優勝したいヤツだけ聞いてくれ

銭のないヤツは俺んとこへ来い

俺もないけど心配すんな

見ろよ 青い空 白い雲

そのうちなんとかなるだろう

植木等

 

結論

結論。

クローザーは菊池ヤス。

2番打者はホセ=ピレラ。

以上。

もう1個奥の手がありますが非現実的なので最後にチラッと書いときます。

 

昨日の試合は一岡竜司が3連投で移動日ゲーム。

んでDeNAの佐野恵太に逆転満塁サヨナラホームラン。お見事でしたよ。高めのボール球をライトに引っ張ってホームランされたんですからもう何も言い訳できません。完敗で惨敗です。

 

9回表のカープの拙攻を攻める向きもありますが、私は逆に4対3のまま静かに8回9回をゼロで抑えたかったです。

カープの攻撃が中途半端に石田パットン国吉を攻めたのでDeNA打線を起こしちゃったんじゃないですかね。

2020.7.24(金)

DeNA 9x-6 広島 横浜

広島 101002020   6 16
横浜 200010015x  9   9

 

大瀬良大地の緊急降板について

大瀬良が2回2失点で降板。

松原トレーナーは例によって「詳しいことは言えない」とのこと。

妄想すらできません。立ち上がりカットボールが全球抜けており、ストレートは138km。

挙げ句の果てにはオープン戦で諦めたチェンジアップを多投するなど苦心の投球でした。

1回より2回の方がまとまりが出てきたので、大瀬良の修正能力が発動したと私は感じました。

しかし3回裏の守備からケムナに投手交代。

軽傷だと思いますよ。2回表の打席に立ちましたしね。

 

開幕からコンスタントに1試合100球以上投げているのは大瀬良と森下だけ。

んで2人ともアクシデントを発症しました。

これで酷使だ何だは違うと思います。

森下の130球はダメ。先週まで新人でしたから。

大瀬良の130球はOK。中6日だから。

130は極端だとしても120球はコンスタントに投げてもらいたいですよ。エースならね。

 

DeNAのように負けていても石田パットン。巨人もそういう継投をする。

こっちの方が危険ですよ。

先発投手が中5日ならいざ知らず、中6日120球は友達なら当たり前。アルシンドです。

 

ケムナと塹江

ケムナが3回1失点5三振。

DeNA寄りのアナウンサーは「速い凄い」を連発してましたが、昨日のケムナは50点でした。

ストライクボールがハッキリして球も高かった。ケムナの実力はあんなものじゃありません。緊急登板で気の毒でした。よく粘りました。

 

塹江敦哉。

阪神戦の1発は言い訳できました。サンズを詰まらせましたので。

しかし昨日の1発は許されない1発。

8回裏、6対3。先頭打者は3番ロペス。

初球のスライダーが低めのボール。

2球目のシュートが抜けてド真ん中。ロペスは気持ちのいいフルスイングでレフト上段にソロホームラン。

一番いけないのは初球のスライダーです。

好きな言葉じゃありませんが「入りが悪い」というやつです。

3点差とは言え無責任なピッチングでした。10年早い。

塹江は今、佐々岡の信頼度ナンバーワン投手です。チャンスを逃すな。もったいない。

 

一岡竜司

一岡は6月19日の開幕を二軍で迎えました。

ケガではないと思うんですが佐々岡は今村と中﨑を優先しました。

全然悪くないですよ。私も今村、中﨑、一岡と、あと菊池ヤスの4人は完全に同じ信頼度です。もっと言うと大瀬良KJ九里も同じ信頼度。これがカープの神セブンです。←古い

だから5失点の一岡を攻めることはしません。一岡竜司はカープのベストピッチャーです。

 

優勝したいヤツだけ聞いてくれ

塹江敦哉と堂林翔太が今年の新兵器。

ケムナは昨日の試合でレギュラーに到達。

私が7月3日に言った「島内はあと1ヶ月」から3週間経過。島内颯太郎の完成まであと1週間です。

 

大盛穂が一軍昇格。代打でピーゴロでしたが大盛の武器は足と肩。代打も悪くありませんが、昨日のような使い方をすると接戦を落としますよ。

昨日も9回裏のレフトはホセ=ピレラでした。ピレラもヘタじゃないですけど野間と大盛がいるなら守備固めを出すべきです。ピレラの守備力はC。野間と大盛はB。

 

堂林翔太が1軍の首位打者なら、2軍の首位打者は中村奨成です。

つべこべ言わず1軍に上げましょう。

育成のためでもあり、1軍の勝利のためでもある。

落とすのは誰でもいい。大瀬良でもいいし10日間だけなら坂倉でもいいです。

とにかく中村は今の選手です。

先発マスクでもいいです。日曜は同級生の遠藤です。雨ですが今日も明日も試合はできますよ。

 

あとはキク。

昨日も大ファインプレーにセンター前ヒット。

よくやってます。

しかし去年から1番の弱点になってるのが2番キクなのです。

ボール球を振るし、走る姿も痛々しい。

2番の代わりが誰かと言われればホセ=ピレラですよ。

キクは7番。田中が8番。たまに安部と三好が先発すればいいでしょう。タナキクを最前線に配置するのではなく、後方支援に配置しろっての。

 

奥の手。

鈴木誠也の野球センスに感心します。

初回のフェイクと9回裏の3塁送球です。

選手兼任監督できるんじゃないか。堂林を育てたのも誠也ですし。

やりたくない?

そうですか。こりゃまた失礼しました。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-構想

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5