巨人プロテクトリスト予想2019

先週も言いましたがFA戦線がいよいよ佳境です。

今週の木曜日11月1日が申請締め切り。

ここまで福田秀平、鈴木大地、美馬学、秋山翔吾、ウラディミール=バレンティンらがFA宣言確実と報道。

益田直也、十亀剣、川島慶三も宣言する可能性を残しています。


 

カープで気になるあのオトコ

カープはアツとノムスケが残留表明。

キクは現在宮崎で侍合宿の真っ最中。11月2日の予選ラウンドに向けてそろそろ台湾に移動する時期。

これもう物理的にFA宣言できないでしょう。来オフのポスティングか再来年の海外FAでメジャー挑戦。ハイ決定。

カープのFA戦線で不気味なのはチョーさんですよ。長野久義。静かすぎてちょっとコワい・・・

 

巨人のプロテクトリスト予想2019

いっぽう巨人は今年もFA選手はなんでも欲しい状態。

去年人的補償で内海哲也と長野久義を失っても反省の色は全く無し

 

試しにやってみますか。

巨人のプロテクトリスト予想2019を。

■主軸 9人
菅野智之、山口俊、中川航太、桜井俊貴、
坂本勇人、丸佳浩、岡本和真、小林誠司、大城卓三

■中堅 9人
畠世周、髙橋優貴、田口麗斗、今村信貴、高木京介、澤村拓一
吉川尚輝、石川慎吾、重信 慎之介

■若手 8人
大江竜聖、高田萌生、戸郷翔征、横川凱
若林晃弘、増田大輝、増田陸、山下航太

■ベテラン 5人
大竹寛、岩隈久志
陽岱鋼、亀井義行、炭谷銀仁朗

 

ハイ。ここまで31人。プロテクト名簿は28人まで。

誰か3人を外さないといけません。迷わず岩隈、陽、炭谷のベテラン3人でしょう。欲しいチームはゼロ。侍JAPANの大竹(年俸2500万円)を獲られてもいいならルーキーの直江大輔もプロテクトできますね。

既に野手の中島宏之、田中俊太、山本泰寛、立岡宗一郎らと、

投手の野上亮磨、鍵谷陽平、鍬原拓也、池田俊、田原誠次、戸根千明はプロテクト漏れ。

谷岡竜平は育成契約。また巨人のプロテクト外しか?知らんけど。

 

ロッテの2人を両獲りするとどうなるか?

とにかく巨人がもしもロッテの鈴木(Bランク)と益田(Aランク)を両獲りした場合、

巨人は「1種類のプロテクトリスト」をロッテに提出し、2名の人的補償選手をロッテに指名される可能性があります。

同一球団に対して「鈴木用のリスト」「益田用のリスト」の2種類を出すことはできません。

 

巨人のリストが上記の28人で私がロッテだったら、人的補償の一人目は直江大輔(19歳)です。

んで二人目は田中俊太(26歳)かな。鈴木大地の穴をカバーするユーティリティー性。

直江大輔、高田萌生の両方はプロテクトできません。FA流出が鈴木大地1人の場合は直江か高田で行きたいです。

益田まで流出すれば中堅の内野手か投手でいいんじゃないか。キャッチャーは黄金ルーキーを獲れました。

藤岡貴浩のロッテ復帰もないでしょう。

おしまい

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5