勝利への最短距離。あと6番目の男

2019.7.17(水)
DeNA3-1広島 横浜

これで7月は1勝11敗かあ・・・ほんのちょっぴり優勝がやばくなってきたかもしれない・・・

「ここまで来たら育成に舵を切れ」って言う人がいますが、今さら何を言っているのかな???


 

育成こそ勝利への最短距離

カープという球団は開幕前から育成に舵を切らないと勝てない球団ですよ。

大物選手がMLBへ入団する現在では12球団全てが育成に舵を切らないといけない時代。

あの巨人でさえ若者を育成している。なのにカープはできてない。

 

とは言え、オールスター明けに小園を再登録し、曽根も三好も出番が増えた。

昨日の小園の好守、盗塁阻止、サードゴロバックアップ。魅力十分。なぜ途中で代えたのか?

三好匠。フルカウントから押し出し四球ゲット。サード守備もイイ。強肩。

なんでもっと早くやれないのか?緒方孝市。

 

ベンチ入りは25人

内外野を守れる上本崇司を落として、田中広輔を残した時も愚策だと言いましたが、ショート小園をスタメン起用するなら田中広輔をベンチに置く意味はありません。即抹消すべし。このまま一軍のベンチに座らせといたら秋の勝負所で広輔を使えません。3割打てるようになって帰って来いって話。

 

あと矢崎と島内。昨日も1点ビハインドで遠藤淳志を出しました。小学生か?緒方孝市。勇気を持って矢崎と島内を出すのだ。枠が勿体ない。

私、10年か20年前に気が付いたんですが、この世には「必ず抑える投手」もいなければ「必ず打たれる投手」もいないんですよ。

大昔、ヘロヘロの広池浩司やバッターのペルドモが1イニングをゼロに抑えて帰ってくることもあったんですよ。それを見て勇気をもらいました。

「なーんだ、大野豊じゃなくても抑えることはできるんだ」

矢崎もプロの投手ですよ。相手バッターだって10割は打ちません。思い切って若い子を経験させなくちゃ。

特にこれからの季節はベンチ入り25人をフルに有効活用しないといけません。

矢崎と島内もシビれる場面に投入しないと来年以降も使えませんよ。矢崎は昇格後登板ナシ。島内は中10日です。置物じゃないっての。

今の起用法では遠藤が壊れて、矢崎は腐っちゃいます。暗黒時代へ真っ逆さまですよ。しっかりしろ緒方。

 

先発6番目の男

巨人3連戦の先発投手は大瀬良、床田、谷間。

天気予報を見ると雨天中止の可能性も高いですが、それでも「6番目の先発投手」は用意しておく必要があります。それは誰なのか?

第一候補の野村祐輔は月曜日にファームで7回2失点。110球。日曜日に先発すれば中5日。行くのかな?

第2候補のローレンスは火曜日に6回2失点。中4日。ただしレグナルトを抹消しないといけない。

モンティージャは水曜日に投げました。5回2失点。

私が推しているケムナ誠は最近二軍で見かけません。明日の金曜日、誰かが一軍に合流するかもしれませんね。戸田隆矢と高橋樹也の近況は知りません。

あと「ブルペンデー」も考えましたが、どのみち逆転優勝のためには6番目の先発投手が必要なので、ブルペンデーはナシという結論に至りました。

 

野村祐輔は確かに良かった。4シームが力強くなっていました。

だから田中広輔も一度落とすべきなんです。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-構想

Copyright© カープファンの構想と妄想 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.