人はなぜ堂林と野間を応援するのか?

2019年9月12日

2019.9.11(水)
広島2-3中日 マツダ

延長10回競り負ける。

色々なご意見があるかと思いますが、私は昨日の敗戦に「誰も悪くない」と感じました。

1個だけ贅沢言うならフラとレグの順番が逆だったですかねえ・・・


 

采配も選手も悪くなかった

左腕の小笠原慎之介を相手にサード安部、ショート小園。

いつもの左右病ならサードメヒア、ショート三好となるところ、昨日の活躍を考慮したのか2日連続スタメン。

「おお!あの緒方が柔軟な起用を見せてきたぞ!」

と感心したら、そのしわ寄せは一塁松山に。まさかのスタメン落ちで一塁は右の堂林。笑

 

昨日はヤクルトも阪神青柳相手に山田バレンティンを外す左打線を組んできましたが、どうなんでしょうね?

小笠原も青柳もむしろ「ラク」だったんじゃないでしょうか。分かりませんけど。

 

結果は安部が4タコ3三振。小園は2タコ2三振。堂林は4打数1安打。合計10打数1安打

でも守備が良かったですね。安部も小園もヒットを防ぐ守備がありましたし、堂林もやたら打球が飛んできて全て軽快に捌いていました。

 

それでも負けた。痛恨の一撃・・・

バスケW杯でアメリカがフランスに惜敗。

アメリカ代表は五輪とW杯を合わせ48連勝中で、敗れるのは10数年ぶりだったそうです。

カープもほぼやることはやった。んで今季初めてホームで中日に敗れました。9勝1敗。(9マツダ、1三次)

 

ちっちゃい要因はいろいろあるんですよ。

松山を先発から外した。解せない部分もありますが代わりの堂林は良かったし、左翼チョーさんも攻守でしっかり働いた。

一番引っかかったのが10回レグナルトと9回フランスアの順番。

同点でしたから先にいい投手を出すのはセオリーです。ただ9回表の中日の攻撃は7番からでした。カープの9回裏は6番安部から下位打線。

私は9回表にレグナルトだろと思いました。10回表の1番からへフランスア。

結果は9回フラ。10回レグ。んで10回表に京田に決勝ソロを浴びました。

 

京田は1回表の第1打席で床田のカーブをあわやライトオーバーという大飛球を打っていたんです。結果は誠也ファインプレイ。右飛。

10回表。無死走者なし。カウント0-2。アツはアウトローにワンバンさせろと要求するんですが見事な逆球。インハイにハンマーカーブのすっぽ抜け。

レグナルトにはこれがあると私は春からずっと言い続けております。

 

人はなぜ堂林と野間を応援するのか?

え?

応援してない?

そんなこと言わないで応援してくださいよ。

28歳の堂林と27歳の野間峻祥。

当然来年は29歳と28歳。もうホント野球人生がけっぷち。

 

特に堂林。

堂林に来シーズンはあるのか?

非常に心配でしたが昨日の先発出場で堂林は生き残ったんじゃないでしょうか。

必ずしも「カープで」とは言い切れませんが、堂林は来シーズンのクビが繋がったような気がしましたね。

4回のレフトフライは「行ったか?」という角度でしたし、7回の詰まったライト前ヒットも堂林特有のインサイドアウトスイングで運んだ「ナイスヒット」だと思います。

堂林はずっと何年間もこのポテンヒットを打つために練習してきました。詰まっても外野の前に落ちる打ち方。

私の過去40年間の「カープで夢を見た選手ランキング」で一番ポジッた選手が堂林翔太です。2位が川島堅。3位が河内貴哉。7位が足立亘。

堂林には「打率.380、25本塁打、120打点」を期待していました。OBで言えばBロバート=ローズ。現役で言えばG坂本勇人のようなバッターになってほしかった。いや今でもなってほしいです。

 

そして野間峻祥。

昨日は8回裏に代走で途中出場。

辛口のカープタカさんでさえ「野間は代走でしか使えない」と野間の代走力を買って下さっています。

それがピッチャーライナーでダブルプレー・・・どこまで持っていないのか野間。笑

 

スタートは切っていませんでした。野間。

しかし広めのリード。またライト前ヒットで一塁からホームインを狙っています。

「得点したい、アピールしたい」で前のめり。

アツの当たりはハーフライナー。野間は一瞬だけ本能的に右足に体重が乗りました。で、もう一塁へは戻れない。ゲッツー。

 

うまい選手なら戻れたでしょう。イチローなら戻れたと思います。

「うまい選手」と言うより「レギュラーの選手」なら戻れていたでしょうね。

「アピールしないでいい立場」という心の余裕。これがあれば野間は戻れたんじゃないかなあ・・・

 

結局モンスターエンジンなんですよ

例えば勉強嫌いな息子に親は「100点取れ」って言わないじゃないですか。

能力のない人に「プロ野球で3割打て」なんて誰も言わないわけですよ。

堂林にはある。3割どころか4割打てると思ってました。堂林はプロで4割、河合は40発、磯村は2割5分でした。私の期待値は。

 

野間は最低50盗塁。少なくとも緒方孝市は超えてほしかった。

できない子には言いませんよ。50盗塁なんて。

 

結局持ってるエンジンが鈴木誠也並みなんですよ。この二人は。

だから野球ファンは堂林と野間を諦めきれないのです。

今年はもう残り9試合。全部負けられない。今は野間より長野久義。

だけど今の堂林にはちょっと期待したい。バティスタの穴を埋めるのは堂林。マスパンの穴ばっか埋めてんじゃねえぞ、堂林。3人目おめでとう。

 

堂林を愛しすぎている過去記事

アフロ堂林(2017.11.1)

小早川堂林(2018.4.26)

地下鉄堂林(2019.7.10)

おしまい

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-がけっぷち, 雑感

Copyright© カープファンの構想と妄想 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.