もしカープが「常勝」を義務づけられていたら・・・

2020.8.18(火)

広島 3-4 DeNA マツダ

九里亜蓮5回4失点。

中継ぎ投手4回無失点。

九里はゴロのヒットばかりで打たれた気がしません。


 

打ち勝つ野球はカープに合わない

DeNAの4点でタイムリーらしいタイムリーは宮崎のエンタイトルツーベースくらい。

あとは内野ゴロと犠牲フライ。

実に素晴らしい。羨ましい。

このブログのコンセプトは「スモールベースボール」です。

足で稼いで守備で締める広島野球。

今はやりのフライボール革命とか2番強打者理論とかクソ食らえなのです。

私の古い野球観では足の速い選手が1番2番。4番に最強バッターです。

 

2018年からカープの野球が変わり始めました。

2連覇を支えた投手陣が疲れて逆転勝ちが増えました。

これで「逆転のカープ」「打ち勝つ野球こそ正義」という間違った野球観がカープファンにも浸透しました。

折しも2018年は申告敬遠が導入され、DeNAのラミレス監督は2番大和に代えて2番に宮崎やソトを起き始めました。

同じ頃、緒方監督は若手の岡田と薮田を早々に交代させてフランスアを月間20試合に登板させました。

カープは常勝軍団ではありません。育成軍団です。

外国人を酷使するんじゃなくて、若手をガマンする球団でした。←過去形

だから弱くても応援できたんですよ。

 

それをやんないで、外国人に頼ったり、長野を補強したり、

無死12塁で策もなく松山會澤菊池を打席に送って「ヒットを待つだけのビッグベースボール」をやるチームはハッキリ言って好きじゃないのですよ。

 

この話、何度も書いたので耳にタコでごめんなさい。

野球はヒットの数を競うスポーツではないし、

日本のスモールベースボールはホームランに頼らない、1対0で守り勝つ野球だったはず。

菊池のフィルダース・チョイスは松山がベースに入らなかったからであり、

ソトのホームインは長野が緩慢なわけではなく、その前のロペスでゲッツーを取れなかった田中の責任であります。

 

もう後がない

巨人は1対0で勝利って新聞に載ってましたけど、

コレって・・・

ウソでしょ?

新聞が間違えたんでしょ?

 

菅野智之が8勝0敗。ERA1.54。

ウソでしょ、あの球で。いつでも打てるぜ、あんなの。

 

斎藤雅樹に並ぶ開幕8連勝。30年ぶり。

あん時も斎藤はわざわざカープを回避して20勝してたっけな。

菅野もカープを回避して8連勝。変わんないぜ、常勝軍団。

 

もしカープが育成軍団でなく常勝軍団だったら・・・

ベテラン野手をトレードして抑えピッチャーでも補強するのかな?

伸び悩む若手をトレードして外国人バッターでも補強するのかな?

うーーーん・・・

応援できるかな。

自信ないな。

 

最近よく批判してますが、會澤も好きですよ。

タナもキクもリスペクトしてますよ。

だけど江夏豊を放出して大野豊が台頭しましたし、

高橋慶彦を放出して野村謙二郎が台頭しました。

 

トレードで追い出せって意味ではなくて、5~8番が松山會澤キクタナのままなら今年もまた負けそうだなと思うだけです。

堂林に1本出ました。

9回裏の誠也もタイミングは合ってました。紙一重でした。

野間は走ってほしかった。

 

打てないことは仕方ないです。

打つだけの野球がつまらないってだけですよ。

8.5ゲーム差でもう後がありません。

常勝軍団を目指すならトレードもあるでしょう。

育成軍団を目指すなら6回のアツキクに代打を送ってほしかったです。

 

今日はノムスケvs濱口。

私はレフト野間で失点を防ぎたい。んで3対2で勝ちたいです。

でも佐々岡は今日も3番レフト長野で5対4を目指すんでしょうね。もう知りません。勝手にどうぞ。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5