「ビッグレッドマシンガン打線」の復活に向け来季のカープは「強度」を上げろ

2020.10.22(木)

阪神 5-9 広島 甲子園

薮田が今季初勝利。6回3安打2失点。

昨日の薮田はストレートが強かった。150km連発。

もう今の時代の150kmは津田や大野の時代の140km。あの頃150kmを超える投手はチームに1人いるかいないかでしたけど、今は160kmを超えるヤツがチームに1~2人いる時代。

普通のコントロールのピッチャーならば、直球が150km出ないと長いイニングを投げられない時代になってきたのでしょうね。


 

強度が上がってきた

昨日の試合を見ていて感じたのは「カープの強度が上がってきたな」ということ。

薮田のストレートと、長野・ピレラのスイングにとても力強さを感じました。頼もしかったです。

他の選手もまあまあ良かった。田中の守備も薮田を救ったし、6回まで終始一貫ストレートで押しまくったアツのリードもさすがでした。

2失点したイニングは四球がきっかけ。昨日の薮田はそこまで無四球だったので1個くらいでガタガタ言いたくありませんが、薮田本人がちょっと意識過剰になったかもしれません。ボールが甘くなり近本糸原に連打を浴びる。

3塁への「誠也バズーカ2連発」も6点差を考えればどうかな?と思いましたが、誠也が薮田に完投完封させようと思ってたなら理解できます。結果は2失点でしたが「1点もやらないぜ、薮田さん!」っていう攻撃的な守備もキライじゃありませんよ。

 

とにかく前日の遠藤といい、この日の薮田といい、ここに来てカープの先発投手のボールが力強くなってきました。ストレートの威力を見ていてそう感じます。

一昨日の遠藤なんてアツのミットを弾き飛ばしそうな勢いでした。あれを見て「即戦力投手なんか要らねーじゃん」と思ったほど。

打線のほうも原口に3ランを打たれると、ピレラが3ランを打ち返しましたね。こちらも打った瞬間で力強かった。

ピレラは来季も私の構想内です。

 

結局カープに必要な物は練習と強度

昨日一昨日の2試合で私は「野球の原点」を見た気がしました。

ピッチャーは力強い球をストライクゾーンに投げる。

バッターは力強いスイングで振る。できれば引っ張り

阪神はけっこう引っ張ってくる。近本も糸原も流し打ちばかりじゃない。

シーズン最終盤になって、なんで今頃カープの強度が上がってきたのか?

モチベーションとかメンタルだけではないと思います。明らかに遠藤と薮田はシーズン序盤よりも球威があった。床田にもそういうとこを感じる。球威が戻ってきてます。

リリーフ陣は疲れてますけどね。

 

来季はこの「強度」を開幕から発揮してほしいですね。

そのためにもカープはやっぱり練習ですよ。

昨日の試合見ながら、やっぱ素振り1000本/日が必要だなあってしみじみ感じましたよ。

阪神の先発岩田も絶妙なコントロールで誘い球を投げてくるんですが、カープ打線は振りませんでした。

3回表に早くも3打席目の長野と田中が岩田から連続タイムリー2ベース。

「3連覇した時によく見た光景だあ・・・」

と思いました。

相手投手を睨み付け「さあさあ、いらしゃい」

ボールは見逃してストライクは力強く打ち返す。

相手が四球を出したりエラーを出したりしたらドンドン付け込む「ビッグレッドマシンガン打線

 

懐かしいねえ・・・←遠い目

 

今年はカープファンの誰一人として「ビッグレッドマシンガン打線」て発言した人いないんじゃないでしょうか。すっかり死語です。

打線が全く繋がりませんでしたもんねぇ、2020年は。

でも昨日はちょっと思い出しました。

「あ、お前今エラーしたな? 突撃じゃあ!!」

「あ、お前今四球出したな? かかれぇー!!」

3連覇時代によくこういうネタを見ました。

来年またやりましょう。

 

強度は練習によってのみ作られる

あくまで私の好きな野球は守り勝つ野球です。

だけど守れる選手が打って走ることはもちろん大歓迎。

大盛や羽月は「守って走れる」が大前提で、そこに力強さ引っ張る打撃を加えましょう。

その野球を体現できるのが高橋慶彦コーチ

非力な選手を一流選手に仕立て上げる名コーチですよ。

 

西岡剛と村松有人を育てたことで有名でしたが、慶彦は最近、

「35歳の糸井嘉男に50盗塁させたのはオレだかんねw」

とも豪語しているらしい。笑

慶彦は単に練習の虫なだけじゃないんですよ。科学的な根拠も持ってると思います。

パワハラすれすれの鬼軍曹は時代遅れでも、選手をとことん鍛えるコーチは今のカープに必要だと思います。

私は練習でチームの強度を上げていきたいのです。

 

ドラフト情報

昨日の報道ステーションで近大・佐藤君と早大・早川君がロングインタビュー受けてました。

佐藤君は「ホームランにこだわりたい。好きなアイドルはももクロ」と発言し、

早川君は「U18で一緒に戦った連中には武器があった。自分にはなかった」と発言。

 

そうねえ。

同期の高橋昂也にはクロスファイヤーがあったし、今井達也にもホップするストレートがありました。

早川君は大学で「左のお尻」を強化して球速アップ。変化球を振ってもらえるようになったと語りました。

すごく理路整然と自己分析できてる感じに好感を持ちました。

カープの練習に付いてこられそうな素地が凄く見えました。意識高い系で意志強い系。

んで好きな音楽は「ゆず」と「クイーン」でした。

おっさん心をくすぐるナイスな選曲です。笑

昂也君は乃木坂46でしたっけね・・・負けてるぞ昂也君。←別に負けてません

 

昨日、日本ハムが早川から降りたのでこれで最大5球団。

まだ降りる球団はあると思います。

カープの1位は予想通り早川でいいかな。んで外したら牧か五十幡。

私のドラ1位希望はブレまくっております。笑

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-構想

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5