カープの「外れ1位」を予想する。2020年ドラフト会議

今日はドラフト会議。

以前私は「巨人vs田沢純一」の妄想記事を書いたことがあります。

よく考えたら田沢って今年ドラフト指名されなければもう一年NPBに入団できないです。

ドラフト外入団が認められないNPB球団は「田沢を中途採用できない」のです。MLBはOK。

はてさて、どうなる今年のドラフト会議!?


 

十二人の指名される男

今年のドラフト1位指名が予想される12人を仮に以下の通りとします。

■投手9人

栗林、早川、木澤、伊藤大海、森博人、入江、平内、高橋宏斗、山下舜平大

■野手3人

佐藤輝明、牧、五十幡

鈴木昭汰(法大)、中森俊介(明石商)らも1位指名の可能性が高いが、ここでは仮に上記12人として話を進めます。

ドラフト前夜の公言&予想では

・早川隆久5球団(ロヤ広横楽)

・佐藤輝明5球団(オ巨西ソ神)

・高橋宏斗()

・伊藤大海()

6球団が公表(赤字)

6球団が「当日決める」←カープもココ

 

たぶん牧秀悟、木澤尚人の2人には単独指名をするチームが出てきます。

楽天、横浜、ソフトバンクはサプライズ指名に定評がありますから。

と言うことは早川隆久に最少3球団なんてこともあり得る。

だから私の予想では「カープは1位指名を早川隆久で行く」と1ヶ月前の予想通り予想します。

 

問題はココから

カープの早川1位指名に異論はありません。現場の欲しがる即戦力投手。しかも左腕。

彼、木更津総合高校時代に花咲徳栄の高橋昂也を破って3年春のセンバツに出場しています。

そして早川君はなんと大のマエケンファン高校時代からマエケンファン。筋金入り。

来てくれると嬉しいが、中村奨成(2球団)、小園海斗(4球団)、森下暢仁(一本釣り)、

ここ3年のカープはまるで裏金をばら撒いたかのようにドラフト会議で大成功を収めてきました。

そんなに良いことばかり続きません。

カープが早川君をクジで外す可能性は非常に高い。

だって最少でも3球団競合で、最大5~6球団です。

良くて1/3の確率。予想通りで1/5。

まあクジには当たらないと思っておいた方が無難でしょう。

 

今年のドラフトの「地雷4人衆」

ここで余談ですが今年のドラフトで地雷臭のする選手4人挙げます。

地雷とは私が個人的に「ちょっとコイツは過大評価されすぎやろ」と思う4人。

1人目は毎度言ってる佐藤輝明君。彼は即戦力ではなく時間がかかるタイプ。

2人目は栗林良吏。カープが単独指名するかもしれないのであまり言いたかないんですが、彼、イマイチ特徴がないんですよ。球威もコマンドもイマイチ。しかも24歳なのになかなかのビッグマウス。「無敗」とか「40歳で惜しまれて引退したい」とか。

プロの世界で「明日がある」と思っているタイプ。野間峻祥かよ。

ハッキリ言って慶彦カープには合わないと思います。来たら応援するけどさ。笑

 

残る2人は山下舜平大投手(福岡大大濠)と元謙太内野手(中京大中京)。

山下舜平大君はいいピッチャーだと思います。しゅんぺいたくん。

だけどカープの1位はない。理由は名前がキラキラしてることと5~6年かかりそうなこと。高校生だから「5~6年で普通」なんですけど、今のカープにはあと5~6年かかるピッチャーがたくさんいてこれ以上抱えきれません。岡田明丈とか戸田隆矢とかあと5年かかりますからねぇ。笑

4人目は巷で「新庄2世」とか「鈴木誠也2世」とか言われてる元謙太君。げんけんだい。

彼、身体能力が高いからそう言われてるみたいですけど、私の中では「今年のドラフト1番の地雷臭」を感じます。大したことないんじゃないかという意味です。

youtubeでいくつかの動画を見ただけですが、足も肩も誠也の新人時代ほどではないと思います。甲子園の満塁ホームランもただの「浜風ホームラン」です。バッサリ

彼、内野フライで1塁へ走らなかったり、打席でヘラヘラ笑ったり、なんかそんな印象が強いです。打球の飛距離は凄いですけどね。

選手の「向かって行く気持ち」や「練習態度」を重んじるカープのスカウトが元謙太君を上位指名しますかねえ・・・私はないと思います。

 

じゃあカープの外れ1位は誰なんだ?

そんなこと言ってもドラフト会議は今日の17時から。

「1位が栗林、2位が元」とかもあり得る話です。笑

実際カープの外れ1位は誰なのか?

ここで最初の12人を思い出してみましょう。

■投手9人

栗林、早川、木澤、伊藤大海、森博人、入江、平内、高橋宏斗、山下舜平大

■野手3人

佐藤輝明、牧、五十幡

カープが早川を1位指名してクジを外した場合を想定します。

当然カープの外れ1位候補からは確実に4人が消えています。早川、佐藤、伊藤、高橋。

んで考えられる最悪のシナリオとして「E栗林、B木澤、H牧」なんてパターンで、カープの外れ1位候補たちを先に単独指名されていた場合。

残っているのは森、入江、平内、山下、五十幡。残り5球団。

もしオリックスが佐藤を当てて、ヤクルトが早川を当てていれば、残りの5球団は

広神巨ロ西

西武は埼玉出身の五十幡亮汰を外れ1位で指名。これで牧、佐藤、五十幡は全員パリーグ。

広島巨人ロッテが先発完投タイプの入江大生(明治大)を指名。巨人が交渉権獲得。

阪神は平内(亜細亜大)。

ロッテは山下舜平大。佐々木朗希とのNEWロケットボーイズ結成。

カープはセットアッパータイプの森博人。

ってことでカープは「外れ外れ1位」でもそこそこ即戦力投手を指名できるのです。

 

んで下位指名

ドラフト2位はウエーバー順。

2020年はパリーグからと決まっているので今日時点で5位のカープは4番目に2位の選手を指名できます。

1番目はオリックス。2位鈴木昭汰。法政大学の152km左腕。

2番目はヤクルト。2位元謙太。中京大中京の大型ショート。

3番目は日本ハム。中森俊介。明石商業高校の150km右腕。伊藤大海とかぶるキャラ。

4番目はカープ。小林樹斗。智辯和歌山高校のシャープな右腕。2位指名の理由は私が好きだから。

小林君は3位では獲れないので2位指名。

 

以前も書きましたが、カープって兄弟指名が大得意なんですよ。

同じ高校大学の先輩後輩を2年連続続けて指名するとかね。

近年ますますその傾向は強まっています。笑

花咲徳栄路線、菰野高校路線とか、霞ヶ浦路線とか。

だから明治大学の入江大生とか法政大学の鈴木昭汰はカープが好きそうなタイプの投手。森下と宇草のつながりですね。

ただし早川・木澤・伊藤の「大学BIG3」からは1ランク落ちます。

花咲徳栄の井上朋也とか智辯和歌山の小林樹斗は指名の可能性が高いと思われます。韮澤・林つながり。

ぽるぽる動画のカープ道でやってましたが敦賀気比の笠島尚樹投手もカープと縁が深い投手です。玉村昇悟のライバルで木下元秀の後輩。私も去年から目をつけていました。※証拠記事

 

カープドラフト予想まとめ

予想というかほぼ希望です。

ドラフト1位はくじ引き次第。

下位指名の希望は浦和実業の豆田君。

敦賀気比の笠島君も好投手ですが今年一度も見ていないことと、再三言ってる通り、

今年のカープは最大4人の本指名が私の予想です。過去最少の3人もあり得ます。

今日カープが無邪気にドラフト6位まで指名したらシーズン終了後の怒濤の戦力外通告が巻き起こります。

今村猛も戦力外。高橋大樹も戦力外。

そんなの絶対イヤだから、カープの指名は4人までです。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5