「守備の緩急」って知ってる? [守り勝つ野球]

2021.2.27(土)

巨人 5-1 広島 那覇

たく。練習試合に勝ったくらいで巨人ファンがいろいろ落書きしてくる。

嬉しいんだろう。そして友達もいないんだろう。

だがあまりにもうるさいと・・・

お前らの自力優勝も消してマジック点けたるぞ。オラ。

今日は前半が巨人の悪口で、後半が守備のハナシです。


 

主力は顔見せ

アホはほっといて軽く練習試合をふり返りましょうか。

先発の九里と菅野はどちらも軽く投げていましたね。

菅野はフォークをあんま投げないし、九里はシュートを一切投げない。

菅野は力を抜いて投げていた分、コマンドは全盛期に近いものがありました。カットだか速いスライダーだかは右打者の内角と外角にピタッと決まっていました。

去年の菅野は力づくで投げ込む「アホっぽい投手」でしたが、昨日は制球重視でした。私はこっちのほうが良いと思います。プレートを踏む位置を変えて「目先を変えたい」と言ってましたが、真実は「腕の振りを縦回転に変えるため」でしょう。見てりゃわかるんだよ。菅野は腕の振りが良くなったので今年は二ケタ狙えそうですね。

 

九里はアウトコース一辺倒。

50球のうち2~3球、力を入れて投げたけど全部ボールと言われました。全部入ってましたけどね。

巨人の坂本、丸、菅野。この3人は顔見せ。調整段階。

広島の九里、誠也、長野も顔見せ。クロンは本気で三振してました。

 

良かった人

巨人で良かったのは横川、松原、鍵谷。

横川はノムケンにクセをばらされてましたけど、カープの左打者は軒並み腰砕けでした。荒れ球が逆にコワいんですよ。この時期は特にね。

スライダーがスゴく曲がる。原が好きそうな一芸投手。左打者をゴマかすくらいはできそう。去年の大江が今年の横川。ごまかし継投にふさわしい投手。原のおもちゃにうってつけですね。可哀相に・・・

20歳の横川君に対し、羽月&野間は完全に腰砕け。手打ち。松山竜平でさえ腰砕けになってました。矢野雅哉だけは横川君に3球ともしっかり踏み込み、最後は強烈な右前打。私はこのバッティングを非常に高評価します。しかも右前打でしっかり2塁まで行きました。これで矢野は羽月曽根上本との4人組から一歩抜け出しました。守備も良い。後述。

 

G松原はしっかり強く振れる打者。巨人には珍しいタイプ。足も守備もキレがある。梶谷を獲得してくれて本当に良かった。

梶谷。彼が4年目の時、盗塁王を獲る前の年、「首位打者と最多安打を獲れる」と思いましたが、以後はケガがちに。昨日は2安打ですがどちらも手打ち。当てるのはうまいけどコワくない。やっぱり今年は遊んで暮らすつもりのようです。

ウィーラー。今年もチャンスに強そうです。そして足も速い。巨人には珍しいナイスガイ。

鍵谷。シブい。CランクだからFA宣言すれば良かったのに。大城のフレーミングとも相性が良い。矢野に1安打されましたが全部低めのストライクでした。菊池保則に似ている。

 

カープで良かったのは矢野、羽月、野間、森浦、塹江。

矢野は攻守に粘りがある。練習の時は「大したことないな」と思いましたが試合になればスピードが上がる。強肩も見せ始めましたし打撃も意外に良い。開幕一軍決定。そろそろ矢野のセンター練習が始まるのではないか? 控えでは勿体ない存在感。

羽月。2安打と好守を見せました。ただし羽月は昨日も牽制に引っかかる。横川の見え見えの牽制で逆を取られていました。紅白戦で矢崎の牽制にも引っかかるなど、ちょっとおっちょこちょいなところがある。ポジティブでいいけど。

森浦。またナゾの好投。実にミステリアスです。紫色のマスクのセンスもミステリアス。笑

森浦は逆球が多く、ストライクボールもハッキリしてます。なのになぜか今日も4者凡退。全部内野ゴロ。相手打者が振るか振らないか事前にわかるのかな? まあ、ただの偶然でしょう。

塹江。安定感抜群。巨人の二軍では打てないでしょう。

3者凡退の大道は良かったとは言わない。今日は7回ケムナ、8回塹江、9回大道でした。深い意味はないと思いますが私は「クローザー大道」にはまだ反対です。ケムナが先。

 

巨人はストレート狙いでした

巨人ファンがカープに勝って大喜びしているが、

巨人打線が1回から9回まで全員ストレート一本狙いだったことに気が付いているヤツは一人もいないだろう。

アホばかりだからな。巨人ファンは。

ヒットの数を数えるしか能がない。

お前らのコメントが削除されるのは内容がないからだ。

 

昨日、巨人は何安打したんだ? 12安打くらいか? 私はヒットの数を数えない。

スライダーを打たれたのは坂本、ウィーラー、梶谷、北村の4本。

あとは全部真っ直ぐ。しかも引っ張りはほとんどない。強いスイングは松原一人だけでした。

原監督になってからの巨人打線はずっとこうです。ストレートをセンター返し。小学生か。

ウィーラーの長打はストレート狙いからのスライダー打ち。泳ぎながら打ってる。東京ドームはコレでスタンドに入るからやってるんだろうけど、だからソフトバンクに勝てないのです。

坂本も泳ぎ打ちでセンター前2塁打。器用ですが腰が入ってないのでコワくない。坂本はまだ調整段階。

梶谷も手先で合わせて2安打。コイツも器用だがオレの知ってる梶谷じゃない。

 

矢崎はストレートを打たれ1失点しましたが、2イニング目はスライダーとカットで立ち直りました。ホラ、巨人は真っ直ぐしか打てないだろ。去年から矢崎は「切り替え」が上手いんですよ。佐々岡はこういうとこも見てほしい。

ケムナも立ち上がりに課題を残した。これで3試合連続で先頭打者を出塁させている。走者を出すと空振りを奪えず苦しくなる。疲れてくる時期ですが、疲れている状態で三振を取ってくれないとケムナに9回は任せられない。

森浦、塹江。ストレート狙いの巨人打線にスライダー多投。ゴロの山を築きました。高い山になりました。笑

倉義和はストレート狙いにとっくに気付いていましたし、巨人は去年からずっとこう。引っ張れないので怖さがありません。

巨人の12安打のうち、外角ストレートを流し打ったものが約半分。

たぶん巨人のコーチはそれを褒めています。理由は選手を育てる気がないから。だから巨人が大キライです。

去年の大江竜聖は4月にサイドスロー転向させられました。行き当たりばったりもいいとこ。将来のエースをワンポイントリリーフにコンバートです。4月にですよ。カープで言えば今、高橋昂也をワンポイントリリーフに転向させるようなもの。んなことやったら私は佐々岡を暗殺しに行きますよ。

横川君も昨日の活躍でたぶん今年酷使されます。可哀相に。いたいけな少年が悪い大人のオモチャにされます。「セク原」野郎です。

巨人OBはだいたいが「自分の在任中の結果」しか考えてません。選手はコマ。使い捨てカイロ。

ソフトバンクとカープの打撃コーチは「初球の流し打ち」を叱ります。理由は振りが弱くなるからです。

流し打ちのことを「芸術的だ」って褒めるてのはきょうび日テレだけですよ。篠塚利夫の悪影響。篠塚の流し打ちで日本野球は20年遅れました。

 

守備の緩急

さてここから次の話。

シリーズ「守り勝つ野球」

今日も守備の話です。

 

私があれほど言ったのにまたショート上本崇司がエラーしました。

7回。ケムナが打ち取った当たりを大きく弾き、1死12塁。

真正面のハーフバウンド。去年は片手で捕りに行き、今年はお腹で止めに行きました。一貫性がない。基本がなってないから行き当たりばったりになる。だからエラーする。これは必然なのである。

むろん守備コーチ玉木はそんなことわかってます。昨日は進境著しい矢野雅哉のサード守備を見るため「ショート上本、サード矢野」の布陣を敷きました。練習試合でもショート上本はイラつくのに、まさか公式戦ではやんないでもらいたい。

曽根がファインプレー。河田に怒られて以来、気合いが入っている曽根ですが、正直まだ守備はカタい。木村昇吾ほどの安定感がない。

 

守備にも緩急があるんですよ。

菊池涼介は昨日もセカンドゴロを待って捕りました。しっかりアウト。

キクは慌てません。グラブトスや鬼肩でとんでもないゲッツーを取ることもありますが、余裕のある時は「引いて」守ります。これが守備の緩急。名手は急がないといけない時だけ急ぐのです。田中広輔も同じ。木村昇吾と梵英心も同じ。

曽根はまだ打球に「がっついて」います。緩急の「急」しか使えていない。

小園も同じ。上本は論外。

ま、ショートはしょーがない。ショートは「急」だけでもいいと思います。待って捕るケースがほとんどないため。

サードとセカンドには緩急の使える選手を置きたいですね。

 

曽根と小園は「急」しか使えないイメージ。「ボールと衝突する」と言いますか「捕りに行く」イメージ。野球経験のない子とキャッチボールするとボールを「捕りに行く」子が多くないですか? 待ってりゃ来るのに捕りに行く。

野間も「急」しか使えないんですよね。ライトとセンターで強肩を一つずつ披露したのでちょっとだけ守備は前進しています。しかしその他で二つほどヘボい送球がありました。野間の守備はまだまだです。誰がチーム1だ、笑わすな。

センター大盛はフライを捕る時は「緩急」が使えています。長嶋清幸に似て安定している。しかし若干「タテ」が弱い。前後の打球に少し弱い。ヨコの守備範囲は申し分なし。

一方、大盛はゴロ捕球に弱点がある。ゴロの時は「緩」しか使えていません。前はチャージできるんですが、ヨコや後ろの打球への入り方が下手。昨日の坂本の左中間ヒット。カットした田中広輔も悪いが、あんなので2塁へ行かれちゃダメ。

あの打席、坂本はストレート狙いでスライダーを泳いで打ちました。坂本のバットがストレートのタイミングで動き出した瞬間に大盛がスタートしていれば「左中間方向に2m」くらい先に動けていたはずです。

こないだトクサンTVで新庄剛志が偉そうに講釈たれてました。

「センターは投手の投球が全部見える。だから打つ前にスタートを切れるはずだ」

完全にその通りです。

ハッキリ言って草野球選手でもこのくらいはやってます。オレでもやってるっての。

■トクサンTV

平たく言うと守備の緩急とは「バウンドの合わせ方」であり「落下点への入り方」です。

 

開幕一軍争い

以前も書きましたが、私の開幕スタメンセンター候補・第1位は野間峻祥です。現時点で大盛より打撃内容が良いからです。

大盛はもうちょっと攻守両面で頑張れ。大盛の二軍落ちはありません。センター守備はチーム1です。

上本崇司はヤバいです。完全に矢野に抜かれました。ただ上本は右打者で打力がある。ここが羽月と上本のどちらを二軍に落とすか意見が分かれるところです。

羽月と上本、両方一軍は厳しいです。正随もおそらく開幕二軍でしょうから、昨日のようにアツと長野がスタメンの日は右の代打が皆無となります。

おしまい
 ↓↓↓ ( ※ポチッとワンクリックしていただけると励みになります)
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

-雑感

© 2021 カープファンの構想と妄想 Powered by AFFINGER5