人的補償とかサンタナ解雇とか野間の140m弾とか

2019年11月5日

おいおい、連休明けに突然忙しいな。

原辰徳がまたおかしなことを言い始めました。

FA移籍の人的補償制度を廃止せよ」とかなんとか。

あれ?

なんかイイじゃん・・・完全同意です。

やはりメジャーに倣ってドラフト指名権の譲渡。コレがFA移籍の補償であるべきですね。


 

巨人の選手がかわいそう

去年の12月に私はこんな記事を書きました。

カープファンが言います。これ以上人的補償選手は要らない!

裏金をもらいまくって巨人を逆指名した内海哲也を西武は人的補償選手に指名。

私は内海が定岡正二や元木大介のように移籍を拒否して引退するかもと思いきや、なんと爽やかに西武入団。やるやんけ内海、見直した。

この時、私は「もう人的補償選手制度はやめた方がいい」と感じました。

 

巨人が若手をプロテクトして功労者をポイ捨てするからです。

カープで言えば坂本勇人を獲得したいがために40歳の新井貴浩を放出するようなもんでしょ。コレはダメ。坂本を獲っちゃダメ。

たぶん巨人のポイ捨ては今後も続きます。次は炭谷と陽岱鋼。

人的補償は若手にはチャンスが広がってイイんですが巨人はそれを許さない。だって相手が強くなっちゃうから。

だから阿部慎之助をリストから外し、内海哲也をリストから外す。

チョーさんもムラタさんもそうでした。功労者に冷たすぎる巨人軍。

ならもう巨人はドラフト指名権を譲渡しなさい。Aランクは1位。Bランクは2位。

おたくは毎年FA、FA。パリーグとカープは育成育成。お互いWin-Winでイイと思います。

 

カープはサンタナら4人と契約を結ばず

カープ球団はレグナルト、ヘルウェグ、ローレンス、サンタナと来季契約を結ばず。

これはちょっと驚いた。

レグナルトにではありません。フアン=サンタナ(25歳)の解雇に驚きました。

 

確かにアタりっぽいホセ=ピレラ(29歳)を獲得しました。

しかし3ヶ月前に「1000万円×6年契約」を結んだ25歳のサンタナをここで切るのはちょっと解せないです。

フェニックスリーグで良い打撃を見せていただけに尚更です。

ハッキリ言ってカープらしくない。

7月末に育成契約のサンタナを支配下登録する時に「いくらなんでもまだ早いんじゃね?」と思いましたが、やっぱアレは行き当たりばったりの契約だったんでしょうか・・・モンティも含めて時期尚早でしたかね。

 

野間140m弾

これはさすがにウソでしょう。

野間が紅白戦で140m弾!!!

朝山コーチ「バットを寝かせるスタイルが合っている」

 

・・・・・

 

もっと早くやっとけや!!

 

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

Copyright© カープファンの構想と妄想 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.