ダメだこりゃ・・・「みんなで勝つ」は「無責任」です。

今日はセリーグの新人王争いを書こうと思ってたんですよ。

新人最多安打の近本光司 vs 10代最多本塁打の村上宗隆。

私は床田寛樹に一票ね♡ってそんな構想。

しかし佐々岡と緒方がまたぶっとんだ構想を公表したので今日はそっちの話をします。


 

佐々岡のブルペン軽視発言

明日はマツダで中日戦。今季143試合目。勝てば3位が確定。負ければ貯金ゼロでシーズン終了。

クライマックスシリーズ出場に向けて緒方佐々岡は「総動員プラン」を公表。それをやるなら首位攻防の時にやってほしかったぜ。

総動員プランとは「先発ジョンソン、ブルペンには先発要員の床田、九里、大瀬良を待機させる」こと。

佐々岡コーチは「みんなで勝ちに行く」と発言しました。

 

コレは絶対アカンやつです。

愚策中の愚策。負けるぞ佐々岡。

 

もう忘れたんか?

わずか一週間前、ランナーいる場面に九里亜蓮を投入して「ストレートの四球、ボール、ボール、満塁ホームラン」の悪夢を。

ランナーがいる場面の救援は専門のリリーフ投手でも難しい。

コレ、基本事項ですよ。

 

やっぱり佐々岡はリリーフ投手を軽視していますね。ペナントレースに負けるはずです。

 

最終戦の先発は床田寛樹であるべきです

ちょっと推理小説の「時刻表モノ」のように時系列を追ってみますね。

9月22日(日)の中日戦が台風で中止になり、その日のうちに振替日は27日(金)になることが発表されました。

もっと細かく言えば台風が発生したのは19日(木)の午後です。この時点で21日(土)~23(月)の屋外球場3連戦はどこかで1つ中止になる可能性が高かった。

台風発生前のカープの先発予定は

・21日(土)ジョンソン

・22日(日)ノムスケ

・23日(月)大瀬良(永川引退試合)

でした。台風がなければここで143試合終了です。

 

でも22日(日)が台風で流れた。ノムスケの昇格も当然流れた。

しかし翌日の23日(月)になぜかノムスケ一軍昇格。んでノムスケは床田とともにベンチ入り。

永川勝浩を登板させる必要があったため、あがり(ベンチ外)はジョンソン、ケムナ、島内、野間。もったいない気がしました。

23日(月)の試合でノムスケと床田の出番はありませんでしたが、床田はブルペンで肩を作ったそうです。床田は「めっちゃ疲れた」と発言しています。これで床田は27日(金)に先発できなくなりました。

 

22日(日)の台風中止のあと、ベンチは27日(金)の先発投手についてミーティングしたはずです。

で結論はクリス=ジョンソン。ただいま防御率1位。信頼度抜群。中5日。

ジョンソンのことですから21日(土)の登板以後、次の登板に向けた準備もキチンとやっていたでしょう。

 

もう一度整理します。

9/18(水)DeNA戦 雨天中止

9/19(木)DeNA戦 午後3時に台風17号が発生。午後6時、床田スライド先発で5回80球。午後7時、リリーフ九里が満塁ホームラン被弾。

9/20(金)移動日

9/21(土)阪神戦 甲子園でジョンソン先発。6回2失点。98球。

9/22(日)中日戦 午前中に台風中止が決定。午後には振り替え試合が27日(金)と決定。

9/23(月)中日戦 マツダで大瀬良先発。6回1失点。112球。床田、野村ブルペン待機。

9/24(火)試合なし 中日はナゴドで試合あり

9/25(水)試合なし 中日はナゴドで試合あり

9/26(木)試合なし 中日移動日

9/27(金)中日戦 マツダでジョンソン先発予定。中5日。床田、大瀬良ブルペン待機。

 

要はね・・・

■ジョンソンが防御率1位であること

■床田が規定投球回まであと4イニングであること

この2点から私は「27日の最終戦は床田寛樹の先発で行くべきだった」と思うんですよ。9/19の台風発生の時点で。

しかし佐々岡は台風発生前の公言通り、23日に床田をブルペン待機させ、それが不可能になりました。

 

私が言いたいことは

「台風が過ぎた23日(月)になってから27日(金)の先発投手を決めただろ!」

ってことです。

 

長々書いたけど、まーた行き当たりばったりなんじゃないかと思うわけですよ。緒方と佐々岡が。

台風が発生した19日の時点でマツダの試合が1つ、26日か27日に組まれることは予想できました。

なら、床田を中6日でそこに当てることが可能で、防御率1位を争うジョンソンこそリリーフ待機でなかったか?

 

ジョンソンの信頼度と防御率がリーグ1位なので、最終戦に必勝態勢で臨むというプランも一応理解できます。

しかしもし最終戦を落としてジョンソンが防御率2位に転落しても、CSには行けると思います。阪神が残り3試合を全勝すると思えないので。

ならジョンソンの防御率1位と、床田の規定投球回を達成させてあげたいです。今のチームは優勝争いでなくCS争いの中ですから。

 

緒方と佐々岡のベンチワークでは日本シリーズを勝ち抜くのはやっぱり難しいと感じてきました。

先日の東出の「4番長野発言」も気掛かりです。

私は3連覇の功績を高く評価していますので、緒方続投もアリかと思っていますが、この1週間の休養日の使い方、ローテ&ブルペンの編成を見て、日本シリーズと来シーズンがたいへん心配になります。

 

リリーフは専門職。

床田や大瀬良が突然できるものではありません。イニング頭でも難しい。

最終戦を本気で勝つなら遠藤淳志を上げなさい。遠藤を温存したいなら島内颯太郎を信じなさい。

開幕からずっと言い続けてきていることですが過去の名前と実績にこだわると負けるぞ! 緒方、佐々岡!!!

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2021 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5