上本崇司は明治の先輩で、堂林翔太はトリプルスリー。

2020.8.28(金)

広島 4x-3 阪神 マツダ

まだ借金4で5位ですけど、昨日はターニングポイントになる試合かもしれませんね。

「たった1試合」とか「そう甘くない」とか、私も野球経験者でオールドファンです。色々知ってることもありますけど、昨日言ったヤングカープにはこういう雰囲気がいいのかもしれませんよ。新井貴浩を見ればわかるじゃないですか。

「大人の野球」より「勢いと若さ」

「勝ち方を知る」より「ユルい雰囲気」

ドラマティックなアバウト野球の方が現代っ子には向いてるのかもしれませんねえ…


 

誠也の打席で盗塁が始まった

8回裏3対2。カープ1点リードでカープの攻撃。2死無走者。

3番堂林が四球。2死1塁。

ここで打席に四番の誠也。

2球目。

なんと堂林がスタート。完璧なスタート。しかも投球はフォーク。

慌てた梅野バズーカは大きく逸れてセンターへ。堂林は一気に3塁到達。

誠也はセンターフライに倒れてカープ得点ならず。

 

ほとんどのスポーツニュースがスルーする攻撃なんですが、私はここを大きくフィーチャーします。

なんでか?

誠也の打席で1塁ランナーが盗塁するという攻撃が実に画期的だからです。

一昨年は覚えていませんが、昨年はおそらくゼロ回でした。

まあ3番打者がバティスタでしたけど。

でも1番打者は龍馬や野間でしたし、シーズン後半に「3番誠也」になってからも2番キクが走る場面はありませんでした。

 

2020年。誠也の打席で1塁走者が走ったのは今季2回目です。前回も堂林でした。

とてもイイことだと思います。誠也が歩かされるから今までは走りませんでしたが今年は走りますよ。

 

森下の勝ち星

森下の勝ち星が消えたとか、新人王がどうのとか。

アホなこと言ってる場合じゃありません。

カープにはそんなこと考えているヒマはない。

 

阪神が粘って9回に追いつき、森下の勝ち星が消えました。

 

あのな矢野燿大・・・

 

その粘りは巨人戦でやんなさい。

 

森下の勝ち星をクローザーが消したのはこれで3回目ですかね?スコットとフラ。

こういうこともある。カード頭のエース対決。

これがカープ流のエースの育て方。英才教育。

中6日のエースが「6回3失点」で勝利投手になると私は気持ち悪いです。甘ったれんな。

森下は先発完投タイプ。7回で降りた自分が悪いのだ。デーゲーム前日にリリーフ投手に負担をかけたと反省せよ。

 

その森下の勝ち星を消したのがフランスアと上本崇司。

本当はファーストとレフトに守備固めを送らないベンチと、淡泊なグラブトスをしたキクにも文句ありますが省略。

明治明治って言いますけど、密かに上本崇司も明治大学出身。

上本は森下の大先輩なのであります。

全然そんなふうに見えませんけどね。

たぶん上本は森下に御馳走する金もない。推定年俸900万。

一発ギャグで許してくれ、森下君。

 

攻撃の連動が始まったか?

たまたまだと思うんですけど、昨日の試合では代走野間が非常に効果的に作用しました。

9回裏3対3。カープの攻撃。投手岩崎。先頭打者は5番松山。

守備固めを出さずに松山を残してT大山の当たりがライト前に抜けたわけですが、その松山がヒットで出塁。

無死1塁。代走野間で打者ピレラ。

ピレラには送りバントなし。ポップフライで1死1塁。

1回表のキクはバントするのに、9回裏にバントしない佐々岡カープ。攻撃に一貫性がありません。行き当たりばったり。

1死1塁で7番坂倉。

二遊間にゴロが飛ぶ。上本兄がダイビングするも2塁へは投げられずオールセーフ。1死12塁。

代走野間が活きました。

 

1死12塁。

続く8番上本崇司。

阪神の外野は超前進守備。至極当然。一打サヨナラ。ランナー野間。

私はあの位置でもセンター前なら野間を回せと思ってました。

そして上本崇司の当たりはセンターオーバー。

カープサヨナラ。上本涙。

 

T近本が定位置なら捕れていたでしょうね。

でも近本は定位置に守れない。サヨナラだから前進守備。

んで走者野間ですから外野はさらに一歩前。

男子トイレじゃありませんが、俊足ランナーが2塁の場合、外野は一歩前へ出なければなりません。

それがヒットゾーンを広げ打者を助けるのです。黄金時代の連動攻撃でした。

DeNA戦で野間が3盗をしかけていたことも岩崎の手元を狂わせたかもしれませんね。

走者と打者との連動を見たのは本当に久しぶりです。今までなかった足を絡める攻撃でした。だから今シーズンはずっとホームランでしか得点できませんでした。

 

上本崇司、涙の初ヒロイン

アナ「上本さん、お立ち台というのはこれまで経験ありますか?」

上本「通訳としてはあるんですけど」

絶対それ言うと思ったわ。笑

猛打賞をチャラにしたトンネル、こないだのバントゲッツー、インタビューで出てくる言葉はヒーローのそれではなく反省の弁ばかり。

プロ初のヒーローインタビューでここまで謝ったヤツは上本が初めてじゃないでしょうか。笑

上本らしくていいですよ。

 

ま、しかし実際ショートはちと厳しいかなあ。

キクをショートで上本をセカンドにするのも考えてほしいなあ。マジメな話ですよ。キクはメジャーに行ったら全ポジション守るって言ってたじゃん。

上本は肩が弱いから捕球を急ぐ。だから腰が浮いていつも守備が軽く見えるんですよね。

昨日のキクのグラブトスも「チェンジアップ気味」でしたが、やはり上本は捕りに行きますもんね。

 

高校時代の上本崇司はショートの名手でした。

私の記憶では「弟がお兄ちゃんに勝ってるのは肩だけだなあ」と思うほど、強肩でした。

今は弱肩。田中より弱いかも。

上本の打撃を活かしたいからショート起用なんですが、このまま我慢するかセカンドに回すか難しいところ。

ガマンして上手くなるのを待つ作戦も支持しますよ。

とにかく小園がいないのでタナキクに代えて羽月と上本をガンガン先発起用するべきです。

 

堂林、12本塁打9盗塁

シーズン折り返しで堂林の打率が3割、12本塁打、9盗塁。

120試合しかありませんが、うまく行きゃトリプルスリー狙えます。盗塁はイケる。

 

今日は大瀬良vs藤浪。

 

ハッキリ言って

 

サービスデー。

 

しっかり勝とう。8対1。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5