3番誠也の同点3ランと野間とメヒアと田中広輔

2019.8.20(火)
広島9x-8ヤクルト 広島
中日1-2巨人 ナゴヤ

巨人負けんのう。隙だらけなんやけどな。中日8安打、巨人3安打。原も亀井も別に試合巧者だとは思わない。今日も菅野vs小笠原か・・・ちっ、巨人がほんの少し有利だな。逆に言えば今日中日が勝つとカープには大きいかも。現在ゲーム差6.5。残り試合28。


 

ジョンソン6回。中村恭平同点2ラン

KJ6回3失点109球。バレの2ランが余計だったけど456回を9人斬り。7回にヤスが出てきた時は

「あれ?来週のKJは中5日で行くの?」

と思いました。

KJを100球で交代させる必要はなかったと思いますね。ここんとこ先発投手が120球以上投げるのが流行ってますよ。大瀬良&今永。

7回からの継投策にはちょっとイヤな感じがしました。

 

2番手ヤスは7回を3人斬り。今日も説得力十分の投球。

8回は中村恭平。私のプラン通りです。しかし死球の後、山田に同点2ラン被弾。ほんのちょっぴり逆球っぽくなって球威が落ちたところを右中間に運ばれた。さすが山田。村上宗隆とは違う説得力のある打撃

実は直前の青木宣親にも粘られて、恭平は10球近く投げさせられているんです。

これをネクストで見ていた山田。直球にタイミングは合っていました。

かと言ってこの日の恭平のスライダーは全部ボール。山田への初球スライダーがボールになった時点で恭平には投げる球がストレートだけになりました。

まあしょーがねえ。同点走者を四球で歩かせるよりホームランを打たれた方が良い。

次も頼むぞ、中村恭平。今日も8回は恭平である。

 

アレハンドロ=メヒアのガッツ

メヒアの打撃も久しぶりの一本が出ましたけど、この1週間でアツいのはメヒアのガッツ。

特に守備。足はイマイチ動きませんが、長い腕を伸ばしてよくボールを止めてくれます。

打席では押し出しでガッツポーズ。誠也の3ランの時のテンションが高すぎでウケました。あんまりはしゃぐとまたクスリがどうのと言われるぜ、メヒア。

でも燃えてるでしょうね。無実のバティスタへの思い、去年の日本シリーズでの悔しい思い。

あんまりいい当たりは出てないけど、メヒアは我慢して使ってみたい選手ですね。クリーンアップはないけど。ぼそ

 

野間峻祥の足

もう手遅れですけど、やはり野間の足はカープ最大の武器ですね。キクの守備、誠也のバット、野間の足。

小園のプロ初犠打も、三好のプロ初サヨナラ打も全部野間の足がもたらしたもの。

昨日のセンター青木はセカンドベースの後ろを守ってたんですよ。三好の当たりも「ちょうどいい感じ」でしたけど、やはり野間の足が奇跡を呼んだ。

青木の本塁送球はそれなくてもセーフでしたね。

 

田中広輔ベンチ漏れ

昨日の試合、田中広輔はベンチ外でした。塹江敦哉がベンチ入り。3回52球から中2日。

今日も当然塹江はベンチ入りでしょう。広輔はどうなるのかな。サンタナがいるので「長野↔田中」と入れ替えるのかな?

 

その他

誠也。ノースリーから同点3ラン。これぞ四番の仕事である。ストライク投げたらアカンぞヤクルト。

フアン=サンタナ。打撃も守備もまだよくわからん。私はサンタナはルナや小窪と同じ選手だと思っています。打率3割、本塁打10本。

今村猛。中村恭平に代わり緊急登板。初球をバレにヒット。2球目を高井に勝ち越し2ラン。山田哲人から3球で4点を取られたカープ。猛の顔面もさすがに蒼白かと思えば相変わらずのポーカーフェイス。すごいぜ猛。その後ちょっとボール先行したけれど村上、中村を2者凡退。猛はズルズル引きずりません。大人の投球。28歳だけど。

菊池涼介。3番誠也とのコンビプレイはまだ炸裂せず。でも三塁手メヒアとの「5-4-3未遂」はたいへんシビましれた。打者走者の山田哲人は一塁セーフでしたけども、ゲッツーを取りに行くキクのダイビングスローに感動しました。

長野久義。もちろん私も一軍で見たいけど、同じタイプの小窪とサンタナがいる以上、3人も右の代打をベンチにおけません。広輔を抹消するならそれは山口翔を上げる時。カープは長野よりサンタナを選びました。悪くないと思いますよ。過去の実績では今の試合に勝てません。今の実力を適正に評価してのサンタナ起用だと思います。

バティスタ。事実無根。無罪です。バティスタグッズを撤収するの早すぎます。

おしまい

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2021 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5