栗原健太最後の打席は国民栄誉賞授与式の日だった[カープ名勝負列伝2013年5月5日]

2013年5月5日(日) 東京ドーム

巨人 1-0 広島

ゴールデンウィーク3連敗。対巨人3連敗。

なんだよぉ・・・

なんだってんだよぉ・・・


 

キモいセレモニー

時の首相、安倍晋三。

ナベツネ傀儡、長嶋茂雄。

ヤクザに1億、原辰徳。

松井秀喜に罪はない。

ああキモかった。テレビで子供に見せないでくれ。

やってもいいけど真っ暗な密室でやればいいのよ。

得意でしょ、アンタたち、そういうの。

 

試合は6回終わって0対0。

バリントンvs内海。意地の投手戦。

「3タテは 絶対イヤなの バリントン」

「長嶋に 勝って授ける 栄誉賞」

 

試合は巨人が先制します。ホセ=ロペスの8号ソロ。1対0。

やっぱ今年はボールがよく飛ぶなあ。なんかちょっとおかしいぜ・・・

 

慌て始めたカープベンチ

カープはここまで13勝16敗で4位。巨人は21勝8敗。8ゲーム差。

絶対に負けたくない一戦でした。8回表にノムケンが動く。

8番石原がヒットで出ると代走安部(23)。バリントンに代打倉。送りバントで1死2塁。

今日の1番は内海対策の赤松真人(30)。2012年の対内海は10打数1安打、打率.100。アレ?

今日もここまで3タコでした。

再び登場。ノムケン監督。

野村「ピンチヒッター、小窪!」

 

小窪ショートゴロ。菊池ショートゴロ。チェンジ。

それはいい。問題はこの次。

 

野村「セカンド小窪。2番ピッチャー今村」

 

じぇじぇじぇ?

菊池を下げるの? なんで?懲罰?

守備範囲の広い菊池は残しといた方がいいと思うけど・・・

今村、8回裏を三者凡退。

 

代打にも 炸裂するのか 左右病

9回表、1対0。巨人リード。

原監督は8回無失点107球のエース内海を代える。ピッチャー西村健太朗。

カープは3番梵から。

梵は詰まったファーストゴロ。しかしコレをロペスがエラー。無死1塁。

代走中東。うーん・・・延長戦も考えると梵を残したいところですが、まあそうも言ってられない気持ちは理解できます。

4番廣瀬は送りバントの構え。

「おいおい、送ってどうすんの? 次は迎で6番は堂林だぞ」

 

廣瀬はバットを引いてヒッティング。緩いゴロが三遊間を抜ける。代走中東は2塁を蹴る。

レフト橋本到は3塁を見ただけで2塁に返球。無死13塁。

 

代走中東が活きました。

ゴメンノムケンと思ったら、三度登場ノムケン監督。

 

5番迎に代わりまして代打松山!

一昨日慣れない1塁で3失策の松山。借りを返すチャンスですけど、ここはゲッツーのない丸佳浩(23)を先に代打で出すべきじゃないか・・・

松山はショートゴロ。3塁ランナー中東が本塁憤死。無死12塁。6番堂林に代えて代打丸。

 

「1塁の松山はそのままなのね。ベンチには天谷もルイスも残っているのに・・・」

丸は四球。1死満塁。

 

栗原健太、現役最後の打席

同点の9回。

1死満塁で打席には7番の栗原健太(30)

ここまで打率.207、0本塁打。スタメン出場は3試合ぶり。

 

だけど・・・

 

だけど・・・

 

だけど栗原なんですよ。

 

新井と黒田の抜けたカープを一人で守り続けてきた男。

ここでゲッツー打ったって私は批判しませんよ。

だって栗原のおかげだもん。今のカープがあるのは。

キクもマルも栗原がいたからここまで成長したんですよ。

 

栗原は結局サードゴロ。ボテボテすぎて本塁封殺のみでした。

さあチャンスが残った。8番は途中出場のレフト安部友裕。

 

ここで動いたのはノムケンではなく原辰徳。

マウンドの西村のもとに歩み寄る。

 

「チッ・・・目立ちたがりのボンボンが」

 

原「ピッチャー山口!」

 

じぇじぇじぇ?

クローザーをここで代えるんか!?

山口鉄也3連投!!

 

いやあ山口は壊れるかもしれんけど、コレはカープにとっては超イヤな作戦です。

残ってる野手はルイスと天谷。

 

カープの左で山口鉄也を打てるバッターはいません。前田智徳でさえ山口を打つことはできませんでした。

絶望・・・

安部友裕はサードゴロ。試合終了。

 

3連敗・・・

9ゲーム差・・・

なんて日だ!

※実はこの日が栗原健太、現役最後の試合となりました。2013年5月5日の東京ドーム。

栗原は翌6日に一軍登録を抹消。右肘の故障と闘い続けた栗原は、この日以後広島でも楽天でも一度も一軍登録されることはありませんでした。

 

野球が正直すぎると思います

ノムケンが対内海用に右打線を組む。

んで右のリリーフが出てくると左の代打を「松山」→「丸」の順番で使う。

んで左のリリーフが出てくるとベンチにはもう倉か白浜しか残ってない。

このパターンを何度見たことか。怒

 

確かに今はエルドレッドと前田がいません。

だから今、キクマル&堂林はガマンしなくちゃいけません。

堂林は勝負どころに限って代打を送ってもいいですけど、キクマルコンビは絶対にフル出場させるべきです。そのほうがカープは早く強くなれます。

丸はここまで打率.307、1本塁打、10盗塁。

菊池は打率.262、2本塁打、8盗塁。

コイツらの足と守備を使わない手はないと思います。今でしょ!

 

左右でキクマルを外しちゃいけません。安部は梵と併用で仕方ない。

できれば梵1塁、ショート菊池、セカンド安部で固定したいけど、たぶんノムケンはエルドレッドと岩本貴裕を使いたい。

さらに菊池の補殺数がおかしなことになっているので、セカンド菊池も最近ちょっと楽しくなってきました。

とにかく菊池はショートかセカンドかどちらか一つで固定したいです。私はまだ「ショート菊池」派です。

打順もできれば固定したい。梵が元気で全試合に出られるならキクマルは12番で3番に梵。梵に休養が必要ならばキクマルは2番3番です。

 

ノムケンよ、原のタツノリ采配を見よ。

9回2死でクローザーの西村を代える勇気。

安倍とナベツネに媚びたつもりか・・・ハラタツノリ

 

ん?

 

あれ??

 

実は原も単なる左右病だったのか。笑

 

つづく...

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-名勝負列伝

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5