来週から本気出すわ。

2019.7.9(火)
中日6-3広島

今週は野球が月曜日から始まっているので、昨日は火曜日のような気がしませんでした。気分的には水曜日。だけど実際は火曜日。1日トクしたような気持ちになりました。


 

ベストキッド

カープ怒濤の10連敗。

負け方が毎日同じ。今日も厳しいだろうなあ。11連敗も覚悟しとこっと。

今日はもう諦めた。来週から本気出すわ。

 

映画メジャーリーグも、映画ロッキーも、映画ベスト・キッドも、1988年の川崎劇場も、主人公は前半戦でボコボコに打ちのめされるのです。

んで後半、逆襲に転じて大逆転勝利。

コレですよ。コレで行きましょう。

 

このベストキッドって映画は1984年公開。カープ最後の日本一の年。

おっさんはみんな憶えている名作です。ミヤギさんの「ワックスオン、ワックスオフ」、コブラ会の「ハイ、センセイ!」景色も音楽もいいんですよねぇ。

 

ロッキーもベストキットも続編を見たらいけません。1作目のみ。

ペナントレースも先を見すぎす、目の前の1戦を集中して戦いましょう。過去の結果も忘れましょう。

 

でも展望してみる。

でも後半戦の展望をせずにはいられない。笑

後半戦のカープに、特に新しい武器はないです。三好匠と遠藤淳志くらいです。

小園と長野も新戦力。ケムナ=誠も一軍で通用すると思います。アドゥワよりも年齢は上。

 

あとは巨人が落ちてくることを呪います。

イースタンのデラロサの映像を見ました。球速は平均155kmですが、そんなにコワい感じはしませんでした。カミネロに似ていますね。

ま、ヤツこそまだ本気を出していないでしょうから、一軍に上がってからですけどね。

岡本和真に送りバントやらしたり、中川を8回でクリーンアップに当てたり、うまくやり繰りしていることは事実です。だけど長くもつ戦い方ではないですよね。

 

それにセリーグは今年も交流戦で12の負け越し。

理論上は借金持ちのチームが優勝できる可能性がある。

現在の借金は4、今日負けても5。

だけど感覚的には「オールスターまでに勝率5割」なんですよ。強引?

とにかく後半戦の爆発は必要ですが、まだまだ優勝の可能性はあるってこと。

 

カープの爆発に必要なもの

特に新しいものは必要ないのかな。ある日突然爆発するでしょう。5月のように。

誠也が打つか打たないか。メヒア、バティスタが打つか打たないか。

私はあんまり好きなじゃないけど、緒方カープは後半戦も「5点差をものともしないパワフルプロ野球」で戦いそうです。

 

打順ももうどうでもいいや。

考えても考えても一日で変えちゃうんだもん。繋がるはずありません。

この先ずっと2番菊池で戦うんでしょうね。イヤだけど応援するしかないでしょう。

 

私は中村恭平堂林翔太にこの苦境を救ってもらいたいなあ。

3番サード堂林、背番号7。8回裏の2死満塁に中村恭平。

菊池はベンチ、セカンド安部。ショートは小園と曽根。

時代も変わったなあ。令和だなあ。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-構想

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5