森下暢仁、最優秀防御率のタイトルを狙う。

世間ではG戸郷とC森下の新人王争いがどうなるかについて議論が盛り上がっている。

戸郷は優勝チームで8勝5敗。2年目の20歳。

ただし規定投球回にはたぶん届かない。

戸郷はここまで15試で84回2/3。ここまでの平均投球回数は5回2/3。

規定投球回までには35回1/3が必要。残り4試合とするなら4試合連続完投が必要だからである。


 

森下は規定投球回をクリア確実

一方森下。

ここまで15試合に先発し8勝3敗。

投球回数は98回2/3。平均で6回2/3

残り4試合でわずか21回を投げればOK。平均5回ちょっと。こちらは楽々クリアできるでしょう。

世間では勝利数で新人王が決まると考えているようだが私は違う。

ここまで来れば新人王争いのカギを握るのは

【規定投球回をクリアできるかどうか】と、

【森下暢仁が最優秀防御率のタイトルを獲れるかどうか】

の2点だと思います。

 

森下に防御率のタイトルを獲らせよう!

私は新人王争いに大した興味を持っていません。

記者投票なので巨人有利に決まってる。いつもそうです。坂本のGGなんて真っ赤なインチキ。

私は最優秀防御率のタイトルに興味があります。実力で獲れるタイトルなのでね。

■現在のセリーグ防御率順位
1位 G菅野 1.89 (16試合114.2回)
2位 D大野 2.07 (16試合117.1)
3位 T西  2.18 (17試合124.0)
4位 C森下 2.28 (15試合98.2)

上位3人はさすがに大したものである。

俺の森下と肩を並べるなんて大したもんだ、うんだ。

特にこの3人は投球回数がスゴい。平均7回以上。エースたるものこうでなくては。

 

今ここで問題とするのは未来の話。過去はもう変えられない。

どのエースも残り4試合に先発登板することが濃厚。大野だけは5試合。後述。

俺の森下も4試合。

去年のドラフトで私は「佐々木朗希で行け!」と騒いでましたが、今じゃすっかり森下さ。笑

 

仮に森下が残り4試合を全部「6回1失点」で行くとすれば4試合合計は「24回4失点」となります。

この場合の森下の最終防御率は2.13です。規定もクリア。122回。

現在の菅野の防御率は1.89ですね。

菅野の残り4試合は対戦相手が「広島、ヤクルト、DeNA、広島」です。

いくらアホの佐々岡でもさすがにこれには気付いているはず。

 

前回のヤクルト戦で、佐々岡と朝山は1点勝ってるにも関わらず、4回裏に早くも円陣を組んで打線を鼓舞しました。

これは明らかに完全に

「森下に8勝目を付けるぞー!」

「おおーー!!」

の円陣でした。エンジン、エンジン、ブルンブルン。

 

菅野をボコる作戦

森下が6回1失点×4なら2.13。

単純計算で3位到達。

大野も抜かなきゃならないが、そのハナシは最後にします。

最初にボコる相手は菅野智之。ええ、今日の対戦投手ですよ。九里vs菅野。

 

よく聞けよ、朝山東洋。

カープは菅野と過去3度対戦して「ゾーンを上げて狙い球を打つ作戦」で菅野に2敗しました。

朝山の試合中のコメントはいつもこればっかし。ワンパターンのひとつ覚え。

コイツも慶彦にシメてもらわなきゃならない対象の一人です。ったく。

 

今年の菅野はコントロールが悪い。

ストライクゾーンには来るが決して「コースにビタビタ」ではない。そういう日は今季一度もない。

球威で押し切ったり、フォークとの緩急で抑えている印象です。キライだから全試合は見てないよ。

 

まず外スラや130kmのフォークでカウントを取り、140kmの速いフォークで空振りを取る。

左打者へのパターンはこれしかありません。あとは外角シュートぐらい。左への内角シュートは見たことない。

右への決め球もフォーク中心ですが、右には誘い球のスライダーが今なお健在。

菅野のスライダーは効き目が落ちてるが、右打者にはまだ少し通用する。内角シュートもちょっぴりウザい。「有効」という意味ですよ。

 

クイックモーションはあまり詳しく見てませんが、もともとそんなに得意な投手ではない。

「走るんならどうぞ」スタイル。セットは長いけどクイックは普通。守備も牽制も普通。

だから菅野相手には走らにゃならん。

またそこかよ・・・ってそれが命よ。慶彦カープ。

1塁ランナーがウロウロチョロチョロ。菅野から5点取るには実際に盗塁を仕掛けるより「走るぞ走るぞ」と見せてスタミナを奪いたいですね。

 

今日の打順

平時ならば「足と守りの大盛穂」を1番センターで使うのが私流の守り勝つ野球。ゲームプランは3対2。

しかし今日は守り勝つだけではダメ。

菅野から5回5点を奪いたい。菅野の防御率はこれで2.19となります。

具体的には5回までに打順3回り。27打者で7安打5四球くらいを菅野に浴びせたい。んで5点です。

■今日のスタメン
1番宇草7
2番田中6
3番誠也9
4番松山3
5番西川8
6番坂倉2
7番堂林5
8番菊池4
9番九里1

昨晩グッスリ眠って考えた作戦です。

7点取ったヤクルト戦とほぼ同じ打順。笑

巨人ファンに言わせれば「そう簡単にいくかよ」かもしれませんが、菅野相手に3対2では森下のタイトル獲得には繋がらない。

イチかバチか菅野をボコる作戦を目指すべきです。

守り勝つ野球はいつでもできる。

今日は打って勝ちましょう。足も使ってエンドラン。球場も狭いので大盛より宇草で行きましょう。森下の個人タイトルのためです。

 

菅野と大野の抵抗

とは言え、菅野もしたたかな男。

ヤツは今日も「試合の勝敗」より「自分の個人記録」を優先するピッチングをしてきます。

一昨年のCSもそうでしたし、2017年のWBCの時もそうでした。

チームのことより自分のことを優先して投げます。

今日はディスっていませんよ。これも立派なプロですよ。慶彦イズムもこうですよ。

 

だからヤツは「2点くらいOK」「勝敗もどうでもいいよ。俺はHQSやればいいんだろ」くらいの感じで来るでしょう。大量点はやんねーぞと。

具体的に言えば誠也と松山でアウト1個、龍馬と坂倉でアウト1個とか。そういうピッチングを仕掛けてきます。

だから今日のカープ打線は四球を選べると思うのです。

たぶん誠也と龍馬で3個。あとは田中と8番打者。

んでストライクゾーンを仕留めるのが宇草と坂倉の仕事。

今日はこの二人にチャンスメーカーではなくポイントゲッターを期待したい。

そういう意味で「レフトスタメン長野久義」もあるかもしれない。中川皓太が抹消中なのでね。

とにかく菅野は規定投球回数を今日にもクリアできる状況で、いつでも休むことができるのです。大量失点さえしなければ防御率1点台をキープできます。

菅野の残す対戦相手は広島、ヤクルト、DeNA、広島。

広島以外は防御率争いに無関係です。菅野は最後の広島戦を回避しようと思えばできる状況。

だから今日ボコらないと後がなくなるワケなのです。

 

そして大野雄大。防御率2位。

大野は実は11月に5試合目を残しています。大野は4試合に登板後、最後にもう一度「調整登板」が可能なのです。

これはかなり大野に有利。

去年ずっと防御率1位をキープしていたKJが最後の最後で大野雄大に逆転されたのも日程の妙でした。

実はその最終戦は広島戦なので、森下も中3日で行けないこともない。

黄金ルーキーの酷使はもちろんいけませんが、この最終戦を前に森下の防御率1位を確定させることは非常に難しい。

大野がこの先2試合連続大量失点とかしない限りは実質不可能なのです。

最終戦に大野が出てくればカープ打線が打って森下を援護する。これしか道は残されておりません。キッパリ

 

最後に3位の西勇輝。

コイツの残り4試合は中日、広島、中日、ヤクルト。

西の防御率はカープの力ではどうにもできません。これは落ちるのを祈るのみ。

むしろ西の防御率を良くしているのがカープなのです。対戦から逃げたいくらいですよ。笑

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-構想

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5