白濱裕太のプロ野球人生

2020.9.10(木)

広島 2-1 ヤクルト マツダ

終わらない。終わらせたくない。

僕らは前を向くんだ。

それが夢物語でも・・・走り抜け、見上げた空に!!


 

トミタ栞さん「エンドレスゲーム」

ハイ。言わずと知れたJ SPORTSの2020年テーマソング。

今年からでしたっけ?去年もこの曲じゃありませんでしたっけ?

コロナ騒ぎですっかり忘れちゃいました。

いいメロディでステキな歌詞です。ポジティブで前向きで諦めない。

このブログのコンセプトにピッタリ

勝手にこのブログのテーマソングをトミタ栞さんの「エンドレスゲーム」に決めました。

来年もこの曲で走り抜けることにします。トミタしおりさんと読みます。26歳。

誠也の1個年上で野間の1個年下。岡田明丈やフランスアと同い年です。

 

鈍足打線で2対1

4回裏、誠也松山長野がクリーンヒット3連打で1点先制。

なお無死12塁で坂倉三振。田中ポップフライ。2死。

終わったかと思えば森下が死球で2死満塁。

1番に返ってピレラ。カウント2-2から148kmストレートを空振り三振。力勝負に負けました。

ヤクルトの高橋奎二は今季キレがスゴいです。コイツは坂倉世代の一つ上。森下世代。

1回に3四球もらった1死満塁のチャンスも逃したカープ。

この時、イヤーな予感がしたのは私だけではないはずです。

 

7回裏。大盛登場!

昨日は終始ボールが高かった森下暢仁(23)。

しかし山田哲人も村上宗隆も森下を仕留めきれません。

特に5番の塩見君が大ブレーキで4タコ。カープとしては助かりました。

青木や坂口が12番で、快速塩見君が5番だと相手チームはとてもラクですよ。

 

なんやかんやで2対1。

「シングルヒット3本でやっと1点」のアホ攻撃で先制し、

あたしの嫌いな「ピレラとキクの12番コンビ」が決勝点を挙げました。

キクの引っぱりは3塁線を抜ける2塁打になりましたが完全な結果オーライ

1死3塁の基本は「センター返し」か「高めを外野フライ」です。それを「変化球引っかけてサードゴロ」って完全に打者の負けです。アホ野球。

3塁走者の大盛もギャンブルスタートを切ってましたから、普通の3塁手なら得点になっていませんよ。とってアバウトな野球です。

んで2対1、勝ち越し。ディス・イズ・最下位争い。

ケムナとフラがピシャリと抑えたから気持ちよく終われましたが、カープの攻撃もヤクルトの守備も低次元の争いでした。

7回表のギアチェンジした森下は見事でした。

7回裏の代打大盛のツーベースとピレラの進塁打は良かったです。これらは実力です。

 

8回表。ケムナ登場!

ケムナ誠、プロ初ホールド!

と思ったら、え?

2個目?

ああそうですか。

しかし昨日は2対1の8回表に登板。前日塹江が30球だったため。

ヤクルトの攻撃は1番から。5者凡退でピシャリ。笑

シブかったです、ケムナ。黒田博樹みたいな雰囲気です。

ケムナって吠えますよね。アレがカッコいいです♡

 

9回表。白濱裕太登場!

んで2対1の割にダラダラ感満載の試合もやっと9回。夜の9時すぎ。

キャッチャー會澤がファール直撃の脳震盪(?)。タンカで退場。

ベンチに残る捕手はただ一人。

白濱裕太(34)

小窪哲也と松山竜平とタメ。

芸能界では相武紗季ちゃん、加藤ローサちゃん、蒼井優ちゃん、上戸彩ちゃん、松田翔太にウエンツ瑛士。

だからどうした、無関係。

 

とにかく白濱裕太、34歳。

先月、石原慶幸がケガした時、代わって一軍昇格したのが白濱でした。

「な、なんで白濱なんだ?」

と驚いたカープファン多数。

 

そもそも昨年のドラフトで捕手2名を獲得した時、第2次戦力外通告を受けたのは船越涼太(25)でした。

「な、なんで白濱じゃないんだ?」

と驚いたカープファン多数。

 

説明しよう。

白濱裕太の役割は「一軍レギュラーを勝ち取ること」ではないのです。

「安月給で(←重要ポイント)一軍レギュラー捕手の控えでい続けること」が白濱の仕事なのであります。

バカになんかしてませんよ。

立派なお仕事で、控え捕手というのは非常に大事な役割。ディスイズプロ野球選手。

 

去年までなら會澤翼と石原慶。

今年は會澤翼と坂倉将吾でしょうか、広島カープの正捕手は。

この二人がもし揃ってアキレス腱断裂の大ケガをした時、代わりにマスクを被るのが白濱裕太の役割なのです。

 

磯村がいるやん。

新石原もいるやん。

ええ。いますね。

 

でも控え捕手が白濱裕太でないといけない理由は、

「長期間マスクをかぶれる」

という一点です。白濱裕太がプロ野球界を生き抜ける理由はココなのです。

1試合だけなら磯村でいいんです。

しかし正捕手が1ヶ月離脱する場合、「磯村と船越では心許ない」とフロントは判断したのです。

カープのフロントは白濱を「正捕手が長期離脱した時要員」としてカープに残しているのです。

 

たぶん来年も大丈夫じゃないかな、白濱裕太。

持丸君はけっこう頑張ってるけど、新石原は意外に二軍での出場機会が少ないです。

高校の後輩、中村奨成は今年一軍デビューを果たしましたが、まだ白濱をクビにするところまで成長してないと見ます。打撃は一軍レベルですけどね。

 

それほど白濱裕太のキャッチングには定評があるのです。肩は知らん。ぼそ

昨日もよく頑張りました。

プロテクターのファッションセンスがなんかミステリアスでした。アルフィーかよ・・・

 

あんま言いたかないんですが、このオフはまた若い子をクビにしないといけないんですよ。

野手では長野久義と小窪松山白濱らが最年長。おっと石原。

投手ではマエケン世代の中村恭平が最年長ですからね。32歳。

白濱どうなんのかなあ?

桒原も平岡も油断できん・・・

終わらない、終わらせたくない。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-がけっぷち

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5