ロッテ快進撃の秘密を探る

私はパリーグ音痴です。

何も知りませんが今日は千葉ロッテを語ります。

スポーツニュースで連日

「ソフトバンクを3タテ!0.5差!」

「得失点差がマイナスなのに貯金10」

「ジャクソンの穴を唐川が埋めている!」

なんて騒ぐものですから、ちょっと気になって調べてみました。


 

エースも抑えも特別じゃない

たいへん失礼ですが千葉ロッテ。

エースも抑えもたいしたことありません。←失礼

本当にスミマセン。試合を見ず記録だけを見てこの記事を書いてます。

今年は交流戦もないのでロッテの試合を1試合も見ていません。

 

まず先発陣。

規定投球回に達しているのは開幕投手の石川歩(32)ただ一人。12試合で6勝2敗。ERA3.82。QS率75%。

他の先発投手はFA移籍の美馬(33)、2年目の小島おじま(24)、岩下(23)、二木ふたき(25)、中村稔(21)など。

エース候補種市(22)は離脱中。

みんなまずまずの好成績とも言えますし、ドングリの背比べと言えなくもない。

ハッキリ言って千賀晃大、山本由伸、則本涌井の活躍に比べれば地味としか言いようがありません。

 

リリーフも苦しい。

故障者続出。

内竜也(35)はトミージョン?今季絶望?

佐々木千隼(26)とベテラン大谷(35)はどこ行った?

昨年復活の気配を見せた西野(29)も今季登板ゼロ。

んで新外国人のジェイ=ジャクソン(32)が開幕直後に退団。なんか責任感じるわ・・・

左殺しの松永(32)もいない。サイド転向の成田翔(22)も全然アカン。

 

投手陣をまとめると

先発投手防御率 4.44

救援投手防御率 4.17

ハイ。パリーグ5位です。

 

打線はもっと弱い

防御率は5位でもチームは2位。首位に0.5差。

てことは打線が強力なのかな?

チーム総得点は292。パリーグ3位。普通。笑

四番は安田(20)。清宮と村上のライバルで中村奨成とタメ。

安田君の成績は.221、5本、30打点。得点圏打率も.230。

安田君は57試合に先発し42試合で四番を張ってます。んでこの成績。とても地味です。

当たった時の打球はハデですよ。でもまだ「四番として育成中」のイメージです。

 

他も小兵。

鈴木大地が中村奨に代わっただけのようなイメージです。

あの鳥谷敬(39)もけっこう試合に出ています。荻野貴(34)はまたケガ。

一発もなければ足もない。元陸上部の子だけは昨年の周東みたいですけどね。

 

ロッテの際立つ数字はコレ

ロッテが特別「接戦に強いか?」と言われると私にはわかりません。

試合を見てないですから。

ただ数字だけを見ていると、異様に際立つ数字がありました。

 

それは・・・

 

コレです。

 

私の大好きな

 

四球獲得数。

ロッテは目に見えて飛び抜けてます。

■チーム全体で獲得した四球の数

ソ 227

ロ 314

楽 263

日 259

西 238

オ 219

ちなみにセリーグの1位は巨人の238個。

カープは12球団ワーストの201個です。

 

ロッテのチーム打率は.244。しかし出塁率は.347へジャンプアップ

IsoD(出塁率-打率)が.100を超えたら四球王で出塁王クラス。

昨年「最高出塁率」のタイトルを獲得した鈴木誠也と近藤健介のIsoDは「.120」でした。

今年のロッテはチーム全体で「.103」

チーム平均で「いい頃の田中広輔」みたいな数字をたたき出していることになります。イヤらしいチームです。

 

勝つのが上手いのかな

ロッテのチーム盗塁数は55個。12球団トップ。

とはいえ年間100個ペースですし、あの陸上部の子が一人荒稼ぎしてるだけでチーム全体としては「あんま仕掛けてこない」というイメージです。

守備力はまあ「普通」でしょうか。

 

コーチ陣も渋いですね。

鳥越ヘッド、吉井理人は優勝請負人。

勝ち方を知ってる人たちですな。

チーム防御率5位で得点は3位。んでチームは今日にも首位奪回。

羨ましいぜ。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-構想

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5