堂林翔太の年俸はCランク。来季FAで複数年契約?

契約更改2020。

あの森下が1600万→4300万。

なら堂林は1600万→3200万くらいかな?

安部友裕(31)が来季3150万で野間峻祥(27)が3000万。二人は規定打席1回。堂林は2回。

堂林(29)は最低でも3000万には届くだろう。

年齢的にも期待値的にもできれば4000万あげたいところ。

堂林は守備の貢献度も大きいです。堂林がサードを93試合も守ってくれなければ大盛も宇草も試合に出られなかったわけですし。


 

堂林は来年FA

実は堂林は来年オフに国内FA権を獲得します。

大瀬良、今村、九里亜蓮も来年FA。4人はみんな同級生です。

FA制度は日本人選手の年俸額1~3位がAランクで4~10位がBランク。

この10人を獲得したチームは人的補償選手を奪われる可能性が発生します。

つまり堂林の年俸がチーム11位以下の場合、堂林がFAしたらカープは人的補償選手を獲れないことになります。

これは困る。いくら堂林がFAしないと言ってもね。

 

現時点で契約未更改選手は菊池涼介、松山竜平、堂林翔太の3人。

キクは3億円の現状維持が確実。4年契約の2年目ですから。

■現時点でのカープ日本人年俸ランキング
1位 鈴木誠也 3.1億
2位 菊池涼介 3.0億
3位 會澤翼  1.8億
4位 長野久義 1.6億
5位 田中広輔 1.5億
5位 大瀬良大地1.5億
7位 野村祐輔 1.2億
8位 九里亜蓮 8700万
8位 中﨑翔太 8700万
10位 松山竜平 8500万
11位 西川龍馬 6300万
12位 今村猛  6000万
13位 一岡竜司 5600万
14位 森下暢仁 4300万

森下はいきなり14位に浮上。チームが弱いはずです。笑

とにかくご覧の通り堂林のベスト10入りは完全にムリです。堂林の年俸は3000万~4000万あたり。

松山の年俸を激減させるわけにもいかず、Bランクでプロテクトできるのは10位の松山竜平まで。

 

今村猛もヤバいじゃん!

この表が間違ってるかもしれません。来季FAの今村猛をCランクに落とすはずありませんから。

堂林は確実にCランク決定。これはどうしようもありません。

 

複数年契約はあるのか?

ならギータや坂本みたいに堂林も複数年契約を結ぶか?

Cランクの分際で。

まあないでしょうね。ちょっぴり恥ずかしいし・・・笑

 

来年、今村が大復活して堂林が四番に座ったりすると優勝確実ですがオフがちょっと心配です。

どうするんでしょうねえ。

最近の今村猛。調子いいみたいですよ。

 

まあFA宣言しないと信じてますけど。

もし堂林が首位打者なんて獲ろうもんならわかんなくなりますよ。

猛も60試合投げられるCランクだったら井納より高値でオファーが来ますよ。心配ですね。

 

巨人が育成プロテクトする気持ちもわかります。

しかしこれは明らかなルール違反。紳士のやることじゃありません。

Cランク選手の複数年契約もルール違反でしょうか?こっちは別にいいと思いますけどね。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2021 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5