ミステリアスな佐々岡のコメント

2019.6.28(金)
DeNA13-3広島 横浜

昨日のスコアは13対3であってますか?

ソトの3ランでちょっと気を失ったものですから、正確な点差かわからないんですよ。


大瀬良大地vsDeNAは0勝2敗

いやビックリしました。

大瀬良大地vsDeNAはこれで0勝2敗。ERA6.11。被打率.368

去年はそうでもありませんでした。去年は普通にERA2.03。

佐々岡コーチは「ボール自体はスピードと強さがあったように見えたけど、あれだけ打ち返されているということは投げ切れていないということ。コントロールに甘さがあった」と発言。

いや、コントロールはいつも通りでしたよ。

ロペスの先制ソロはカーブのすっぽ抜け。これは打たれた理由が理解できます。

筒香の同点2ランはアウトコースのストレート。え?筒香ってあれを踏み込んでバックスクリーン直撃の特大アーチ?一昨年まではよく見た打球でしたが、去年と今年は全く見なかった筒香のバックスクリーン弾。それがここで飛び出すの?

ソトの勝ち越し3ランは初球アウトコースのカットボール。確かに今日の大瀬良は初球カットボールが多かったけど、それにしてもアウトコース低めのカットボールを右打者が踏み込んでレフト中段まで運べる?

なんかバレてない?DeNAに。

筒香のは反応で打てたかもですが、ソトのは初球を思い切り踏み込まれています。何かがバレてる感じがしました。

2回と3回のタナキクのファインプレイ。これがなければ大地はもっと失点してたってこと?

 

中村祐太

2回6失点。確かに打たれたり四球を出したりしたんですけど、大瀬良が5回7失点ですからね。祐太が2回6失点してもオッケーでしょう。←?

ストレートは今季一番走ってました。でもなぜか途中からカーブとフォークを投げなくなり球数がかさみました。これで抹消でしょうか。不憫ですな。

 

高橋大樹

プロ初本塁打。今永との対戦は今季2度目でした。

そもそも今永って高橋大樹をナメてんですよね。2ストライク後も大樹にストライク勝負してきます。前回対戦もそうでした。

「高橋?一発はないだろ」って感じ。ナメてんじゃねえぞ、こんにゃろう。プロ1号。

エスコバーとの対決も楽しかったですね。156kmのストレートにドンピシャのファールを打ち、次の緩いスライダーを泳がされました。三塁線を抜けようかという打球でしたが名手宮崎がナイスプレイでした。

 

その他の人たち

島内颯太郎。夢の九州共立大リレーが実現。大瀬良から「悪い!ごめん!」と言われてボールをもらいました。夢のリレーはこういう形じゃありません。笑

遠藤淳志。今日も三者凡退。148km連発。大きくなったねえ。しみじみ。

安部友裕。1週間ぶりに試合に登場。ちょっと痩せたんじゃない?夏インフル?

野間峻祥。代打で登場。全くノー感じで三球三振。これは野間推しの私でさえフォローできません。1日で修正できるか?

メヒア。右安、右本、右安。足も速し。これはベンチの評価も大幅アップ。KJ昇格時にメヒアとバティのどっちを残すか!?

タナキク。守備はイイ。

チョーさん。いつまでも代打が苦手とか言ってると一軍の居場所がなくりますよ。

誠也。9回表に特大の右飛。コレっていい兆候なのか?悪い兆候なのか?

 

佐々岡コーチの意味深コメント

「中村祐太は期待外れ」は言っちゃイカンでしょう。呼んだのはアンタでしょう。それにそもそも昨日の祐太は良かったです。ボールにチカラはありましたよ。球が高かっただけ。もっと祐太を活かすことはできたはずです。畝と佐々岡。

「大瀬良大地の代わりはいない」発言にも苦言。

代わりはいますよ。

大瀬良はこれで3連敗。もちろんエースの座は揺るぎないものですが、疲れているなら代わりはいます。G菅野みたいに故障するくらいなら一度抹消してもいいですよ。大瀬良の体調は知りませんけど。佐々岡が仕事してなかったら許しませんよ。

 

んで一番理解できないミステリー発言がコレ。

「中を代えると言うことは先発も代えないといけない」

なんでやねん?

いくら考えてもわかりません。祐太を抹消して、どうして先発ローテが変わるんだ?

もしかして遠藤を中継ぎのままにして、いよいよケムナのプロデビューってこと? わかりません。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5