さあもう2020年は始まりましたよ

2019年広島カープの順位は4位に決定。

実質1位なんだけどね。まあ、ここはセリーグのルールに従いましょうか。


 

今シーズンが完全終了

カープがCSに出られないことになるとは想定外でした。

まさか阪神が5連勝も6連勝もするなんて誰にも予想できませんよ。笑

これでカープの全日程が終了。今年はもう試合がありません。

ま、いいじゃん。ピッチャーも誠也も休めるし。

2020年のペナント制覇に向けて、湯布院でゆっくりしましょう。

 

敗因は「過去の実績」と「昔の名前」

緒方が今年も「タナキクマル野球」にこだわることは事前に予想できていました。

2019年のキャンプは「3番に誰を入れるか?」から始まりました。

私は非常に心配でした。日替わり3番は「丸の穴を相手にさらけ出す戦術」だからです。

そして私は「2019年のカープはヤバい」とか「打つだけの鈍足打線では負けるぞ緒方!」とも言い続けてきました。

2019年は足を使わない野球で案の定負けました。

しかも4位まで落ちたことで緒方の進退問題が「退」の方に大きく傾いちゃったかもしれないですねえ・・・

 

敗因はベンチが「昔の名前」にこだわったこと。

タナキクマル、中﨑翔太、野村祐輔、長野久義、松山竜平。

若手の抜擢がほとんどなかった2019年シーズンでした。

タナキクと中﨑は休み休み使わないとフルシーズン持たないです。

菊池の捕殺数はかつて500個、いま300個。まさかとは思いますが来年もフルシーズンで「2番セカンド菊池」ならまたBクラスですよ。

 

松山竜平。

頭部死球もありましたが、松山も今年の敗因の一人。甘い球を一発で仕留めきれなくなっている。この人ももう規定打席に立つのは無理なのかな・・・

野村祐輔は例年通り。来季も6勝5敗の投手です。FAで取ってくれるところはあるのかな?

 

2020年は育成シーズン、それで勝つ!

今年の私は長野と松山にちょっと優しすぎました。

やはり育成と抜擢をしないとカープは勝てないのです。

1~3番は全シャッフル。セカンドショートも競争。

鈴木誠也以外は全部競争。

 

投手も競争。ガラガラポンして一からのチーム作り。

そのための新監督?

 

緒方辞任の確率は確かに上がりました。

新井貴浩や前田智徳に繋ぐワンポイントリリーフが登板するのか?

高橋慶彦(62歳)が最近やたら元気ですがもしかして・・・

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

Copyright© カープファンの構想と妄想 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.