「森下くん かわいそう」佐々岡アホ継投の真意を説明します

2020.10.17(土)

広島 2-5 中日 マツダ

また今日もやってくれたのう、佐々岡。

試合中止の巨人ファンが大喜びで、カープファンも荒れ狂っとるじゃないか。笑

笑うしかないアホ継投。

その一部始終と「佐々岡の心の中」を解説します。


 

森下vs柳

明治大学対決で盛り上がった森下vs柳。

この日の森下は好守備を連発

6回に送りバントを2塁でアウトにし、次打者も自らジャンピングキャッチして投ゴロ併殺。

7回にシエラのボテボテピーゴロも素晴らしいフィールディングで1塁アウト。

打っても3回に柳からライトツーベース。何でもできるねえ。

足も速いし、宇草のセンター前ヒットで楽々ホームインできましたよ。

 

一方の柳は立ち上がりからヘロヘロ。病み上がりでベストには程遠い出来。30%くらいに見えました。

ストレートも変化球も全部高め。球速は140km前後。カーブだけが割と低いが、あとは全部ホームランボール。

カープ打線は3回までに7安打を集中。

一挙に大量2点を挙げた。あれ?

先発(ほぼ)全員安打で先発ほぼ全員出塁。んで2点。セーフティーリード?あれ?

 

試合中盤

3回表1死1塁。

9番柳が送りバント失敗。2死1塁。

ここで与田は1塁走者を盗塁させて、これを坂倉が刺しスリーアウトチェンジ。

 

4回表の中日は1番大島。ヒット。大島絶好調。ここ5試合で18打数10安打。

2番京田は3球目をヒットエンドラン。ベースカバーの逆を狙ってレフト前。

無死13塁。

森下はギアチェンジして力でねじ伏せに行ったが3人目の高橋にタイムリーを浴びて1失点。2対1。

3回表に坂倉が盗塁を刺していなければどうなっていたか。

与田にしてみれば刺されても4回の攻撃は1番から。当然頭にあったでしょうね。ヘッドコーチの作戦か?コレも一つの「足を絡める攻撃」でした。

 

森下の5~7回は前述の好守備で危なげなく零封。

カープ打線のヒットは止まる。別に柳が尻上がりだったわけでもなく、配球が変わったわけでもなかった。

7回裏のカープはチャンスを作ったが、柳がここまで隠していたチェンジアップ(シンカー?)を多投しピンチ脱出。走り打ちの宇草には外角変化球が絶対打てない。

 

問題のシーン(笑)

さて問題のシーンです。笑

宇草田中の連続三振の前に、9番森下に代打三好が告げられました。

森下は7回を投げ5安打1失点。96球。無四球。

7回裏2対1。羽月が出て無死1塁。打順は9番森下。

90%のカープファンは

「そのまま森下で送りバント」

と予想したでしょう。私もその一人。

 

「また完投か?いやいや佐々岡、120球を目処にしろ・・・」

 

しかし佐々岡は代打三好をコール。

「あれ?森下にアクシデント?」

と私は思いました。ここまで先発投手を120球まで引っ張ってきた佐々岡だからです。

 

その回無得点。

8回表に塹江を投入し、ランナー2人を出し1死12塁。

1番大島に帰ったところでフランスアを投入。

結果4失点。

 

佐々岡の真意

試合後の森下は

「柳さんと投げ合えて楽しかった」

とコメント。

ツイッターでは「森下くん かわいそう」がトレンド入り。

佐々岡のコメントは省略。

プロ野球ニュースの井端は「塹江続投。出したなら任せるべき」

 

私も井端に賛成です。

塹江を出したなら塹江に1イニングを任せるべきでした。

なぜ佐々岡は塹江に代えてフランスアを出したか?

その理由はただ一つ。

チームの勝利より森下の勝ち星を優先したから」です。

間違いありません。

 

塹江とフランスアをガタガタにしてまで森下の個人記録と新人王に懸けた。

コレ、指揮官としてどうですか? 優しい親心ですか?

私は監督失格だと思います。激怒しています。

森下だけがカープではありません。塹江もカープ、フランスアもカープ。

塹江に続投させて逆転されたら仕方ありません。

大島が四球で1死満塁となった時、2番京田でカープは前進守備を敷きました。

私は反対でした。同点はオッケー。逆転はNGだからです。

 

しかし佐々岡は前進守備をとった。個人記録のためには同点もNGだからです。

結果は内野フライで事なきを得た。

この日、3番阿部は森下にチャンスで三振とゲッツーでした。それがピッチャー代わって意地の逆転タイムリー。逆転。

この瞬間ツイッタートレンドワードに「森下くん かわいそう」

何を言っとる?

塹江君がかわいそうだわ。フランスアもかわいそう。

佐々岡のオツムが一番かわいそう・・・

森下は最優秀防御率を争っています。個人記録も大事です。

しかしあくまでチームの勝利が最優先。森下の勝ち星は「二の次」です。あたりまえ体操。

森下の個人記録をチームの勝利より優先した佐々岡は断罪されるべきであります。

 

佐々岡の「森下びいき」はこれで終わりません

佐々岡のアホ継投はダブルでアホでした。

【1】森下を96球で代えたこと

【2】塹江を信用しなかったこと

私はこの2点に怒っています。

塹江の件はもう書きました。森下の勝ち星を守るために塹江が犠牲となりました。

もう一つの謎は【1】

「そもそも、なぜ森下を96球で降ろしたのか?」

 

確かに7回表の森下はちょっと球が高かった。

しかし8回の中日は打順7番からだし、過去も100球超えて8回9回を投げてきた森下。

試合後の談話などでも、森下にアクシデントやコンディション不良はない様子。

 

てことは、この降板は次回登板に向けたものかもしれません。

つまり中5日ですね。

防御率争いを構想した時にカープは最終戦で中日戦を残していると書きました。その相手は大野雄大です。防御率1位。

森下を中5日×4試合で回せば120試合目に大野vs森下の直接対決が実現します。

たぶん佐々岡はコレをやる気です。間違いない。

森下の体調とやる気があれば中5日で回すのは反対しません。ノムスケも抜けたしね。

ただし「体調に問題がなければ」のハナシです。

大瀬良もKJもノムスケも岡田も抜けたんですよ。中﨑も今村もいないんですよ。森下まで壊さないでよ。というハナシでした。

昨日の森下降板はこの先の「酷使」へ向けた事前準備だと予想します。個人タイトルのためのね。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5