[悲報]いよいよセリーグにもDH制度が導入されそう・・・

コロナ禍の今シーズン、MLBナショナルリーグは全60試合をDH制度で戦っていたそうですね。私は知りませんでした。

んでナショナルリーグもいよいよ2022年からDH制度を導入するのではないかと報じられています。ソースは中日スポーツ

まだ決定したわけではないですが、最近の流れを見ると十分あり得る話だと思います。

個人的には反対ですけどね。


 

カープには有利だけど・・・

残念ながらNPBには「MLBの右へ倣え!」という悪しき伝統がありまして、申告敬遠もリプレイ検証も瞬く間に導入しました。泣

ナショナルリーグがDH制度を導入すればセリーグに導入されることもほぼ確実と見てよいでしょう。

もちろん来年すぐという話ではありません。

現にナリーグも2021年はDHナシを明言しました。

DHナシでチーム編成を続けてきたのですから当然ですね。導入されるとしても2022年シーズン以降の話。

 

イヤですが、もしもセリーグにDH制度が導入されればどんな未来が待っているのか。

ちょっぴり妄想してみましょうか。

 

セリーグがDH制になれば、

 

まず、

 

カープの坂倉中村どっちが正捕手問題が、

 

一気に解決します。

コンバート不要。

 

ドミニカアカデミーの選手も一軍で使いやすくなりそうですね。守備が下手な選手が多いので。笑

カープが受ける恩恵はけっこう大きい。

 

DH制度には投手のケガが減るというメリットがあります。

野手の出場機会が増えるのもメリット。

この2点を選手会が歓迎することは頷けます。私も嬉しいです。

 

もし来年もDH制で戦うならカープの候補はクロン、松山、坂倉あたり。

あんがい宇草も候補ですかね。笑

 

やっぱ楽しくない。

あーあ。

それでもやっぱりDH制度は楽しくありません。たとえカープに有利でも。

ちなみに私、予告先発も好きじゃないんですよ。メリットもわかるんですがね。

 

イチローが智辯和歌山高校でシブいこと言ってました。

私はこういう野球が見たいです。

頭を使ってウラをかく。スキを突いて塁を獲る。こういうチマチマした野球を見たいのです。

DHのデブがホームラン打ってワッショイワッショイはちょっと幼い野球です。勝てばいいってものじゃない。

 

ピッチャーの打席を見たくないって人も多いですけど、それも野球ですよ。

ピッチャーに打たせるか、代打を出すか、ワザと三振するかもチームの選択で作戦です。そこがゲーム性でしょう。

 

いつも言うんですがDH制度を導入するなら、アメフトのように守備と攻撃の9人を全部分けたらもっと面白くなるのかって話ですよ。

守備もベストで、攻撃もベスト。

それがエキサイティングで技術向上なんですか?

私は違うと思います。

好守のバランスがあるから野球は面白いのです。

打つだけの選手が活躍したら面白くないです。打つけど守れない選手をどこで使うかもゲーム性ですよ。

 

もし決まったらどうしよう? ヤだなあ・・・

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-構想

© 2021 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5