マエケントレードと遠藤・石原・山口

前田健太がミネソタ=ツインズにトレード。

複数年契約でも安心できないですね。ディスイズメジャーリーグ。

ミネソタは寒いとこですが頑張れマエケン。

ご本人はショックなのかインスタもブログもまだノーコメント。ダルはさっそくyoutubeで褒めてますけど。笑


 

今日の遠藤淳志

マエケン二世の遠藤淳志。シート打撃の開幕投手。

けっこう打ち込まれました。まあ内角を使ってないからですけど。

宇草は走り打ちでセンターフライ。その次が誠也。宇草には全部ストレート。誠也にも全部ストレートで2ストライク。

んで初めて投げたスライダーを誠也がレフト前にクリーンヒット。

スライダーを要求したのは坂倉。誠也の裏をかいたと思ったかな?全く通用しませんでした。笑

3人目のピレラはストレートに差し込まれて1塁ファールフライ。

4人目は新人・石原貴規。初球ストレートを振り抜く超クリーンなレフト前ヒット。タイミングドンピシャ。今日見た中で一番のナイスバッティング。この子、いいわあ。ジワジワ来ます。笑

5人目はメヒア。ライトフェンス直撃ツーベース。メヒアは守備もキレてました。貫禄です。案外ピレラに勝つかもしれません。

6人目は小園。遠藤はこの日2球目の変化球(チェンジアップ)を投げるも高めに抜けてボール。小園は次のストレートを何球も続けてミスショット(ファール)。結果チェンジアップに泳いでセカンドフライ。スイングが鈍く見えました。調整不足の印象を持ちました。

遠藤はここで一旦山口と交代。

 

遠藤は2イニング目も先頭の西川龍馬にライト線ツーベースを打たれます。

このイニングは2塁にランナーを残して次の堂林と対峙。

なので「千賀フォーム」をやめて普通のセットで投げました。

千賀フォームもストレートはよく走っていましたが、なんだか上半身だけで投げているような感じでした。

2イニング目の龍馬出塁後は去年のセットポジションで遠藤らしいバランスの良さを感じました。

菅野の時も言いましたがあの千賀塾はやっぱちょっと怪しいんじゃないか。知りませんけど。

まあもうちょっと様子を見ようか、遠藤淳志。

ストレートは威力ありましたし、坂倉と中村の構えたコースにほとんど決まっていました。変化球はほとんど投げてないので評価ナシ。

今日は内角ナシなので打たれた結果も問題ナシ。若干シュート回転も見えましたけど、まあ開幕までには治るでしょう。

クレバーな投手なので信頼しています。

 

今日の山口翔

いっぽう無邪気なのが山口君。

なんか見る度にこじんまりしていくような気がする。

ええ。見る度にストレートが遅くなっている気がします。

正随。レフト上段に特大ホームラン。

続く高橋大樹にもストレートをレフト線に引っ張られまくる。最後はショートゴロを小園がエラー。

ピレラも痛烈なサードゴロ。上本ファインプレイ。

遠藤はピレラを差し込んだんですよ。でも山口は痛烈に引っ張られました。このへんも「制球の遠藤、球威の山口」からしたら逆であってほしいんですね。

山口は続く石原貴規にもタイミングの合ったレフトフライを打たれます。

石原君、2打席連続初球攻撃。イイですねえ。「二軍に行きたくない!」って叫び声が聞こえてきましたよ。←幻聴

そしてレフト正面のフライにもかかわらず二塁まで全力疾走。解説の笘篠も大賞賛。見てるか野間。聞いてるか野間。

 

ここらへんでJSPORTSは放送終了。

その後で誠也と小園にホームランが飛び出し、田中広輔もファインプレイを見せたらしいです。

山口翔はねえ・・・沖縄行きは厳しいなあ。

こじんまりとまとまった分、コマンドが増したならいいんだけど、2球に1球は逆球。構えたミットに収まる確率も10球に1球。

去年の一軍デビューで好投した時も「山口にしては球威が足りない」と思ったものでした。

教育方針を間違えてるんじゃないだろうか。

ちっちゃいコントロールやフォームは要らないと思いますよ。

 

今日はここらへんでおしまい。

中村奨成捕手の守ってる姿に貫禄が出てきました。なんか仁王像みたいでシブいです。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5