ほとんど完璧だと思ってた森下も開幕を前にすると欠点が浮かんでくる

2020.6.14(日) PayPayドーム

ソフトバンク 9-3 広島

森下4回9失点。投げてるボールはどれも凄いんですが、どこかで何かが狂ってます。

今日はそれを分析します。細かいですよ。笑


 

クイックが苦手

前回のオリックス戦でも感じたことですが、森下は試合の序盤にカットボールを隠す傾向があります。投げないって意味。

解説の坊西にも絶賛されたカットボール。

これを使えばもっと球数を少なくすることができると思います。

隠すのも戦法なら初回からガンガン投げるのも戦法ですよ。

 

あとソフトバンクは森下のクセを見抜いているかのようでした。

チェンジアップを振らないし、ストレートに遅れてませんでした。

アツがソフトバンクの待ってるボールをあえて要求しているようにも感じました。

ストレートとチェンジアップは完全に見抜かれてフルスイングされてましたね。

カーブとカットはクセがバレてない様子でした。打者の反応を見ていて。

 

あと重大な弱点として、昨日の森下はセットポジションが良くなかったです。

クイックモーションは速いんですが、肝心の球威とコントロールがガタ落ちします。修正してほしい。

セットの時にストレートが150km→145kmくらいに落ちてました。コントロールも悪化。

しかし昨日の森下は「ランナー23塁」などの「クイックで投げる必要のない場面」でもセットポジション&クイックモーションをやっていました。

私はKJのように森下も振りかぶって投げるかと思ったんですが、森下はセットを選択。つまりコレ、森下は決してセットがキライじゃない証拠。

次も観察します、セットの森下。

 

ピッチング以外

・森下の送りバント

バントはうまい。無死12塁で一塁線への送りバント。

ソフトバンクのバントシフトが強烈だったことと、2塁走者アツのスタートがどんくさいことで3塁フォースアウトでしたが、森下のバントは100点でした。

ただしバントの名手というほどでもありません。1球目に3塁へバントしてファールだったため、2球目を1塁に転がしました。「投手にしてはうまいね」って感じですかね。

 

・森下のバント守備

ここまでの森下にはあまり目立った守備機会がありません。

「センター前に抜けそうな打球」とか「ファーストゴロの1塁ベースカバー」なんかをたくさん見たいんですが、なぜかここまでその機会は少ないです。

昨日は無死12塁で9番三森の送りバントがありました。

ピッチャー前のバント。アツは1塁を指示し、森下も1塁へ送球。

普通のプレーでしたが、森下の守備が普通だと物足りないのは私だけではないはずです。

 

・森下の牽制

牽制も普通でした。

昨日は1種類だけでした。牽制の型。

右足を引く牽制。ちょっと古くさい。笑

まだ手の内を隠している可能性も高いです。

森下の牽制にも私は非常に大きな期待を寄せていますよ。

 

・森下の打撃と走塁

さらに森下の打撃にも期待しています。笑

ある意味、私は4回9失点のピッチングより「2打席目のショートゴロ」のほうを悔しがっています。

ホームランボールやで。森下。

長打を打ってほしかった。

足は速い。そのショートゴロは正面の当たりでしたが、1塁アウトは間一髪でした。

 

バックへの影響

昨日は先輩たちの守備に足を引っ張られたって見方もあります。

森下の投げた4イニングで4つくらい守りのミスがありました。

上林のセンター前ヒットで2塁へ行かれたプレーも防いでほしかったです。記録は2塁打。

厳しい見方をすれば森下の投球テンポとリズムが悪い。100点満点ではありません。

ストレートと変化球を1球ずつ交互に投げてるからソフトバンク打線に読まれてファールで粘られる。メリハリが弱い。

ファールで粘られると守っている野手のリズムは狂うもの。

森下がルーキーであることを忘れてはいませんが、求めるモノは高いのです。

 

ソフトバンク打線

以前から思っているんですがソフトバンク打線は不思議な攻撃をします

森下にはタイミングドンピシャの打撃をするんですが、2番手以降の投手を全然打たない。

あとソフトバンクの下位打線の人は真ん中の球をファールして、インハイ&アウトローのウイニングショットをヒットにします。

 

ちょうど2年前の今日。2018年6月15日。ヤフオクドームのソフトバンク戦でこういうことがありました。

先発大瀬良が珍しく4回7失点KO。

7対0とリードされた6回7回に飯田哲矢が登板。

なんと飯田はここで打者6人から5三振を奪う好投

飯田のプロ野球人生で最も輝いた試合となりました。憶えている方も多いと思います。

 

単純に大差のついたゲームだったからかもしれませんが、ソフトバンクは「先発投手を攻略する時の圧力は強力だが、2番手以降への圧力はそうでもない」と感じました。

何が言いたいかというと、スコアラーのデータが強烈なんじゃないかな?ということ。

特に先発投手に対して。

日本ハムが第2先発とかやってんのもその影響かもしれません。

わかりませんけど、他チームとの試合ではあまり感じない圧力をソフトバンク戦では感じます。

 

まとめ

ま、カープはケガ人もなく練習試合を終えられたので、細かいところはどうでもいいや。笑

ほとんど完璧だと思ってた森下ですが、山本由伸と投げ合った時や強力ソフトバンク打線を相手にすると、ちっちゃい欠点が浮かんできます。

森下への期待値は15勝でしたがちょっぴり下方修正します。

 

14勝で!

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5