あわてないあわてない。一休み一休み。

2020.8.8(土)

広島 2-1 阪神 マツダ

9連戦の5試合目。大瀬良vs西。

2対1で勝ちたいと思って2対1で勝利。

これは強いチームです。観客5000人ですけどマツダで勝てるようになってきたのは大きいです。


 

守り勝つ野球

「7番セカンド菊池涼介」を始めてからカープは3勝1敗です。

んで3勝した試合は全部1回に点を取ってます。

2番打者が機能しているという意味。

いつまでも続くわけではありませんが、龍馬堂林長野羽月が出塁して誠也が打ったり松山が打ったり。

 

先制するとどうなるか?

ピッチャーがラクになります。

「同点まではOK」のストライク先行ピッチ。

 

ストライク先行するとどうなるか?

タナキクの守備が輝きます。

 

守備が輝くと流れが良くなりテンポが上がる。リズムも上がってビールもウマい。←今ここ

実にイイ雰囲気である。

実は私はビールを飲めない。昔は好きでした。

 

勘違いしないでいただきたいが、キクの守備範囲が狭くなったというのはあくまで「異次元じゃなくなった」って意味ですよ。

3次元の世界ではキクの守備範囲はまだ世界ナンバーワンです。

 

西に勝った

私は西に勝つため守備を固めようと提案しました。

勢いに乗る羽月ではなく、安定と確実の菊池を7番セカンドで先発させたかった。

すると羽月は2番サードで先発出場。なるほど、その手があったか。

 

羽月はサードもショートもセカンドと同じレベルで守れます。

昨日もサードライナーを捕ったり、大瀬良のワンバン送球を止めたり大活躍でした。

羽月の師匠も盗塁を刺したりゲッツーを取ったり大瀬良を助けたりと大活躍。7番キクがチームの中心で内野のリーダーです。

 

7回表。西に代打を送った矢野。ありがとう、アホやなあ。笑

佐々岡が大瀬良に代打出したら私はキレます。

九里に代打を出した時もキレました。

 

プロ野球はペナントレース。

同点でエースに代打出してたら最後まで完走できませんよ。

畠を引っ張った原は偉い。

しかしそれでもまだ巨人の先発投手は足りない。増田投手はこれから忙しくなりそうですね。ぷくく・・・

 

ジワジワ追い詰めよう

カープは大瀬良が帰ってきた。フランスアと島内も上がってきた。

KJはもう1度様子を見たい。石原と組ましちゃダメですよ。進歩がない。

 

チームはまだ全然焦らなくて大丈夫です。今は8月ですがまだペナントの3分の1です。

層の薄いチームは落ちてきます。その場しのぎのトレード野球に育成野球が負けるはずありません。

 

先発投手を100球で降ろしたり、同点で勝ちパターンを出さなくて良い。

先制点を取り、ストライク先行で長い回を投げよう。

 

そうすれば流れを掴めます。

昨日は1点差で8回塹江、9回フラでした。

どうですか、皆さん。

打たれる気がしなかったのと違いますか。

 

塹江とフラはいつもと同じ内容なのに安心感がありました。それはなぜか?

もちろん答えはカープが勝利の流れに乗っていたからですね。

カープが先制した、阪神が先にエースを降ろした、カープにエラーがなかった、羽月がデカい声を出していた。

いろんな要素が混じり合って、チームに負ける雰囲気がなかった。

勝利だけを目指してチームが一つになっていた

だからリリーフ投手も打たれる気がしない。負ける気がしない。打球よ、オレのとこに飛んで来い。

 

コレですね。

若い人もオールドファンもみんなが知ってる強いカープはコレですよ。

一体感が出てきました。

だから全然焦ることはない。

こっちはストライクだけ待ってジッとしていればいい。相手の方が落ちてきます。

 

今日の予告先発は遠藤vs秋山。

しかし広島は雨予報。

ジッとしていればいい。

あわてないあわてない、一休み一休み。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5