西川龍馬復帰後即3安打も5番打者はちょっとどうかな?というハナシ

2020.10.11(日)

広島 7-4 ヤクルト マツダ

7対1の7回表にケムナを3連投させ、7回途中からセットアッパー塹江に33球も投げさせた佐々岡。

さすがの愚将っぷりである。いい加減にしろ。怒


 

黎來と樹也

先発の中村祐太はボールが高かったが審判のジャッジ(5回の山田)にも助けられ6回1失点。

7回表で7対1。カープ6点リード。

ケムナと塹江を休ませる絶好のチャンス。

ベンチには2日連続無失点の藤井黎來がいました。

プロ初登板後に調子に乗って、藤井黎來はつい

「今シーズン中に勝ちパターンに入りたい!」

と発言しました。

 

なに?

 

「今シーズン中」とは言ってないですと?

 

言ってますよ、心の中で。

その気がないヤツはグラウンドを去れ。

慶彦イズムに消化試合の文字はない。

 

さらにこの日昇格した高橋樹也。

佐々岡お気に入りの中田廉。

チーム最年長投手の中村恭平。

俺のクローザー、菊池保則。

フレッシュな投手はたくさんベンチで準備してました。

それがよりにもよってまさかのケムナ。6点リードの7回表にセットアッパーケムナ誠が3連投。

アホか佐々岡・・・

小心者にも程がある。

 

3連投だけじゃありません。ケムナはこの1週間で7試合中6試合に登板しています。

10/4(日)、6(火)、7(水)、9(金)、10(土)、11(日)です。確かに3連投以内だけれども…

ちなみに6試合の投球数合計は103球であり、去年私が「ケムナを出せ、塹江を出せ」と言っている時に「遠藤、遠藤、雨、遠藤」でせっせせっせとケムナと塹江を温存していたのも佐々岡真司である。

 

西川龍馬の打順について

西川龍馬が47日ぶりに一軍復帰。

即5番センターで先発出場。4打数3安打。

第1打席のライトフライも含めて、どれも龍馬らしい「ミスのない打撃」で良かったと思います。ボール球もよく見逃せてましたし。笑

守備は抹消前と変わんないですね。エリアが狭く肩も弱い。

打てるようにはなりましたが、守るのはまだ完調ではない様子です。

 

昨日は1番レフト宇草だったので龍馬は5番センターでした。

コレ、大盛が出場するときはどっちがセンターなのかな? 私、ちょっぴり気になります。

私ならセンター大盛です。守備力全部、大盛が上ですから。

しかし龍馬の負担を考えると守備位置コロコロもしたくない。ならばレフト大盛もあるかもしれません。

 

さらに気になるのは龍馬の打順です。

誠也が3番なので朝山は安易に龍馬を5番に入れました。

私はこれはあまり良い作戦だとは思えません。

昨日は6番捕手がアツでしたが火曜日は坂倉です。投手は九里ですし相手は左に弱い菅野ですし。

 

誠也を四番に戻して龍馬を3番にするとか、

田中を1番、龍馬を2番、宇草を7番とか。大盛も菅野キラーですよ。

私は決してジグザグ打線が好きではありませんが、それでも「4番松山、5番西川、6番坂倉」の並びは危険です。対菅野には強いですが、左のリリーフに弱いからです。

過去の朝山采配を見ていると、坂倉には代打長野を出せても松山と龍馬には代打を出せないと思います。

同点の2死満塁で松山vs中川。

ここで代打長野か代打會澤を出せないと接戦を落とす可能性が高まりますよ。

逆に言えば松山に代打長野を出せるなら、右の先発相手に左偏重打線を組んでも異論はありません。

 

ブルペン再構築へ

とにかく6点差でケムナを出すんですからカープは連勝できないはずです。

来季はブルペン再構築が必要ですね。

今村・中﨑・フランスアは来季もいないものとして準備しないといけません。

新守護神は島内颯太郎でいいと思います。もう1枚はフランスア。

塹江は8回。ケムナは前にするか後ろにするか、本人の意向も聞いてみたい。

 

ドラフトで先発型の早川君が獲得できれば彼は当然先発ローテ。

くじを外せば日体大の森君か亜細亜大の平内君あたり。彼らはおそらくリリーフタイプです。

 

クローザー候補は島内、フランスア。私は菊池ヤス復活も諦めていませんよ。総合力の高い投手ですから。

塹江はセットアッパーが最適。昨日もそうですがランナーありの場面にも送り出せる制球とフィールディング。

中村恭平、藤井黎來は完全に一軍定着。みっきーも使いやすい便利な投手です。

リリーフ型の新外国人を獲るのか獲らないのかわかりませんが、ジェイ=ジャクソンは偉大でしたねえ・・・

 

先発陣にも希望はあります。

佐々岡は5回裏の1死満塁で95球の中村祐太を打席に送りました。

これは先発投手に少しでも長い回を投げてもらうため。

「代打坂倉」でビッグイニングを狙わず、中村祐太を引っ張る作戦。これには私も賛成でした。

これができるならなぜケムナを・・・と思わずにはいられませんでした。←しつこい

来季は大瀬良・KJがいなくても6枚組める準備をしなくてはなりません。

5年目の高橋昂也は言うに及ばず、私が今一番見たい投手が来季4年目を迎える山口翔です。

まだ二軍でも投げられていません。イイダラボに行ったきり消息不明です。今年の最後にチラッとでもいいから投げてるところを見たいですねえ。一軍で。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5