鈴木誠也と坂倉将吾の大チョンボ。試合に負けた気分ですよ。

2020.10.13(火)

巨人 3-4 広島 東京D

作戦失敗。大惨敗。

私は昨日「菅野から5点取れ」と言いました。しかし立ち上がりを見た時、

「いや、7点取れるな」

と思いました。

なのに結果はわずか4点。完全に作戦は失敗です。敗因は坂倉。


 

打線が線になってない

作戦自体は悪くありませんでした。

1番宇草で積極攻撃を仕掛け、誠也と龍馬は敬遠されるだろう。

そこを坂倉と宇草でスリーランを打てという作戦。

この「スリーラン」がちょっとマズかった。繋ぐ意識が足りませんでした。1回に誠也ゲッツー。2回に坂倉ゲッツー。これが菅野を助けました。

二人は自分で決めに行きましたね。

私もこの二人には「お前が決めろ!」と思って応援してました。

菅野のボールが打ち頃で美味しそうだったので、ちょっと焦りました。反省。

やはりカープ打線には「つなぎの意識」が必要です。

結局菅野は6回まで投げました。屈辱です。

若き巨人ファンは「QS達成だ、最低限だ、ワーイ」と喜んでるが、それは代走増田が抹消されたので菅野にもう1イニング行かせただけの話ですよ。ピッチャーが足りないだけ。

今日の先発も高橋優。長く持ってせいぜい5回。普通は3回。増田の抜けた穴は大きいのう。笑

増田がいなくても松原なんかも投げられそうだけどな。

 

九里とフランスア

九里はまあまあ良かった方かな。85点くらい。守備はあんまりマジに見てませんでした。

5回表の攻撃。カープ4点リード。打順は9番九里から。

私は「代打ピレラを出せ」と思いました。ここで菅野をノックアウトしたいから。

しかし佐々岡は九里を続投。あたりまえ体操。

結局九里は8回1失点。120球。あたりまえ体操。

 

フランスア。2被弾。

以前も言ったんですが、フランスアの武器の一つ「左打者への150kmツーシーム」

コレ、今シーズンはもう投げない方がいいと思います。

理由はフォーシームの威力が半減するからです。昨日も同様。

フォーシームが威力ないからスライダーもチェンジアップも打者に当てられてしまいます。

すると昨日のような事故が起きます。

 

小園の3塁守備

小園が今季初スタメン。サードでの出場は一軍では初。そうか、去年はショート一本だったからね。

二軍ではしょっちゅサードを守ってますよ。

打撃はイマイチ。相変わらずボール球をよく振るねえ。きわどいコースは全部振る。笑

菅野のタマだからファールできたけど、他のピッチャーなら三振するぞ。

サード守備はイイですね。セカンド守備はコミカルでしたが、サードはイイ。足が良く動いているので守備範囲が広い。昨日はスローイングも正確でした。4つサードゴロが飛んできましたが4つとも一塁手の胸にストライク送球でした。

守備範囲について補足すると、セリーグの三塁手の半分は「足が動かない三塁手」です。

岡本和真、村上宗隆、Sエスコバー、大山悠輔ら。

ボテボテのゴロには誰もが走って捕球に行きますが、痛烈なライナーやゴロの時にこの人たちはすぐに寝転がるようなイメージがあります。

足が一歩も動かず、その場でダイビングするって意味。ベイの宮崎にもそんなところがある。

細かい話ですが小園はその一歩が出ていました。1回か2回の3塁線ファールに飛び込んだ時です。

打撃はダメダメで菅野を助けましたが、小園の3塁守備はもしかすると「堂林より上手い」かもしれないです。もうちょっと見たい。

昨日の9回、小園を三好に代えなかったことも興味深かったです。

 

今日のゲームプラン

昨日の悔しさを今日も忘れず戦おう。

相手は高橋。どんなヤツだっけ? 八戸出身の左ピッチャーってことは覚えてます。

まあ5回まで行かせちゃいけないですね。

巨人のリリーフを消耗させて、今日だけでなく明日もラクに戦いたい。ノムスケなので。

 

遠藤淳志も疲れているがそろそろ長いイニングを投げてほしいところ。無理かなあ。笑

遠藤が5回で降りればまたケムナと塹江で3イニング投げるんだろうなあ。んでフランスアも当然連投。

アホっぽい作戦だなあ。なんとかのひとつ覚えですよ。

 

リードしてる状況で遠藤は5回か6回で降板するでしょう。

すると巨人もいいピッチャーを使いづらい。昨日菅野の個人記録のために高梨もビエイラもビハインドで使いましたからね。

2試合続けてそういうワガママ継投はできないでしょう。

何が言いたいかと言いますと、5回終了時で5対3くらいでカープがリードしていれば、黎來ときょんぺーでいいんじゃないかってことです。

藤井黎來にはストライクゾーンの中で勝負できる球威と決め球がありますし、何より初物です。

んで1イニングをゼロで抑えて帰ってくれば、裏の攻撃で味方が追加点取ってくれるんじゃないかって意味です。

しかしこの作戦はダメだろう。

先にケムナを出しておいて、8回9回で5点差なら黎來ってパターンが普通ですね。

 

今頃本気を出してなんなんだよ、ってお思いのカープファンや巨人ファンもいらっしゃるでしょうが、それもこれも高橋慶彦の怒りから始まったことなのですよ。

慶彦マジックの賞味期限は今晩12時まで有効です。

明日の試合前にもう一度慶彦マジックをかけ直します。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5