プロ野球開幕延期「観客ナシでは球団経営が成立しない」

プロ野球の開幕が延期になることが決定しました。

私は正直たいへんビックリしました。

開幕投手の大瀬良大地は「想定していた」とのこと。大人だねぇ、大ちゃん。


 

開幕は再遅で4月30日

NPBコミッショナーは「遅くとも4月末までに開幕したい」「143試合は維持したい」と発言。

これに伴いクライマックスシリーズの中止も視野に入れていると言う。

なるほどねえ。重々理解できます。

 

オープン戦が無観客で、大相撲も無観客。

私はてっきりプロ野球も最悪「無観客で開幕」だろうと思い込んでいました。

でもよくよく考えてみたら、プロ球団が無観客で試合をする意味は全く無いんですよねえ。

 

だって商売だもん、プロ野球は。

プロ野球はプロフェッショナル野球。お仕事で営利活動です。

当たり前すぎて忘れてた。

観客がいない中、公式試合を開催することは無料で自社商品をバラ撒くようなもの

 

カープの2018年の売り上げは約180億円。

以下は私の大雑把な予想ですが、

・チケット収入60億円

・放映権料10億円

・グッズ収入60億円

・その他、50億円

くらいじゃないでしょうか。妄想です。内情は知りませんよ。

もしカープが無観客で公式戦をやると、たぶん100億円くらいの売り上げが吹っ飛んでしまいます。

こりゃ誰もやりたくないわな。

お客さんが来てくれてこその球団経営。ディス・イズ・プロ野球です。

 

延期で済まない可能性がある

巨人や阪神は放映権料でもっと稼いでいると思われます。広告料もカープよりずっと高いでしょうね。

パリーグは球団単独でなく横の繋がりを使って「パリーグTV」なるものを作りました。パリーグはリーグ全体で野球ビジネスを上手にやってるみたいですけど、それにしたってお客さんが来てくれないとプロ野球ビジネスは成立しません。

何が言いたいかと言いますと、

コレ、

 

開幕延期で済まない可能性がある

ってこと。

 

無観客試合を1年間続けるならカープの場合は100億円の赤字←推定

プロ野球を今シーズンだけ中止するなら選手たちの給料は遅配←カープの場合、十分あり得る。涙

 

無事4月に開幕できれば良いが、WHO(世界保険機関)は「パンデミックが現実的」と発表。

どうなる、プロ野球!?

中止にしても、無観客にしても、球団には大ダメージ。

カープの場合、会社倒産もあり得ます。

だって67人の支配下選手と既に年俸総額30億円の契約を結んでいますからね。

コレを払えないとは思えませんが、払ったら株式会社広島カープの体力は尽きるんじゃないかな・・・

「妄想です」と言いたいですが、さすがにちょっと心配です。カープは独立採算のクラブチームなのでね。

 

どうなるんだろ?

今回ばかりは樽募金では済まないです。

カープ球団だけが存続しても意味がないからです。

12球団が存続できないと意味がない。

コロナの猛威に対して準備不足だって言われても、こんなことまで想定していた球団はないでしょう。

 

もし球団経営、利益優先ならいつも通りの観客試合。「感染すればお客さんの自己責任」

もし安全優先、道徳優先なら12球団大赤字の無観客試合。「倒産すれば選手と従業員はタダ働き」

4月に開幕できない場合、どちらにも逃げ場はありません。

どうすりゃいいんだ、プロ野球・・・

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-がけっぷち

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5