片岡篤史「桑田さん、裏金もらってました?」

いやー40年プロ野球を見ていて一番の名言じゃなかろうか。

桑田真澄に向かって片岡篤史が言い放った一言

「桑田さん、裏金もらってました?

シビれた片岡、よく言った。面白すぎるぜ・・・


 

片岡チャンネルがアツい

昨日はマエケンチャンネルの話でしたが、今日は片岡チャンネルです。カープのネタが無いのよぅ・・・

「清原vs片岡」とか「立浪vs片岡」の時はよくわかったんですが、なぜだか今回の「桑田vs片岡」の対談はあまりイメージが湧きませんでした。

やっぱりピッチャーとバッターだからでしょうか。片岡チャンネルに桑田が出てきてちょっとビックリしました。

実際、片岡さんの態度も同期の野村橋本と話す時より、桑田と話す時の方がちょっと距離感と言うか遠慮感を感じました。

そりゃそうですよね。厳しすぎるPLの1年と3年の関係ですから。

片岡チャンネルの中でも「国民的スーパースターの桑田真澄」に対して「無名の高1・片岡篤史」という関係が随所に垣間見えます。実に面白い。

でも「やっぱり同じチームにいたんだな」と思わせる場面もちょこちょこあって、そういう場面にほっこりもします。

 

清原vs片岡の回は同じ打者ということもあってか、非常に親密な感じを受けました。

桑田と片岡の近くて遠い「距離感」は野球部らしくて非常に楽しかったですね。

桑田が公の場で関西弁を使うのも新鮮でした。

私は巨人時代の桑田が関西弁を使ったところを一度も見たことありませんでした。

 

桑田真澄の思い出

その桑田の思い出話も色々あります。

有名どころでは札幌で北別府が3ラン打たれて完封負けした話とか、西山秀二と幼なじみとか。

平成の野球部員はみんな、ランニングする時に「これが俺の桑田ロード」って気持ちで走ってましたよ。

 

あと桑田は清原との名勝負を数々やってますけどオープン戦で三振取ったことも思い出しましたし、あの1987年の甲子園でのオールスターでの対決もよく覚えてます。

桑田「コレ言っていいのかなあ・・・あの時俺、マスコミの人にインハイにスッと投げてって頼まれたんだよね」

 

やっぱりか!

覚えてます。確かにあの時、私も「桑田にしてはスーッと甘く入ったな」って思いましたもん。

やっぱりそうか。33年ぶりに納得しました。

 

あと桑田と言えば立浪和義に異常に弱かったイメージがあります。

※実際に調べてみたらそうでもなかった。

でも立浪が新人王を獲った1988年はとにかくいつも桑田からヒットを打ってました。

前の年に防御率のタイトル取った桑田ですからね。ワザとやってんのかと思ってました。

清原にも打たせてやるし、立浪にも打たせてやる。

意外にいいヤツなのか、桑田?

あの頃の桑田はまだKKドラフトの余熱が残っててダークヒーローのイメージでした。昭和63年の話です。

 

まあ、令和の今でも私はあんま好きじゃないですけどね。笑

片岡チャンネルの桑田は関西のおっさんでカワいかったです。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-赤辞苑, 選手名鑑

Copyright© カープファンの構想と妄想 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.