あり

6番7番はしっかり制球できて2アウト。
しかし8番の中村悠平にカウント3-2から高めに抜けたカットボールをセンター前に弾き返されて1失点。

■大瀬良大地の高めに抜けたカットボール
当ブログで再三にわたって「もう二度と投げるな」と指摘してきたカウント2-2以後のカットボール。
相手打者が必ず振ってくるカウントで、大瀬良がカットボールを投げるとなぜか高確率で真ん中高めに抜けます。印象では60~70%の確率で失投になる。
んで高めカットボールはただの棒球ですから、非常に事故が起きやすいボールです。
よく長打も浴びたし、昨日の中村悠平のようにポテンヒットにもなりました。

今年の大瀬良は6月以降、このボールが減りました。
カットボールも投げてはいますが低めに制球できるようになりました。
二段モーションが投げやすいのか、フォークボールの腕の振りがマッチしたのかわかりませんが、大瀬良は6月頃からカットの制球力が上がっていました。

で昨日のあの場面。
抜けました。久々に。
大瀬良が「高めに抜けるカットボール」という意識を持ってるかどうかは知りませんが、昨年までの「2ストライク以後の被打率」が高かったことは数字でも知っているはず。
なので1本目の悠平のヒットはちょっと悔しかった。西川のエラーが失点に繋がり、自身のノーヒットノーランも消えました。
そして9番。カラシティーに代わって代打宮本丈。ルーキーです。
この左打ちで小柄な宮本に対して磯村のリードは変化球中心。150kmに強いというデータでもあるのか?私にはそうは見えませんがね・・・
1球目スローカーブ。外角低め。全く手が出ない。ワンストライク。
2球目。ストライクゾーンのフォークボール。ちょっと甘かったが空振り。2球で2ストライク。
でここからフォーク、カット、カット、フォーク・・・
結局カウントは3-2。中村悠平の打席と同じ雰囲気になってきた。

で10球目に来ました。
高めに抜けたカットボール!
しかしこの時は抜けすぎて「外角高めギリギリストライク」に「たまたま偶然」飛んでいきました。
宮本カットに行くが空振り!三振!!
ちょうどバックドアみたいな感じで決まりましたね。
たまたま偶然です。
大瀬良は投げた瞬間「あっ!しまった!」と思ったはず。
結果は三振でした。
ファールで粘られて10球目に奪った空振り三振。
2度中断した試合でしたが、この瞬間試合成立。傘を差し続けて応援してきたカープファン歓喜!

しかし大瀬良だけは違うことを考えていました。
「コラッ、俺! また逆球だぞ!」

今年は本当に失投が減りました。
木鶏に近づいてきた。
しかし昨日は久々に炸裂しました。昨年までの悪い病気が。
しかも8番9番と2者連続で。
その怒りと自戒のシャウトだった、と思いました。私は。

■とにかく大瀬良の沢村賞は決まったでしょう。
菅野も昨日で無失点が止まりました。あと3試合に先発して3勝しても14勝。大瀬良には追いつけない。
西武の菊池雄星もなんかフォームが変わってます。故障でもしたのか。ストレートも威力がない。メジャー移籍も危うしな感じです。岸孝之も落ちてきた。
大瀬良の沢村賞は決まったでしょう。MVPは・・・やっぱ丸です。私の予想は。

■優勝決定日は9月23日(日)?
8月15日にマジック32が点灯。そこから15試合で17減。
現在の優勝マジックは15。
このペースなら優勝決定は14試合後。しかし来週は台風接近でまた阪神戦が飛びそうです。阪神が気の毒すぎる・・・
やはり9月22日(土)か23日(日)あたりが濃厚。
今年は週末にマツダでカープ優勝が見られそうですね。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-妄想, 雑感

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5