【朗報】アツは来季もカープに残留してくれそうな雰囲気です

會澤翼が来季もカープに残留してくれそうな雰囲気ですね。

朗報&吉報。嬉しいなあ・・・

しかし私の構想では来季2020年のカープの正捕手は坂倉将吾(21歳)です。


 

 アツの13年間

アツは既に球団と何度かの残留交渉に臨んでおり、10月5日(土)にも

「いい話し合いをさせてもらっています」とコメントしました。

 

なんか芸能人が井上公造さんに

「いいお付き合いをさせてもらっています」

と発言するような感じで、とっても爽やか。イイですねえ・・・

「他球団の話も聞いてみたい」とは言い出せない雰囲気になってきましたよ。笑

 

アツはマエケン世代の31歳。プロ入り13年目。

初出場は3年目。

飛躍したのは8年目の2014年。オールスター以降、故障の石原に代わりスタメンマスクが増えカープ初のクライマックスシリーズでも先発出場しました。

65試合に出場し200打席で打率3割をマーク。

契約更改では倍増の1900万円。背番号は64→27

2016年からはカープ3連覇の立役者で完全なる正捕手。選手会長も務め、ベストナインも2度獲得しました。

 

そんなアツの2019年の年俸は9200万円

安っ!

 

カープが2020年のアツに提示するべき年俸額

アツが「いい話し合い」と言った残留交渉の席は当然「おカネの話」も含んだものでしょう。だって子供じゃないんだもん。

カープ球団はアツにどんな条件を提示したんでしょう? 私とっても気になります。

 

ズバリ!

1億6000万円×3年契約

くらいじゃないでしょうか。

 

え?

 

なに?

 

安い?

 

出来高も付いてますけど何か?笑

 

だいたいこんなもんです。ひが査定はシブいのです。

私の丸佳浩への提示額は4年12億でした。カープは4年17億。

アツには3年4.8億。私はまだ市民球場体質です。

 

なんでこんなにアツの年俸が安いかと言うと来季の正捕手は坂倉将吾だからです。←2回目

 

いつ坂倉を使うのか?

鈴木本部長がアツと残留交渉をしている間に、高ヘッドコーチが気になる発言をしました。

「坂倉を三塁で使いたい」

 

うーん・・・

 

手放しでキャッホー!とはなりませんねえ・・・サード坂倉。

まず守備が不安。

安部も不安。グレやすいから。

んで小園はどうすんの? え?フェニックスで二塁を守る準備中?

まあ小園と田中の話は別の機会にやりましょう。

サード坂倉なら堂林も可哀相だし、松田オーナーは中村奨成を指名する時に「キャッチャーだけどサードをやらせても日本一になれる」と言ってました。

 

坂倉将吾。

サードは要らん。レフトで十分。と私は思います。

 

みんな坂倉将吾をナメてます

アツは2年連続ベストナイン。今季もおそらくベストナイン。

んで選手会長です。

アツは31歳。坂倉は21歳。

2020年、野球がうまいのはアツの方。そんなの決まりきったこと。

 

磯村嘉孝。来年10年目の27歳。堂林の1個下の後輩でこの記事もおもしろい。

カープにアツとイソしかキャッチャーがいないなら実力優先。アツが先発マスクで、イソが控え。

アツが衰えてきた頃に脂ののったイソに正捕手禅譲。世代交代はそこでいい。そこまでは実力の世界。

 

ただカープには坂倉将吾(21歳)と中村奨成(20歳)がいるんですよ。

この2人。

この2人に私は鈴木誠也と同等の期待をかけています。

 

ダブル正捕手。城島と阿部が一つのチームにいるようなもの。

将来「3番中村・4番坂倉」で戦うならどちらか1人しかマスクをかぶれません。

 

「なら坂倉サードも悪くないじゃん」

ではないのです。

私は坂倉を来季の正捕手に抜擢したいのです。

 

磯村ファンには申し訳ないのですが、イソは普通のいいキャッチャー。アツも普通の打てる捕手。

坂倉と中村は天才だと思ってます。

この2人が26~27歳までレギュラーになれないのはカープの損失。

 

抜擢しなきゃ。ベストナインのアツを差し置いてでも。

さすがに中村奨成はまだ若すぎます。

でも坂倉将吾はそうじゃない。

ヤツのケツを見て下さい。

1年間ホームベースを守れるケツです。

 

坂倉は特別扱いするべきだと思います。

アツもカープに残って欲しい。

坂倉が困ったら助けて欲しい。

もう一度言いますが、来シーズンの実力はアツが数段上ですよ。

でもキャッチャーは他のポジション以上に試合で育てないといけないポジション

 

早く育てれば長い間「4番キャッチャー坂倉将吾」で戦えるわけです。

2019年は「野間で勝負しろ」と言い続けましたが、2020年は「坂倉将吾で勝負しろ」と言い続けます。

坂倉のFA権取得が早まるってご意見もあると思いますが、そんなの別に早まってもいいと私は思います。

 

現実的な落としどころ

そうは言ってもカープはアツに残留要請をし、来季は極悪巨人からセリーグを守らないといけない。

やはり中心捕手はアツになるのでしょう。

なので現実的に坂倉が目指すポジションはレフト。打順は2番か3番。1番でもいいけど私はランナー置いて坂倉を打たせたいです。

 

捕手として出場するならKJ&イシのように特定の投手とコンビを組むとおもしろい。

筆頭候補は親友の高橋昂也ですね。

あとは1個下の山口翔と遠藤淳志。

同期のアドゥワはイソと組んでましたが坂倉とも組めるはず。

 

どなたかがコメント欄でおっしゃった「大瀬良&坂倉で工藤公康&城島健司みたいな育成ができるとおもしろい」というご意見もおもしろい。

とにかく2020年は坂倉の年にしたいのです。

 

だからアツに2億は出せない。

本部長はたぶん出してるな。2億円×複数年。だからアツのあの笑顔。オーナーは「あと10年は正捕手で」とコメント。

そうなると坂倉育成がますます遅れます。

第2捕手のアツに2億円出せるならそれに超したことはないですが、たぶんそうはならないでしょう。アツは来季も第1捕手。

アツも好きですよ。

 

でも坂倉将吾はいい捕手を超越した捕手になると思います。

阿部慎之助、森友哉には追いつける。野村克也まで行けないか。そういう選手だと思いたい。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5