森下8回零封!ERA1.91。この先の防御率争いをシミュレーションしました

2020.11.1(日)

中日 0-3 広島 ナゴヤ

11月の公式戦は何年ぶりでしょうかね。森下暢仁は8回零封で10勝目。

激しさを増す防御率争い。1位大野雄大1.905、2位森下1.907。

コレ森下が1/3回をゼロでも逆転できますが、大野雄大が9回2失点完投勝利でも森下が大野を上回ります。おもしれえ展開です。


 

最優秀防御率争いの現状

やはり私の予想通り11/11(水)の最終戦「広島vs中日」で決着しそうです。マツダのナイター。寒そうだぁ・・・

おそらく森下は11/10(火)のヤクルト戦に中7日で先発。

んで大野が森下の結果次第で11/11(水)の広島戦にリリーフ登板します。去年も大野はこのパターンでKJからタイトルをかっさらいました。

大野がセコいってんじゃありません。個人タイトル争いでは仕方のないこと。逆の立場なら森下だってリリーフ登板をやりますよ。

今後の大野は中6日でDeNA戦(ナゴヤ)か、中7日でヤクルト戦(ナゴヤ)のどちらかに先発するでしょう。私ならローテを曲げてでも打線の弱いヤクルト戦に大野を当てます。たぶん与田と阿波野もそう来るでしょう。

んで中4日空いて、最終戦のマツダスタジアムにリリーフ待機です。

実は3位の西勇輝も侮れません。防御率3位の2.03。

9回完封では1.92。大野森下に届かない。しかし10回ゼロ失点なら1.903で逆転トップ。

1試合で10回シャットアウトは難しいですが、西も中6日で11/5(木)にヤクルト戦に先発した後、中5日で11/11(水)の最終戦にリリーフ可能。西ならば2試合で10回ゼロ失点は十分可能。要警戒です。

 

セリーグ防御率争いを整理します。

1位 大野雄大 1.9059

2位 森下暢仁 1.9076

3位 西勇輝  2.0342

G菅野は脱落。ちーん

 

最優秀防御率争いのシミュレーション

予想では1位の大野雄大は中7日で11/6(金)のヤクルト戦に先発。中4日で広島戦にリリーフ待機。

2位の森下は中7日で11/10(火)のヤクルト戦に先発。これで森下はシーズン終了。

3位の西は中6日で11/5(木)のヤクルト戦に先発。中5日でDeNA戦にリリーフ待機。

 

つまり大野と西は残り2試合に登板可能。かなり有利。

森下は残り1試合。9回0失点なら防御率1.78。7回2失点なら1.94です。

仮に雨天中止があってもおそらく森下の追加登板はありません。森下は防御率1点台後半でフィニッシュ。あとは人事を尽くして天命を待つのみ。

 

仮に森下の最終登板が「7回2失点」だったとしましょう。この場合、防御率は1.9434。

大野雄大が2試合でコレを上回るには「12回3失点」か「10回2失点」

西勇輝の場合は「11回1失点」か「7回0失点」

大野は現状1位なので「これ以上投げない」という選択肢もある。森下の結果を受けて11日の広島戦に全力投球するという可能性もある。

西は3位なので5日(木)のヤクルト戦に投げないといけませんが、9回0失点でも1.92で3位のままです。

 

ま、しかし先発投手であればあるほどローテのリズムを崩すのは却って不安でしょう。

よって大野は普通に2試合。西も2試合来ると思います。

森下だけは1試合。先も述べたように防御率1点台でフィニッシュしてあとは待つだけ。日程的に小細工はできません。わかりやすくていいです。

 

大野と西に僅差のリードって展開で最終戦を迎えたら高確率で逆転されるでしょうね。百戦錬磨の二人ですから。

森下の先発は1週間後ですが大野と西は3~4日後です。

二人にはここで2~3失点してほしい。

久しぶりに呪ってみるか。笑

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2020 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5